10.11.木  
松尾クリニック松樹会 第27回みんなの作品展
本日プリズムホール3階展示室にて「松尾クリニック松樹会 第27回みんなの作品展」が午前10時より行われました。

こちらに展示されている作品は松尾クリニックの患者さんが作成したものです。
ちぎり絵や書道、パッチワーク、生け花、水彩画、七宝焼き、折り紙、洋服など・・・いろんな種類の作品を見ることが出来ました。
どれも完成度の高い作品ばかりで見に来られていた方も、楽しそうに鑑賞されていました。

また15時からは松尾クリニックの院長、松尾 美由起先生の妹さんによる講演会とAEDの使い方講座も行われるそうです。
「だってだってのおばあさん」という絵本を使用するんですが、
98歳のおばあちゃんは一緒に暮らす猫が魚釣りに誘っても「だってわたしは98歳のおばあちゃんだから魚釣りは似合わない」と言います。
しかし、99歳のお誕生日、おばあちゃんはとあることがきっかけで5歳になりました。
5歳だからなんでもやってみようとします。
年齢にとらわれて、98歳だからやらないと言っていたおばあちゃんが、またも年齢にとらわれ、5歳だからやる!というのが面白いんですが、何事も年齢にとらわれて諦めたりしては損だなぁと気づかせてくれました。

取材担当:西山沙織



10.11.木  
徳治昭童画展プラスウルトラ怪獣童画化計画
プリズムホール1階光のプラザで現在「徳治昭童画展プラスウルトラ怪獣童画化計画」が行われています。

徳治昭さんは八尾市出身・在住の童画家です。
ほっこりとかわいらしい作風が特徴の一つでもあり、八尾市商業まつりのキャラクター「やおっち」や宝くじのイラストまた最近では読書通帳を絵柄を手がけていたり・・・どこかで必ず見たことがあるかと思います。

今回の展覧会では普段見ることのできない原画を見ることが出来ます。
読書通帳にもなっている作品も展示されており、印刷では消えてしまっていた細かな部分も見ることが出来ました。
また「憧画シリーズ」も飾られています。
「憧画シリーズ」とは、様々なジャンルで活躍されている方々を一人ひとり取材し、言葉や映像や音楽を通じてイメージを膨らませて制作した作品です。
そして、ウルトラマンに登場する怪獣たちを描いた「ウルトラ怪獣童画計画」も数点飾られています。

子どもから大人まで楽しめるようになっております。
グッズ販売も行っていますよ。

徳治昭さんの作品は見ていると心が暖かくなる絵が多く、作品は必ずどこかで1度は見たことあるものばかりです。
可愛らしく温かい絵画がたくさん展示されていますので、この機会にぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?

---------------------------------
「徳治昭童画展プラスウルトラ怪獣童画化計画」
日時:〜10月14日(日)
   11時〜18時
場所:八尾プリズムホール1階光のプラザ
---------------------------------

取材担当:西山沙織



10.11.木  
情報プラザやお「健康バンザイ」収録(2018年10月18日放送分)
「情報プラザやお」
毎月第3木曜日は「健康バンザイ」を
お送りしています。

今月放送分では、八尾市立病院
看護部長 千種保子さんにお話を伺いました。

八尾市立病院には35年、
この4月からは看護部長としておつとめで、
長く現場にいらっしゃる千種さん。
認定看護士や周産期医療等について
わかりやすくお話頂きました。

八尾市立病院は入院患者さんが
過ごしやすいように、
足場が床ではなく絨毯タイプになっています。
細かな気遣いが感じられますね。

☆放送日☆
10月18日(木)12時〜
(再放送は同日午後7時〜、11時〜)

担当:居内千恵



10.11.木  
「すまいるらいふ/しなやか希業コンシェルジュ」@
本日も、午後3時から、
アリオ八尾2階アリスタにて、
生放送でお届け致しました。
「すまいるらいふ」。

