11.10.土  
親子史跡めぐり〜しおんじやま古墳と周辺の史跡を学び そして、勾玉をつくろう!〜
本日午前9時30分から、しおんじやま古墳学習館で、八尾市郷土文化推進協議会主催の「親子史跡めぐり」が行われました。

しおんじやま古墳は、中河内で最大の古墳です。この古墳は、当時このあたりを支配していた豪族の墓で、古墳時代の中期、5世紀初め頃に作られたと考えられています。全長160メートルの前方後円墳で、1600年前の姿に復元整備されました。

講師はしおんじやま古墳学習館 福田館長です。
始めに、館内の航空写真から自分の住む家を探し、大和川の歴史や八尾市の遺跡について学びました。

今日は゛しおんじやま古墳クイズラリー第46弾やおの歴史&名産スタンプラリーワークシート゛を使い、スタンプを集めながら学びます!

学習館では、出土した埴輪やお墓等について、しおんじやま周辺の古墳について学び、実際にしおんじやま古墳を歩きながら歴史や前方後円墳について学びました。

しおんじやま古墳は4代目。古墳の上で1代目の花岡古墳、2代目の向山古墳、3代目の愛宕塚古墳を確認し、更に平等院鳳凰堂の瓦がこの場所で作られていた歴史を学びました。

天気の良い日は大阪城も見ることが出来るのをご存知ですか?昔、大阪夏の陣にも関わる場所だそうです。次々と出る歴史の話に、皆さん興味津々でしたよ♪

次は勾玉作りです。
キットを使い四角い石から勾玉の形に削っていきます。初めて作るお子さんは「どうやってこの形に?」と思っていましたが、勾玉の形になると綺麗な形にしようと一生懸命です!手伝う親御さんも頑張っていました♪

最後に磨きをかけて完成。好きな色の紐に通して喜びいっぱいでしたよ。今日は歴史に工作に楽しい思い出となったようです(#^.^#)

しおんじやま古墳学習館では「歴史体験コーナー 月替わりプログラム」土・日曜日限定で開催しています。
・11月17日(土)〜12月16日(日)までは「クリスマスツリーを作ろう!」
・12月22日(土)〜24日(月・祝)は「お正月リースを作ろう!」を行います。
お申込み、詳しい内容はしおんじやま古墳学習館へお問い合わせください。

*この模様は1月9日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します!

取材担当:川口とも



11.10.土  
第33回 八尾市幼年消防クラブ 防火フェスティバル
本日午前9時30分から、八尾市立総合体育館ウイングで「第33回 八尾市幼年消防クラブ 防火フェスティバル」が開催されました。
八尾市幼年少年防火委員会の主催、一般財団法人 日本防火・防災協会、八尾火災予防協会、八尾市消防本部の共催による「秋の全国火災予防運動」の一環として毎年開催されている催しです。

まずは拍子木での「火の用心」の掛け声とともに子供たちが入場し、開会宣言。
続いて可愛らしい消防バッテリーカーを先頭に「認定こども園あけぼの保育園」「認定こども園みよし保育園」「幼保連携型認定こども園あひる保育園」「千塚こども園」の幼年消防クラブのお子さんたちが、八尾市消防音楽隊の演奏をバックに元気に入場行進を行いました。
まずはセレモニーとして田中誠太八尾市長などのご挨拶があり、幼年消防クラブ代表のお子さん達から防火の誓いを大きな声で宣誓して貰いました。
続いて皆で元気に「手のひらを太陽に」の合唱をして、一旦お子さんたちは演技の準備のために退場します。

この防火フェスティバルでは市民の皆さんの防火意識の向上を図るとともに、災害のない安全・安心で住みよい街になるように願いをこめて幼年消防クラブの皆さんに演技を披露して貰っています。
今回もそれぞれの幼年消防クラブの皆さんが、太鼓やシンセサイザー、フラッグなどを使いながらのマーチング演奏や和太鼓演奏などで日頃の練習の成果を披露してくれました。
頑張ったお子さん達には大きな拍手が送られましたよ。

この模様は11月30日(金)正午からの「情報プラザやお」で放送予定です。(再:午後7時、午後11時)


担当:畔地祐希



11.10.土  
7th vol.1「写楽のつどい」写真展
八尾市山本町南にあります山田画廊で、11月7日(水)〜11日(日)まで、7th vol.1「写楽のつどい」写真展を開催しています!

