10.10.水  
八尾市老人福祉センターカラオケ同好会 第36回カラオケ発表会
午前9時50分から八尾市文化会館
プリズムホール地下小ホールで、
八尾市老人福祉センターカラオケ同好会
第36回カラオケ発表会が開催されました。

毎年恒例のカラオケ発表会。
1年に1度の発表会を楽しみに、
多くの方が来られていました。

本日の発表会は出演者も多く
1日を通して行われます。
綺麗なドレスやスーツを着て
舞台に立って、歌の披露していました。

客席の方も、しっかり耳を傾け
写真におさめている人もいました。

ブログ取材:居内千恵



10.10.水  
情報プラザやお「読書の窓」収録 (2018年10月17日放送分)
情報プラザやお、毎月第3水曜日は「読書の窓」をお送りしています。
今月は八尾図書館から村並秀昭さんにお越し頂いてお届けします。

八尾・山本・志紀・龍華の4図書館の行事案内や特集本コーナーの情報、今東光資料館の秋季企画展のご案内をして頂きました。
八尾市制70周年の記念行事や読書週間講演会など、今月も様々な行事が開かれます。
詳しくは図書館内の掲示やホームページの情報も併せてご確認下さい!

また、司書のオススメ本コーナーでは村並さんから「原民喜 死と愛と孤独の肖像(著:梯久美子)」をご紹介頂いています。
図書館で借りることが出来ますので、興味を持たれた方はぜひ図書館にお出掛け下さい。

放送は10/17(水)お昼12時から、再放送が午後7時からと午後11時からです。


担当:畔地祐希



10.10.水  
第15回目「Let´sバレティス/ヒロ・クロンドールバレエ
この番組は、
毎週様々なゲストをお招きし、
ヒロ・クロンドールバレエの
伊藤裕美さんと対談しながら
リスナーの皆様に健康と芸術を
身近に感じて頂き、
番組最後には、
バレティスのエクササイズを
行う番組です!

さて、バレティスとは何かというと、
皆様に、いつまでも美しく健康な身体で
生活して頂きたいという想いから考案された、
エクササイズです。
また、理学療法士監修のもと、
考案されたものなので、
お子様から高齢の方まで、
無理なく安全に取り組んで頂けるものと
なっております。

そして本日第15回目の放送となります♪
〜Let's バレティス〜

今回はバレティストレーナー「三吉由紀子」さんと
パーソナリティ「槇野祐美子」がお送りします。


トークでは、
・バレティスの出会い
・神戸万葉倶楽部の中で、
バレティスという言葉に惹かれたこと
・バレティスの良さ
・トレーナーを目指したきっかけ
・バレティスのレッスンで大切にしていること 

などたくさんお話を頂きました。


本部である八尾市発祥の「美」と「健康」を大切にしているバレティスを温泉施設の中で出来る活動もされているとのお話も頂きました(#^^#)
八尾市に住んでいる私たちにとってとてもうれしい気持ちになります♪

そして対談の後は、曲に合わせて
バレティスのエクササイズが
行われました♪
本日も、人気No.1のエクササイズ、
「スワンアーム」。
身体全体を白鳥のように動かすものです。


アリスタ前でのスワンアームエクササイズ、定番になりましたね♪
そして今回も人気No.1のエクササイズ、ちゃおスタッフメンバーも参加しました♪
皆さんとっても気持ちよさそうでした!
スワンアームエクササイズ
どんどん板についてきましたね(*^v^*)

これを見て興味を持たれた方が
いましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で。。
「Let's バレティス」

月に1、2回伊藤裕美先生もラジオに戻って来ますので皆様お楽しみに(^^)ノ

次週も素敵なゲストをお招きしお送りいたします!
お聴き逃しなく(^^)/




ミキサー・ブログ担当:長田 結香



10.10.水  
わがまちnow収録(10月15日・22日放送分)
毎週月曜日にお届けしております「わがまちnow」、本日は10月15日・22日放送分の収録を行いました。

スタジオにお越し頂いたのは、高安中学校区まちづくり協議会 加納 義彦会長、八尾市 人権文化ふれあい部 高安出張所 阪田裕司さんです。

今回お話頂いたのは、高安中学校区まちづくり協議会の活動についてです。高安中学校区まちづくり協議会では本年度も様々な活動に取り組まれております。
その中には、「山ねきマルシェ」などの新しい事業もあり精力的に活動されていることが分かります。