毎月第2木曜日は、
コタニーズさん(小谷晴美さんと
小谷京子さん)による、
「しなやか希業コンシェルジュ」を
お送りしています。

今回は、ゲストに
大阪府商工労働部 中小企業支援室
ものづくり支援課 
製造業振興グループの
福岡 まどか様を
お迎え致しました。

まず、福岡さんがご活躍されている、
【MOBIO(モビオ)】という、
中小企業の支援施設について
説明して頂きました。

【MOBIO】とは、
「ものづくりビジネスセンター大阪」の
愛称で、「大阪府」、
「大阪産業振興機構」、
「(株)コンベンションリンケージ」の
3者で運営している、
大阪府内のものづくり中小企業の
総合支援拠点です。
場所は、大阪メトロ・長田駅から
徒歩約10分、
近鉄けいはんな線・荒本駅から
徒歩約5分のところにある、
クリエイション・コア東大阪という
施設の中にあります。

「産学連携」や「知的財産」などの
相談やビジネスマッチングなど、
約20のサービスメニューがあり、
非常に幅広い支援をされていますが、
今回は、その中でも代表的なものを
いくつか紹介して頂きました。

1つめは、
【ワンストップサービス】です。
新製品、新技術の開発をしたい時や
自社製品や技術を国内外に
広くPRしたい時などに、
窓口で相談に乗って下さいます。

2つめは、【常設展示場】です。
企業の最新の技術や製品が
展示されており、ブースの数は
200と国内最大級です。
専門のコーディネーターさんが
案内する視察の場合は、
予約が要りますが、
自由見学に関しては、予約なしで
展示を見られるそうです。
海外からの見学も含めて
年間約30000人もの人が
訪れているそうです。
開館時間は、午前9時から
午後5時までで、
土日祝・年末年始はお休みだそうです。
興味を持たれた方は、是非
足を運んでみてはいかがでしょうか。

3つめは、
【MOBIO‐Cafe】
というセミナーです。
年100回ほど、平日の開催されていて、
回数を多く、分野を幅広く、
参加企業にメリットがあるような
様々なテーマで行われています。
参加者は、約30名程度の規模で
主に事業継承や外国人雇用、
EC(ネット販売)がテーマに
なっているようです。
参加費は、無料です!
また、【MOBIO‐Cafe】は、
セミナー後の交流会も
非常に大切にしているそうで、
立食・軽食のスタイルで、
アルコールも出るとのことです。
ざっくばらんに参加者同士、
セミナー講師との会話が出来る場で、
横のつながりを作れるしかけと
なっているそうですよ!
実際に参加者から、
「知り合った企業から受注した」等の
声があったようです。
なお、【MOBIO‐Cafe】に
関しては、1人1000円の
会費がいるそうです。

ここまでご紹介した取組みは、
府内に限らず、どちらの企業でも、
どなた様でもご参加できるようです。
是非、利用してみてください!

続く・・・

ミキサー担当:永井 優



10.11.木  
「すまいるらいふ/しなやか希業コンシェルジュ」A
最後は、販路拡大・PRサポートの
ひとつとしての事業、
【大阪製ブランド認証制度】です。
「大阪製ブランド」とは、食べ物以外の
製品に対するブランドです。
ものづくり中小企業が製造する
一般消費者向けの製品を
「大阪製ブランド」と認証することで、
ものづくり中小企業の自社製品開発を促し、
かつ、大阪府や支援機関で
プロモーション活動を行い、
売上アップに貢献する事業です。
認証されると、大阪製の
パンフレットやホームページなどで
情報発信が出来たり、
百貨店などでの催事、イベントへの
出品が出来たりするそうです。
実際に大阪製パンフレットを
見たバイヤーから声がかかり、
商品が雑誌に掲載された企業も
あるそうですよ!
製品が「大阪製ブランド」として
認証されるためには、
府内の中小企業で、優れた技術を
用いられた、
優れた製品であることが必要なため、
決して簡単なことではありません。
だからこそ、認証されることは、
企業ブランドにもなります。
大阪府のお墨付きをもらったことで、
さらに企業からの受注が増えた
ところもあるそうですよ。

