10.30.火  
ずっと・もっとプリズム展示〜歴史編〜@
毎週木曜日午前11時から放送の「Keyちゃおプリズム」の中でも以前から告知をしていました、「開館30周年記念イベント ずっと・もっとプリズム展」が、プリズムホールで始まりました。

光のプラザ・回廊ギャラリーでは、30年間プリズムに関わってくださった市民の皆さんとの素敵な思い出と「30」にまつわるエピソード、イラスト、写真を展示している「思い出編」が10月24日(水)から始まっています!

本日から、八尾のまちに夢と感動を届けた30年間を年代ごとに展示する「歴史編」が始まりました!

11月10日で30年目を迎えます。そのお祝い「オープニングパーティー」を11時から開催しました!会場はプリズムホールスタッフの手作りです。

八尾市文化会館 大久保館長をはじめ、田中誠太八尾市長、八尾市議会議長 田中久夫氏、NPO法人やお文化協会 西辻理事長、八尾文化連盟、八尾市三曲協会会長でもあります正田研山氏、八尾市女性団体連合会 角田会長、文化会館評議委員、プリズムホールスタッフ、文化会館に携わって来られた方々などたくさんの方がお集まりになりました。

館長より「この文化会館は見せる場だけでなく、芸術家、地域の皆さんと共に作り上げていく、皆様の協力あってここまでこれました。その思いが詰った展示、また思い出をお楽しみください。」とご挨拶されました。

また、皆さんのご挨拶の中で、これまでの歴史や思い出、市民の皆様に支えられた思いなど様々なお話が出ました。
文化会館プリズムホールののキャラクター”ポロンちゃん”もお祝いに駆け付けてくれましたよ♪

プリズムスタッフによる30年分のエピソードトークでは、その当時の秘話をお聞きしました。

つづくA   取材担当:川口とも



10.30.火  
ずっと・もっとプリズム展示〜歴史編〜A
最後に、スタッフの紹介や八尾市文化会館理事長よりご挨拶がありました。
皆さんよりお花やお祝いケーキなども頂き、参加されたみなさんでお茶を頂きながらスタッフとのお話が続きます♪

会場には30年間、開催されたコンサートや舞台、イベントなどのポスターや小道具、衣装、プログラムが壁一面に展示されています。また、プリズムホールができるまでの貴重な資料も展示されています。

「ずっと・もっとプリズム展 歴史篇」は
11月2日(金)まで午前10時〜午後8時(最終日は午後5時まで)開催しています!

プリズムミニイベントは
☆10月31日(水)午後6時〜7時30分「ONENIGHT CLUB PRIZUM」〜一夜限りの幻のBarがオープン。

☆11月1日(木)・2日(金)午後2時〜2時40分「なるほど!ザ・プリズム」〜明日使えるプリズム流豆知識クイズ大会を開催。

他にも、メッセージコーナー、サロンコーナー、30周年記念のバルーンやフォトプロップスなどを使っての記念撮影ができるフォトブースもありますよ(#^.^#)

懐かしいあのステージに出会えるこの機会に是非、おでかけください!

*この模様は12月7日(金)「はっぴいくれよん 金曜日」番組内、11時10分頃からの「街角レポート」で放送します!

取材担当:川口とも



10.30.火  
情報プラザやお「広報だよりーあんなとこ・こんなことー」(11月2日放送分)収録
「情報プラザやお」
毎月第1金曜日は
「広報だよりーあんなとこ・こんなことー」
お届けしています。

11月放送分では、
八尾市子育て総合支援ネットワークセンター
みらい  伊藤諒さん
     三上恵理子さん
お二人にお話を伺いました。

11月は「児童虐待防止推進月間」です。
身体的・心理的・性的虐待、ネグレクトと
様々な様態がある児童虐待。
線引きが難しい場合もありますが、
子どもの視点・立場になって考えることが
大切だとおっしゃっていました。

11月1日には、八尾市内の主要駅
近鉄八尾駅・JR八尾駅・JR久宝寺駅で
ティッシュを配っての啓発活動が行われます。

11月16日(金)午後2時〜
プリズムホールにて市民向け講座が開講。
里親制度の動向と里親家庭にいる
子どもの現状をテーマに行われます。

もしも児童虐待かも?と思ったら…
全国共通ダイヤル189までご連絡ください。

★放送日★
11月2日(金)お昼12時〜、
午後7時〜、11時〜
「情報プラザやお」でお届けします。
お楽しみに!