9名のメンバーで活動している「写楽のつどい」。年2回写真展を行っています。田中誠太八尾市長の特別出店の写真も展示されていますよ。

近代的な建物から、自然の風景、植物、動物を各々出会った瞬間の作品ばかりでした。

見に来られた方がひとつひとつ目に留まり、山田さんが構造や加工など応えていらっしゃいました。
「どれも深みがありますね〜。またお話を聞くと見方も変わり楽しいですね。」と魅了されていました。

今回もメンバーの一押し作品が皆様をお待ちしています!
一瞬を捉えたステキな写真をお楽しみ下さい(#^.^#)

7th vol.1
「写楽のつどい」写真展
日時 11月7日(水)〜11日(日)
11:00〜18:00(最終日は16:00まで)
八尾市山本町南3-2-20
TEL 072-946-8888

取材担当:川口とも



11.10.土  
「平成30年度 南高安地区人権研修」「八尾市 市制70周年記念講演会」
南高安コミセン2階集会室にて、午前10時から研修と講演が行われました。

○午前10時〜
第一部「平成30年度南高安地区人権研修」
 (南高安地区福祉委員会主催)
最初に、いぬい委員長からご挨拶。「多くの虐待、いじめの問題が年々増加している。今日のことを家庭や地域で共有して頂けたら。」

八尾市人権人権啓発推進協議会、地区人権研修部会のたけのかぶ監事からご挨拶。「本日の研修をふまえ、人権協のスローガンである『地域が育む人権と文化のまち、思いやりあふれる八尾のまち』を実践して頂ければ」

続いて研修。
講師は、[大笑い福祉士]楽語家 交遊亭 楽笑(こうゆうてい らくしょう)さん。
テーマは「地域で守ろう子どもの人権」


楽笑さんは高槻市にお住まい。地元でもお子さんにかかわる活動をされています。

地域で子どもを守るために大切なのは「挨拶」。道行く人、お子さんにどんどん挨拶しましょう、と。
子どもの虐待・いじめに対して、積極的に関わっていきましょう。そのためにも、道で子どもに会ったら挨拶しましょう、とのことでした。
ただ、道でいきなり声を掛けても子どもは照れもあり、返してくれないことも。でも、例えば八尾であれば「まちの中の達人」などに特技をもって登録しておけば、色んな方と関わる機会が増えます。特技と言っても、難しいことではありません。「昔遊び」ができる、など、出来る事で子どもと関わり、そのなかで、もしも問題がありそうな子がいれば、児童相談所につなげるなど、虐待・いじめを回避するために動いてほしいとのことでした。

研修中は笑いがたえず、最後には南京玉すだれまでとびだして、楽しくお話をして頂きました。


○午前11時〜
第二部「八尾市 市制70周年記念講演会」
 (八尾市主催)
本年度、八尾市は市制70周年を迎え、各地域で様々な記念事業が行われています。

講師は、八尾市黒谷在住の大西進さん。
テーマは「南高安の今と昔」

戦時中から現在に至るまでの南高安地区の様子について、大西さんの幼少期の体験や、日常生活の変化など、実体験や、大西さんが調査して分かった事などお話し頂きました。

山際で穏やかな南高安にも空襲があり戦争が間近にあったということ、戦後の食糧難を救ったさつまいもの話、小さな頃の大西さんが怖かったもの(牛と掩体壕)、そしてその頃印象に残っていること、などをお話して頂きました。

大西さんは、戦争遺跡・戦争遺産の保存について活動されています。そこには人の営みがあり、文化遺産であるとおっしゃっていました。
戦争遺跡を保存する意味は、若い世代の人の為に、いきた教材を残したい、ということ。
「平和」には形がありません。「戦争状態でないことを平和という」というならば、戦争(戦争遺跡)をみないで平和は語れない、ということになります。そんな締めくくりの言葉が印象的でした。


2階会場外の壁には、「南高安の今と昔」として、近辺の昔と現在がわかる写真が展示されていました。
皆さん、懐かしそうに指をさしてお話しに花が咲いていましたよ。


担当:松本真理



11.10.土  
同好会盆栽会 盆栽展
本日正午から八尾市本町第2公園の公園管理事務所にて同好会盆栽会の「盆栽展」が開催されています。
毎年、春と秋の年2回開かれる盆栽の展示企画。
会場入り口のところでは盆栽の販売もされています。