せっかくなので、今回は、
認証製品をいくつか
紹介して頂きました。

1つめは、「曲がる歯ブラシ」。
三和歯ブラシ工業所さん、
DHLさんが、デザイナーさんと
共同で開発したものです。
横方向は硬いのですが、
縦方向は過度な圧がかかると、
ぐにゃりと曲がる構造になっており、
歯ブラシによる子どもの
のどつき事故が多くあることが
きっかけで作られたものです。
ベビーコーナーや、ネット通販で
販売しているそうです。

2つめは、河内長野市の
ダイドーさんの「bloom」です。
はらりと開く和傘からヒントを得て、
京和傘の日吉屋さんとコラボして
製造されたフルーツやパンを
入れておけるバスケットです。
使うときは、柄を上にすると開き、
使わないときは、傘のように閉じて
コンパクトに、しかも
開いた状態で柄を持つと、
持ち運ぶこともできる、
実用性もあり、かつ、見た目も
おしゃれなものとなっていました。

3つめは、大阪市の
シューズミニッシュさんの
「リゲッタカヌー」という
サンダルです。
「ビッグフットスリーストラップ」
というモデルなどが大阪製として
認証されているのですが、
レジャーなどで使っても
全然といっていいほど
足が疲れない、優れものだそうです。

また、八尾の企業の製品も
1つめの
「曲がる歯ブラシ」も含めて
8製品が、大阪製ブランドに
認証されているそうですよ(^^)

今回の放送を聴いて、
興味を持たれた企業様がいましたら、
「大阪製ブランド」のホームページも
ありますので、是非
チェックしてみてください!

最後に、
「大阪には、BtoBの企業が多いので、
一般消費者の方には名前の知られていない
企業様でも、素敵な製品を製造されている
企業様がたくさんいらっしゃいます。
大阪の技術力はすごい!ということを
大阪製ブランドの事業を通じて
発信していきたいと思います」と
福岡さんのお仕事への思いを聞かせて
頂きました。

次回の、「しなやか希業
コンシェルジュ」は、
11月8日(木)午後3時から
お届け致します。

次回もお聞き逃しなく!

ミキサー担当:永井 優



10.11.木  
やおのつとむ便り収録(10月15日、10月22日放送分)
本日「やおのつとむ便り」の収録を行いました。

”やおのつとむ”こと、小鍛治 孜さんは難病を乗り越え、難病の方・ご家族の方々の相談や楽しい催し、講演会を開くなどの活動をされています。
小鍛治さんが体験・経験されたお話を通じて”難病”という認知を広め”絆”を深めていく番組です。

お昼をしっかり食べゆっくりしてからスタジオに来られた、小鍛冶さん。今日のヘルパーさんは長年お世話になっている方だそうで、気兼ねなく何でもお話ししてから来たそうです。

10月15日(月)再放送10月19日(金)のお話は、先日私がお世話になった身体障害者のスポーツ大会のお話から、小鍛冶さんの体育祭、スポーツにまつわる思い出をお話ししてくださいました。
そして、「つとむアドバイス!」は『指体操〜指折り体操・指回し体操』です。
指体操は、「認知症予防」「能の活性化」として広く活用されています。高齢者だけではなく、小鍛冶さんのように運動が出来ない方でも座って簡単に出来る『指体操』をご紹介します。小鍛冶さんも一緒に体験しますよ!

10月22日(月)再放送10月26日(金)のお話は、私が目にした車いすのタイヤ消耗について、危険度やメンテナンスについて小鍛冶さんに聞いてみました。
「つとむアドバイス!」は先週に続いて『指体操〜指離し体操』です。ゆっくり少しずつ一緒にやってみましょう!
今回の指体操で、「指を鍛えるとまた、文字が描けるかも。」小鍛冶さんの物書き意欲が出てきたそうです。

「やおのつとむ便り」放送は
毎週月曜日 午後7時45分〜7時59分
再放送 毎週金曜日 午後7時45分〜7時59分
お楽しみに!(^^)/

担当:川口とも


-NPOYaoITS-