04.21.土  
平成30年度 第33回 ダイヤモンド大学 開講式
今日は平成30年度第33回ダイヤモンド大学開講式の取材に行って来ました。津田滉介です。

八尾市本町にある『くらし学習館』では今年も8回の講義が開催されます。

今日は開講式とオリエンテーションということで、ダイヤモンド大学総長である田中誠太市長のご挨拶のあと、「ふるさと」や「花」などの童謡を歌いました。
「アルプス一万尺」ではペアを組んで手遊びも楽しみました。段々とスピードアップする手遊びに最初は苦戦しましたが、歌いながら身体も動かして、笑顔あふれる楽しい教室でした。
八尾市の市民憲章にもあるように“あたたかい心でまじわる”ことが出来たと思います。


-市民憲章-
わたくしたち八尾市民は
一、若い力をそだてましょう
一、あたたかい心でまじわりましょう
一、みどりのまちをそだてましょう
一、文化財を大切にしましょう
一、働くよろこびに生きましょう


ダイヤモンド大学の講義は原則 毎月第3土曜日、午前10時より開催されます。※次回は6月16日開催予定です。

担当:津田滉介



04.21.土  
市民活動支援基金事業助成金 実績報告会
平成29年度に市民活動支援基金の事業助成金を受けた2団体が、1年間の取組み内容や活動を通じて学んだことを発表する「報告会」が、本日午前10時から八尾市役所本館6階大会議室でおこなわれました。

助成はコースが二つあり、初めて助成を受ける団体にお勧めの基本的なコース「ステップアップコース」と、他団体とつながるきっかけづくりとしてお勧めの「つながりコース」です。

今回発表されたのは、ステップアップコースから「八尾ねこの会さくら」さん。つながりコースから「特定非営利活動法人にじいろのクレヨン」さん。


「八尾ねこの会さくら」さんは、のら猫も地域猫として共生できるよう活動されています。今回の事業名は「TNRを町会に広めよう そして遺棄!殺処分!0へ」です。
(TNRは、捕獲し不妊手術をして地域に戻す事の略)

場所と時間を決めて餌付けをし、捕獲するという取組みを、本町第2公園周辺の4町会と協力して行いました。
それまで猫の鳴き声などに困っておられた町会の方も、活動をはじめてからはご協力頂けるようになったとのこと。

のら猫をただ排除するのではなく、これ以上増やさないようにして、猫も人も気持ちよく暮らせるようになるといいですね。


「特定非営利活動法人にじいろのクレヨン」さんの事業名は「子育てを喜びに変える魔法」で、子育て団体「みんなの保健室〜ひびき〜」さんと一緒に行った講習会・音楽会について報告されました。
悩みは、二つの団体の良い所をどうPRするかということで、チラシを作るにもどう伝えたらよいか、とまどいがあったようです。


それぞれの報告の後には審査委員の方々からアドバイスもあり、団体のご本人だけでなく、報告会を見学に来られた助成を検討中の方にも参考になったのではないでしょうか。

なお、この助成金の目的は、「助成金を貰って何かする」、というだけのことではありません。
この助成金をきっかけに事業をスタートし、今後は資金も自分達でまかなって運営していく、自立する、ということです。そのためにも、他団体ともつながって、様々な方法を取り込みながら活動を展開していく、ということが大事になってくるのかもしれません。

報告会は11時15分頃に終了し、休憩をはさんで市民活動支援基金助成金の申請についての説明会も開催されました。


この模様の一部は、本日放送致します。

放送番組 街角レポート
放送日時 2018年4月21日(土)
         午後1時15分頃から

担当:松本真理



04.21.土  
龍華コミセン定期講座開講式


-NPOYaoITS-