中に入ると会場内の壁沿いにぐるりと会員の方の作品が並べられていました。
大きな幹の松や柏もあれば、花の咲いたもの、色鮮やかな果実のついたもの、小さいサイズの小品盆栽など様々です。
作り手によって同じ種類の木でも全く違う作品になっていて、神や舎利と呼ばれる枯れた部分を作って風情を出したり、幹の捻じれを工夫されたり…。見る角度や高さによっても趣が変わってきます。
盆栽の詳しい知識が全くない中でも会場を何周も回らせてもらって面白く拝見することが出来ました。
数十年掛けて作られた作品も多く、見応え十分!
分からないことも会員の方が丁寧に教えてくれますよ。
途中、小学生のお子さんも何人か遊びに来て物珍しげに眺めて楽しんでいました。

会場中央にはお茶やお菓子を囲んで談笑できるようになっていて、皆さん座ってくつろぎながら盆栽の話などされています。
また、そこで盆栽の勉強会として熱心に作り方を教え合ったりもされていますので、盆栽を始めたいという方にも非常に勉強になる展示会だと思います。

盆栽展は今日はこの後は午後5時頃まで。
明日は午前9時から午後5時頃までの予定です。
ぜひお気軽にお出掛け下さい。


ブログ取材担当:畔地祐希



11.10.土  
第65回八尾市文化芸術芸能祭2018 芸能部門@
八尾市の一大文化行事であります「第65回八尾市文化芸術芸能祭2018」。

11月4日(日)の俳句・短歌部門からスタートし、11月9日(金)〜11日(日)八尾市文化会館プリズムホールにて展示部門、11月10日(土)・11日(日)八尾市文化会館プリズムホール大ホール・小ホールで芸能部門が開催されています。

芸能部門の1日目の今日、まずは午前10時に大ホールから発表が始まりました。トランポリンにバレエ、ダンス、太極拳、阿波踊りなど様々な演目が披露されました。ライトによるステージの演出もあり、大きなステージで輝く姿を見せてくれていましたよ。

沢山の子ども達もダンスを見せてくれましたが応援に来ていた保護者の皆さんも堂々と発表する姿を嬉しそうに見守っていらっしゃいました。

Aへ続く→

取材担当:木坂浩三



11.10.土  
第65回八尾市文化芸術芸能祭2018 芸能部門A
そして、小ホールは午後1時から発表が始まりました。

こちらは、落ち着いた大人な雰囲気、演目も大正琴で始まり朗読や日本舞踊、新舞踊、室内楽、南京玉すだれなどが披露されています。

落ち着いた空気の中、ゆっくりと芸能文化にふれ皆さんの日頃培った成果を堪能することが出来ました。

第65回八尾市文化芸術芸能祭2018 芸能部門は明日も開催されます。11日(日)は、大ホール・小ホール共に午前10時からスタート!!

是非、文化芸術に触れに足を運んでみて下さい。

取材担当:木坂浩三



11.10.土  
2018じんけん文化祭 じんけん作品発表会
本日、午後2時30分から八尾市生涯学習センター「かがやき」4階大会議室で「2018じんけん文化祭 じんけん作品発表会」が開かれました。

「じんけん文化祭」は、人権作品の募集・発表・展示などを通じて人権教育の推進を図ると共に、人権が尊重され、共生の心あふれるまちづくりをすすめるために実施されています。

絵画・ポスター部門、標語部門、作文部門、詩部門、共同作品部門、5つの部門の作品を募集し今年もたくさんの作品が集まりました。

今年は、詩部門12作品、作文部門10作品が入選されました。本日の作品発表会は、入選された小・中学生の子どもたちが作品を読み上げます。

会場には入選された親御さんや学校の先生方、お友達など多くの方が駆けつけていらっしゃいました。

主催者を代表して田中誠太八尾市長からご挨拶があり、続いて作文・詩が朗読されました。

少し緊張しているようでしたが、大きな声でしっかりと堂々と発表されました。
子どもたちが感じたことや疑問に感じたこと、そのことについて調べたり学んだことを素直に詩・作文にしたものばかりでした。

