09.20.日  
きんたい廃校博物館@
本日午前10時から午後3時まで「きんたい廃校博物館」がオープンしています!

「きんたい廃校博物館」は旧高安中学校を利用した博物館です。略して「きんぱく」毎月第3日曜日にオープンしています!

キンタイ(ニッポンバラタナゴ)を中心とした生物多様性の情報の発信・収集や、学びの場を提供する廃校を利用した博物館。かつての理科室をリメイクし、机や椅子、ビーカーなどの資源を活用した変わり種の水槽でわくわく感と懐かしさを感じますよ。

大きな黒板の水槽に展示されている「本日の出席者」は、ミナミメダカ、カマムツ、コウライニゴイ、ドンコ、ドブガイ、ニッポンバラタナゴ、シマヒレヨシノボリ達です♪

この博物館にいるのは、大和川や八尾に生息する(かつて生息していた)身近な生物たちです。きんぱく館長をはじめボランティアで参加しているスタッフ、学生さんが詳しく説明をしてくれます。お子様には、黒板に絵を描きながら魚の特徴を教えてもらえますよ。

今日は、こども館長をご紹介しましょう(#^.^#)
今中学2年生の少年は小学校4年生から”きんぱく”スタッフや学生さんさん達の所に通っていたそうです。生物が大好きになり、近所の溝や池を周り様々な生物のことを、お兄さんたちに質問したり教わってきました。

今やこの”きんぱく”ではすっかり生物先生です!今日も小さなお子さんに、ザリガニのオスメスの特徴やふれあえる生物について説明していましたよ。

こども館長に話を聞いてみると、実は妹さんの方が詳しいとか。「この辺りは大体調べたから離れた地域の生物を見てみたい。」と、もはや博士の域です(^-^;

つづくA  ブログ取材担当:川口とも



09.20.日  
きんたい廃校博物館A


-NPOYaoITS-