担当:居内千恵



10.30.火  
「ワタシらしく輝くワークショップフェスタ」告知(11月放送 ひゅーまんプラザ前半)
毎月第1火曜日の「情報プラザやお」は、『ひゅーまんプラザ』。人権に関するお話です。

今回は「ワタシらしく輝くワークショップフェスタ」のご紹介、ご出演は八尾市政策企画部 政策推進課 女性活躍推進室の新里康仁さん・一般社団法人 大阪市男女共同参画のまち創生協会の邊見倫子さんでした。

八尾市男女共同参画センター「すみれ」では、2016年度から八尾の輝く女性活躍推進プロジェクトを行っており、それぞれのライフスタイルに応じた形で、自分ならではの企画や思いを実現するために必要なスキルや知識を学んでいます。
そのプロジェクトで学んだことを発表する場として開催されるのが、この「ワタシらしく輝くワークショップフェスタ」です。
絵本の読み聞かせや読書会、折り紙でクリスマスオーナメントを作る体験や好きな字や言葉を筆で書いて作品にする体験、野菜や大豆食品の販売、パステルアート作品の展示など内容盛りだくさん!
出入りも自由なので、ぜひご家族でもお一人でも、お気軽に遊びに出かけてみてください。

「ワタシらしく輝くワークショップフェスタ〜きて、みて、やってみて、みんなでキラリ体験〜」
日時 11月8日(木)10:30〜12:30
会場 生涯学習センター「かがやき」4階 大会議室

番組ではイベントの詳細のほか、八尾市男女共同参画センター「すみれ」の事業や講座などについても伺っています。

放送日時は
11月6日(火)12時〜 再放送:19時〜/23時〜
※ワタシらしく輝くワークショップフェスタについては、番組の前半約20分です。

ぜひお聴きください!

収録担当:北山ヒロト



10.30.火  
スタントマン交通安全教室 (上之島中学校)
本日午後1時30分より、上之島中学校でスタントマン交通安全教室が行われました。
これは学校の生徒だけでなく地域の方にも開かれており、どなたでも観覧できる交通安全教室です。授業の一環として、八尾市内全ての中学校で実施されています。
スケアード・ストレート技法を用いたプロのスタントマンによる交通事故の再現を目の前で見せることで、事故の恐怖を体感するとともに安全な交通ルールを学んで貰います。

まずオープニングセレモニーでは、交通事故をなくす運動八尾市推進本部本部長の田中誠太八尾市長からご挨拶。
その後、八尾市交通対策課の西村課長から八尾市内の交通事故の実例に基づいた交通講話、八尾市消防本部の芋縄課長補佐からも八尾市の救急車の状況、救急車が来るまでに出来る止血の方法やAEDの使い方を教えて頂きました。

続いてシャドウ・スタントプロダクションの皆さんによるスタントマン交通安全教室です。
目の前で主に自転車を使った激しい交通事故の様子を再現し、交通ルールを守らなかった場合の危険性を教えて貰いました。
自転車がグシャグシャに曲がるほどの事故の衝撃、人と衝突した車のフロントガラスにも大きくヒビが入り、事故の恐怖を十分に感じてもらえたと思います。
終わってから感想を聞くとこれまでは全く交通ルールを気にしていなかったという生徒さんもいましたが、実際に事故の様子を目にすることで今後はきちんと気を付けていきたいと話していました。

自転車は身近な乗り物ですが、ルールを守って安全に運転しないと命に関わるような大きな事故に直面する恐れもあります。
被害者にも加害者にもならないために、これからも交通安全を意識して運転しましょう。


ブログ取材担当:畔地祐希


-NPOYaoITS-