大人の方にも心が動かされる言葉があり、とても素晴らしい作品です。

発表の後、中山教育長より賞状授与の表彰式が行われました。「ステキな作品をありがとう。」と一人一人に声をかけられていらっしゃいました。

素敵な八尾の子供たちを見守り、育てられた親御さん、先生方、教育関係者の皆様に感謝の気持ちを伝えられました。

最後は笑顔で記念撮影会を行い、じんけん作品発表会が終了しました。

☆じんけん作品展示会のお知らせ
じんけん文化祭の絵画・ポスター・標語・共同作品の入選作品を展示します。
〈1回目〉
日時:11月16日(金)・17日(土)午前10時〜午後4時
場所:八尾市文化会館プリズムホール4階会議室1
ひゅーまんフェスタの取り組みの中での展示です。
〈2回目〉
日時:11月26日(月)〜11月30日(金)午前9時〜午後5時(30日は午後4時まで)
場所:八尾市役所1階市民ロビー

皆様お誘い合わせのうえ、多数ご来場ください!

*この模様は11月21日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します。

取材担当:川口とも



11.10.土  
茶吉庵 やおっ子落語会
本日、14時より恩智の古民家・茶吉庵にて若手落語家 月亭秀都さん、月亭遊真さんによる子ども向け落語会『やおっ子落語会』が開催されました。
このイベントは絵も文字もない“落語”という聴き手の想像力をかき立てる表現を通して、伝統文化に触れることを目的としています。
ときうどんなどの演目があった後、子どもたちはうどんをすすったり、焼き芋を食べたり、鼻をかんだり...扇子と手ぬぐいを使っていろいろな表現を練習しました。大勢の参加者が見守る中、高座で上手に表現できた瞬間には笑いと拍手が沸き上がりました。
落語体験の後は休憩を挟んで再び演目があり、寿限無が始まるときには大きな声で「それ知ってるー!」と喜ぶ子どももいました。最後にはジャンケン大会があり勝ち抜いた6人には月亭秀都さんと月亭遊真さんのサイン色紙がプレゼントされました。
観て楽しい、習って楽しい、笑顔いっぱいの落語会でした。


担当:津田滉介



11.10.土  
いきいきシニア養成支援事業「バランスの良い食生活セミナー」
本日、午後7時30分から上之島小学校集会所にていきいきシニア養成支援事業「バランスの良い食生活セミナー」が開かれました。

今回のセミナーのテーマは「バランスの良い食生活で健康長寿を!」です。
栄養管理士でいらっしゃいます長安和栄さんにバランスの良い食事と適量や食事のリズムについて教えて頂きました。

生きていくうえで不可欠な「食事」。
体を作る栄養素を取り入れる食事をおろそかにしては健康を保つことは出来ません。

長安さんのお話の中でもいつもの食事に小鉢で1品増やすようにして必要な食品をとるようにとのお話もありましたが少しの心がけでバランスの良い食生活に近づけることが出来ます。

健康で長生きするために、自分の食生活を見直す。今回のセミナーはその良いきっかけとなりました。

取材担当:木坂浩三



11.10.土  
大阪経済法科大学 第47回 経法祭
本日、大阪経済法科大学八尾駅前キャンパス・花岡キャンパスにて『第47回 経法祭』が開催されました。
今日と明日11日(日)の2日間行われる『第47回 経法祭』
今年のスローガンは「温故知新 〜きみたちはまだ経法祭の熱さを知らない〜 」です。

花岡キャンパスセントラルガーデンステージでは午前11時よりオープニングセレモニーで鏡開きが行なわれました。樽からは沢山のお菓子が出てきて、学生と参加者に盛大に振る舞われました。

経法祭では今年も多数模擬店が出店されていました。王道のやきそば、唐揚げ、フランクフルト。ほかにもパン耳ラスクにフレンチトースト、珍しいものではダチョウ肉もありました。
そして国際学部の皆さんが模擬店を出店している“国際ストリート”ではトッポギやフォーなど国際色豊かなメニューもありました。

メインステージではテコンドー部による演舞や腕相撲大会などが行なわれました。明日はスペシャルタレントイベントとして、花岡キャンパスに仮面女子★イースターガールが登場する予定です!

模擬店、展示、ステージと内容盛り沢山で開催されている大阪経済法科大学『第47回 経法祭』は明日11日(日)が最終日です。ぜひ足をお運びください。八尾駅前キャンパス〜花岡キャンパス間、花岡キャンパス〜瓢箪山駅間には無料シャトルバスもあります。

11月11日(日)大阪経済法科大学『第47回 経法祭』
午前11時〜午後4時
八尾駅前キャンパス・花岡キャンパス


担当:津田滉介


-NPOYaoITS-