その新しい事業についても今回お話居て抱いておりますので放送をお聞き頂ければと思います。

≪わがまちnow≫
10月15日(月)、22日(月)午後8時30分から

ブログ担当:木坂浩三



10.10.水  
能管の音色・体験講座
八尾市立くらし学習館にて、「能管の音色・体験講座」がひらかれました(午後1時30分〜2時30分)。

講師は、能楽協会森田流笛方 貞光智宣(さだみつとものり)先生。

能管というのは、お能で使用される横笛です。
まず吹奏して頂くと、間近で聞くそのするどい音に驚きました。

続いて、能舞台の演出についてなど、ご説明がありました。
能、というと敷居が高そうですが、お芝居もうたも音楽(能管・小鼓・大鼓・太鼓)もある、いわばオーケストラですよ、とお聞きして、皆さんうなずいておられました。

また、この能管はススタケといい、茅葺屋根を支える竹が、囲炉裏でいぶされた物だそうです。当然同じ物は一つとしてなく、音色もそれぞれ。その一つとの出会いは奇跡ともいえますね。

30分ほどの講義のあと、体験です。
まずは笛に息を吹き込んで音を出し、笛の構え方を教わりました。
私も体験させて頂きましたが・・・、音がなかなか出ない!
参加者の皆さんは結構すんなり音が出ているのに〜、と焦ると、息があがるばかりです。
それでも力任せに息を吹き込んでいると、なんとか高い音がでました。「ちょっと強いですね・・・」とのことで、そっと吹くと、ようやくそれらしい(?)音が。
笛の穴に対して吹き込む角度が合わないとなかなか難しいようでした。 

体験講座の最後には、お父様とご一緒に連管(合奏)もご披露頂きました。
能の舞台では、基本的に各楽器一人ずつですので、合奏は大変珍しいスタイルとなります。

講義のなかで、能はシンプルな舞台なのでイマジネーションを膨らませて観るものだということを教えて頂きました。
物語を想像しながら笛の音色を聞いていると、その幽玄の世界にひきこまれていきました。


なお4月から、くらし学習館で貞光智宣先生による講座が始まるそうです。3月号の市政便りに掲載される予定ですので、ご興味のある方はぜひご応募下さい。


この模様の一部は後日放送致します。

放送番組 情報プラザやお
放送日時 2018年10月31日(水)正午
      *再放送 同日午後7時

担当:松本真理



10.10.水  
八尾市内特別養護老人ホーム FUKUSHI就職FAIR
八尾市役所本館1階の市民ロビーにて、本日から「八尾市内特別養護老人ホーム FUKUSHI就職FAIR」が開催されています(12日まで)。

主催は八尾市特別養護老人ホーム施設長会・八尾市です。

八尾市特別養護老人ホーム施設長会とは、「八尾市内にある特別養護老人ホームが、八尾市関係部署との連絡調整と施設運営管理向上を図ることで、八尾市における地域福祉発展の一助をなすことを目的とする」会です。

この施設長会に加入している15施設が、各事業所の説明や求人説明をパネルで展示しています。

施設の外観・内観がわかるような写真や、クリスマス・餅つきなどの行事の写真などがたくさん展示されていて、入居者・利用者の方々の楽しそうな笑顔が印象的でした。

大きな展示物は、施設の利用者さんや職員の方がご一緒に作り上げられたもので、丁寧に作成されていて美しい仕上がりになっています。

さて、今回は八尾市内の特別養護老人ホームの福祉就職フェアということで、各施設ごとに、概要や理念、募集内容、職員からのメッセージなどが紹介されています。
「自然ゆたかで環境がいい」「介護だけでなくこども園なども手掛けているので各世代との交流ができる」「地域と密着している」「資格なし、知識ゼロでも大丈夫」など、とってもウエルカム♪

若く元気いっぱいの健常者であれば「当たり前」のことが、年を重ねると難しくなることも。誰にとっても「他人事」ではありません。そんな介護の業界には、新卒だけでなく、色んな職業・体験を重ねて転職して入って来られる方も増えています。

今、資格や経験がなくとも、愛情や親しみ、思いやりの心をもって人と接することができる人ならどなたでも歓迎されます。

会場には、各施設のスタッフの方もおられるので、興味があるという方は、まずはお話しを聞きに行くだけでもいかがでしょうか。


[ 八尾市内特別養護老人ホーム
   FUKUSHI就職FAIR ]

期間 2018年10月10日(水)
            〜12日(金)
時間 午前10時〜午後4時
会場 八尾市役所1階 市民ロビー
入場無料、申込不要、履歴書不要、入退場自由

