10.24.水  
ずっと・もっとプリズム展 思い出編
毎週木曜日午前11時から放送の「Keyちゃおプリズム」の中でも以前から告知をしていました、「開館30周年記念イベント ずっと・もっとプリズム展」が、プリズムホールで始まりました。
「思い出編」と「歴史編」とで、展示は2期あります。

今日から始まったのは、「思い出編」で、光のプラザと回廊ギャラリーとで展示されています。

1階の光のプラザでは、プリズムホールの30年を振り返って、これまで出演されたアーティストや、ホールを利用された団体・個人の皆さんからのメッセージが展示されていました。

30年前にプリズムホールの開館を待ちかねていた方、開館のこけら落としの舞台に参加された方、開館以来30年間ホールで公演を続けておられる方・・・。
皆さんからのメッセージを読むと、30年間を懐かしくも、昨日のことのようにも語っておられるところから、プリズムホールへのあたたかいお気持ちを感じました。

また、プリズムで開催された公演・講座を受け、その終了後もそれぞれに活動を続けておられる方のメッセージもあり、プリズムホールをきっかけに始めた活動が今日まで続いていて、さらに活動の幅が広がっていっているのにも心を打たれました。


4階・5階の回廊ギャラリーでは、プリズム市民サポーターのメンバーの紹介や、市民サポーターの活動内容の紹介もあり、それぞれのイベントにサポーターさんがどのようにかかわっているのかが分かります。
お客様対応の研修、イベントの下準備、光のプラザの飾りつけなど、多岐にわたる活動内容が写真でも展示されています。

スタッフさん、アーティスト、サポーターさん、利用者さん、そしてもちろんお客様・・・。全てが貴重なご縁でつながっているんだなぁとあらためて感じました。

30年前と現在では、街も変わり、人も変わり、プリズムホールの在り方、ホールに求められるものも変わってきていることでしょう。これからのプリズムホールの歩みもますます楽しみになりました。

[ 思い出編 ]
10月24日(水)〜11月2日(金)
1階光のプラザ、4・5階回廊ギャラリー

[ 歴史編 ]
10月30日(火)〜11月2日(金)
3階展示室

また、10月30日にはオープニングパーティー、10月31日、11月1日・2日にはプリズムミニイベントが開催されます。

*10月31日のミニイベント以外は全て無料です。
詳しくはプリズムホールHPをご確認下さい。

ブログ担当:松本真理



10.24.水  
鐘の音収録 教興寺
本日午前10時頃から、NPO法人八尾市観光ボランティアガイドの会の皆さんと八尾市内の鐘の音の収録にお邪魔してきました。
観光ボランティアガイドの会では現在、八尾市内のお寺の鐘の由来などを調査しており、その一環としてFMちゃおでも鐘の音の収録をお手伝いしています。

本日伺ったのは3つのお寺。
まずは八尾市教興寺の教興寺です。

こちらの梵鐘は戦時中に供出されるのを防いだため、1688年の頃の古い歴史のある銅造の鐘です。
分厚く大きな作りで乳の間には梵字が、草の間には宝輪と法螺貝が記されています。
調査の後に撞かせて頂くと、想像よりも高い音がグワングワンと響きました。他とはちょっと違う、歴史を感じる鐘の音です。


ブログ取材担当:畔地祐希



10.24.水  
鐘の音収録 法蔵寺
今日2件目の鐘の音の収録は、八尾市郡川の法蔵寺です。
長い坂の上を登り、非常に見晴らしの良いところに建てられています。

1748年に土佐の長宗我部氏の子孫である好山和尚によって開かれた法蔵寺。
こちらにはお堂の中に1750年の殿鐘が吊るされており、4月18日の御本尊御開帳法要の時などに殿鐘三会で鳴らされたりしています。

刻まれた文字や大きさの調査の後、木槌で叩くと梵鐘とは異なる鋭い音が鳴りました。


ブログ取材担当:畔地祐希



10.24.水  
鐘の音収録 水呑地蔵院
今日、最後に伺ったのは八尾市神立の水呑地蔵院です。

本堂の南側の小堂には弘法水と呼ばれる清水が湧き、弘法大師が十三峠を越える旅人のために祈願して得た霊水と言われています。

本堂に向って左側、駐車場から入っていくと水呑地蔵院の鐘楼が置かれています。
こちらの梵鐘は珍しいデザインで、縦帯が無く乳の間は乳が九つ毎に四つの枠で仕切られています。

こちらでも調査の後で鐘を撞くと、柔らかく優しい響きの音が遠くまで響きました。


ブログ取材担当:畔地祐希



10.24.水  
第17回目「Let´sバレティス/ヒロ・クロンドールバレエ
この番組は、
毎週様々なゲストをお招きし、
ヒロ・クロンドールバレエの
伊藤裕美さんと対談しながら
リスナーの皆様に健康と芸術を
身近に感じて頂き、
番組最後には、
バレティスのエクササイズを
行う番組です!

さて、バレティスとは何かというと、
皆様に、いつまでも美しく健康な身体で
生活して頂きたいという想いから考案された、
エクササイズです。
また、理学療法士監修のもと、
考案されたものなので、
お子様から高齢の方まで、
無理なく安全に取り組んで頂けるものと
なっております。

そして本日第17回目の放送となります♪
〜Let's バレティス〜

今回はバレティストレーナー「武田さおり」先生と
パーソナリティ「槇野祐美子」がお送りします。
そして第17回目のゲストは、  
Archtherapy and coaching代表   
ヒプノセラピストの「坂口 勇」さんです。

ロングヘアが特徴的な落ち着きのある「坂口 勇」さん(*^-^*)

トークでは、

・ヒプノセラピーの事
・たくさんの人たちに心から健康になって頂きたいこと
・心の健康は姿勢にも繋がるためバレティスの芸術と健康にも繋がる
・12月9日ヒプノセラピーの体験会の件 など

健康とは身体だけではなく「心」も健康であること
「バレティス」と「ヒプノセラピー」との関係など
素敵なお話をして頂きました。

12月9日(日)に行われる
第52回「楽しい催眠、役に立つ催眠」セミナー 午前の部

日 時 :2018年12月9日(日)10:00 〜 12:30
場 所 :クレオ大阪中央の会議室【前回までの大阪中央会館とは別の場所です!】
大阪市天王寺区上汐5-6-25
Osaka Metoro 谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」
1・2号出口から北東へ徒歩約3分

参加費 :2,000円(当日現金にてお支払いください)

詳細:
関西催眠研究会さまの定期イベント「楽しい催眠、役に立つ催眠」午前の部にてヒプノセラピー(催眠療法)のご紹介をさせていただきます。

心地良い催眠トランスのご案内を通して、ご自身の「未来世(未来視)」を体験いただき、その「未来世(未来視)」から今のあなたの可能性に気付いていただく体験会となります。

※涙がポロリするかもしれないのでティッシュ、ハンカチなどご用意ください。


講師:坂口勇
やさしい声質で心地よくトランス状態にご案内します。
NGH(米国催眠士協会)認定トレーナー、ABH(米国催眠療法協会)認定トレーナーで、傾聴コミュニケーション(言葉以外の行動に注意を向け理解する。言葉によるメッセージに最後まで耳を傾け理解する。言葉の背後にある感情も受け止め共感を示す)のプロフェッショナル。

〜〜〜
午後の部では、
「催眠術師養成ミニ講座」
「初めての方への説明と様々な催眠体験」
をお楽しみいただけます。
※要 別途お申込み(当日参加も可)


こちらもぜひ興味のある方はアクセスして下さいね!


そして対談の後は、曲に合わせて
バレティスのエクササイズが
行われました♪
本日も、人気No.1のエクササイズ、
「スワンアーム」。
身体全体を白鳥のように動かすものです。



アリスタ前のたくさんの方々とLet's バレティスエクササイズ♪
今回も人気No.1のエクササイズ、ちゃおスタッフメンバーも参加しました♪
皆さんとっても気持ちよさそうでした!
毎週お楽しみの「スワンアームエクササイズ」
これを見て興味を持たれた方が
いましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で。。
「Let's バレティス」


次週も素敵なゲストをお招きしお送りいたします!
お聴き逃しなく(^^)/




ミキサー・ブログ担当:長田 結香



10.24.水  
上之島地区 「お口の健康」アップセミナー
本日、午後7時30分から上之島小学校集会所にて「お口の健康」アップセミナーが行われました。

このセミナーは八尾市地域福祉推進基金事業として開催されました。

講演のテーマは「歯周病予防と口腔ケアの実践」
歯科衛生士である山本洋子さんにご講演頂いています。

「8020運動」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。8020運動とは「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との思いで始まった運動ですが、食事を心置きなく楽しむことは皆さんお持ちの願いだと思います。

山本先生に歯周病についてや歯の磨き方について教えて頂き、参加者の方々の歯を大切にしなければならないという意識もより高まったことでしょう。

80歳で自分の歯が20本、ぜひ目指して頑張りましょう。

取材担当:木坂浩三


-NPOYaoITS-