問い合わせ 八尾市地域福祉部地域福祉政策課
   電話 072・924・3835 

ブログ担当:松本真理



10.10.水  
「すまいるらいふ/がんライフアドバイザーのがん晴れる道しるべ」収録【10月25日(木)放送分】
本日、毎週木曜日午後3時から、
アリオ八尾2階アリスタにて
生放送でお送りしている
「すまいるらいふ(10月25日放送分)」の
収録を行いました。

10月25日(木)の
午後3時からは、
「がんライフアドバイザーの
がん晴れる道しるべ」を
お届け致します。

ゲストに、
大阪国際がんセンター 
がん相談支援センターから
池山 晴人(いけやま はると)様を
お迎え致しました。

今回は、「災害の時、がん患者さんに
知っておいてほしいこと」という
テーマでお話しして頂きました。

大阪国際がんセンターは、
がんの診療連携拠点病院という
制度があり、大阪府下にある
65の拠点病院の取りまとめを
担っています。
災害があった時、治療を受けながら
生活をしている人たちにとって、
どこでどんな治療が受けられるのかが
非常に重要になってきます。
その際、大阪府下の病院の現状の
情報を収集し、まとめて発信する
役割を担っていることを
お話しして頂きました。

その他、日頃のお仕事の内容や、
災害の際に病院へ行けなくなった
場合の対応、
日頃から備えておくべきこと、
周りがサポートできることは
何かなども教えて頂きました。

最後に、池山さんから、
「今、がんに関する情報が
世の中にたくさん溢れています。
その中でも正しい情報にふれて
頂くことは、本当に大きな力に
なります。」
とリスナーの皆様へメッセージを
頂きました。

災害に遭ったとき、
自分自身や身近の人が
がん治療中だったら、、
とても役に立つことを
たくさん話して下さいましたので、
是非、リスナーの皆様にも
聴いて備えて頂きたいと思います。

お聞き逃しなく!

収録担当:永井 優



10.10.水  
「情報プラザやお」10月16日放送分収(八尾商工会議所青年部)
「情報プラザやお」
毎月第3火曜日は、八尾商工会議所青年部の皆さんにご出演いただき、普段の青年部の活動や毎月行われる例会のご紹介、経営・所属されている企業や商店のPRなどをお話しいただきます。

八尾商工会議所青年部とは、経営者としての人格、教養及び経営能力を高め企業の社会的責任を自覚するとともに、会員相互の親睦を図り、あわせて八尾商工会議所の事業活動の一翼を担う事を目的とする団体です。会議所へ入会されている満50歳までの経営者、幹部職員が、さまざまな例会活動を通じて自己研鑽、地域貢献活動を行っています。

今回の出演は、八尾商工会議所青年部30年度会長 美馬 功之介さん、八尾商工会議所青年部経営向上委員会 上西 直樹さん、八尾商工会議所青年部総務広報委員会 新門 正広さんです。

始めに美馬会長より、先日行われました「ジュニアエコノミーカレッジ」事業について、今年の様子などをお話してくださいました。

続いて、河内音頭まつりで開催の「うまいもんグランプリ」台風の影響で中止となりましたが、既に予選も行われ当日グランプリを決める所まで、準備が整っていました。”これで終わりにしたくない”という思いから、先日青年部メンバーだけで「うまいもんグランプリ」決勝大会を行いその様子をお話してくださいました。

次に、上西さんから「11月度例会」について、新門さんから「臨時総会」についてお話を伺いました。

最後に、最近面白い事業があり、みなさんとその話題で盛り上がりました!
いろんな業種の方々が集まる青年部。事業も活動も楽しみながら向上と繋がりを大切にされている様子を放送でお楽しみください(#^.^#)

放送日は
10月16日(火)「情報プラザやお」
午後12時〜 再放送19時〜23時〜です!

取材担当:川口とも



10.10.水  
玉祖神社 秋祭り
本日、玉祖神社では秋祭りが執り行われています。

午後6時から神事が始まり、神前に氏子の皆さんが並び祝詞が上げられ、玉串の奉納などが行われました。
そして、お神楽が奉納されました。

秋の神事が終わり午後6時30分ごろから、神社を訪れた地域の方々へお神楽が舞われ、厄払いが始まります。

神社に吹く風も冷たくなって秋の気配を感じる中、玉祖神社の秋の神事は粛々と執り行われました。

ブログ担当:木坂浩三


-NPOYaoITS-