11.24.土  
2018エンジェル・アカデメイヤ ほのぼのわくわく音楽会
本日午前10時から、八尾市文化会館プリズムホール5Fレセプションホールで「ほのぼのわくわく音楽会」が開催されました。

今年12月に10年目を迎えるエンジェル・アカデメイアは、障がいを持った子どもたちの個性や能力に応じた教育に取り組み年間を通して様々な活動を行っています。

11月は年に1度行われる音楽発表会♪今回のテーマは「手づくり楽器で音楽を楽しもう♪」お子さまがリトミック・ピアノレッスンで頑張っている成果を発表します。

始めに園長先生の挨拶のあと、オープニングはみんなで絵本の発表をしました。元気いっぱいに読み上げ、いろんな楽器の音で楽しませてくれましたよ。

ピアノを習い始めたお子さんや、両手で引けるようになったお子さん、電車に乗って会場をぐるぐる回ったり、きらきら星を表現したりと様々な発表でした。

1歳のお子さまとお母さんとの楽器のコラボはしっかりと音楽になっていました。また、リズムカルにカッコよくドラムを発表してくれたお子さまもいました♪

みんな笑顔で楽しく発表してくれました。

お楽しみコーナーは、先生とお友達の演奏です。波の音が聞こえる楽器や三線と初めて見る楽器に子供たちは釘付けです!

最後は、先生、お母さんたちと一緒に、てづくりペットボトルたいこを演奏しながら歌いました!子供たちはそれぞれ好きな音を出し、素敵な合奏になりましたよ♪

支援してくださる方やおじいちゃんおばあちゃんにしっかりと笑顔と思いを伝えた楽しい音楽会となりました!
来月はクリスマス会をするそうです(*^_^*)

エンジェル・アカデメイアでは生徒さんを募集しています。詳しくは、ホームページをご覧ください。

*この模様は12月25日(火)「八尾市からのお知らせ」で放送します

取材担当:川口とも



11.24.土  
ウイングのイベント告知(12月放送「スポーツ文化のお知らせ」)
八尾市立総合体育館ウイングから、たていわさん・うえのさんにお越し頂きました。
12月・1月に開催される、ウイングと南木の本防災体育館のイベントをご紹介して頂きました。

「アルティメット講習会」「スポーツ講座」「車いすスポーツ体験会」「女子サッカー教室」など、楽しいイベント、ためになる講座がたくさん!

この冬も、ぜひ八尾市立総合体育館ウイング・南木の本防災体育館へお越し下さい!

放送番組 スポーツ文化のお知らせ
放送日時 2018年12月1日(土)
           午前9時30分〜

担当:松本真理



11.24.土  
平成30年度MOA美術館 八尾児童作品展
本日と明日の2日間、八尾市文化会館プリズムホール3階で「平成30年度MOA美術館 八尾児童作品展」が開催されています。

MOA美術館の児童作品展は、美術館活動の中で特に日頃子ども達が取り組んでいる創作活動を奨励することで、「生命を尊ぶ心」「心ゆたかな人間」形成を目的として、地域で実行委員会を組織し、ボランティアを募り、全国ネットで取り組んでいるものです。

今年で26回目を迎え、八尾市の小学校27校、8つの塾から、絵画3731点、書写4729点、計8460点が寄せられ、これらの作品を公平且つ厳正に審査し、選出された作品934点が展示されています。

ご家族で見に来られる方も多く、作品の前で記念撮影を行っていました。「みんな上手だね〜」「うまいな〜」という声があちらこちらから聞こえるほど力作が並んでいます!

絵画で、1年生が描く「ランドセル」には小学生になった喜びが、タイトル「ふしぎな木」には大好きなお友達がたくさん描かれていました。タイトル「模写」も細かな部分をよく観察ししっかりした作品です。

また、上級生になると、テレビで見た自然災害のニュースで救助犬に目が留まり、その様子の作品や妹の手術で田舎のおばあちゃんの所へ行った時、家族の頑張りや思いを虫達に置き換えて描いた作品と心情を表したステキな作品が多かったのが印象的でした。

書写も様々な言葉が並び、どんな思いで言葉を選び書にしたのかを考えると楽しくなってきました♪
入賞された作品のコメントには「好きな言葉なので何度も練習しました。賞に選ばれて嬉しいです。」「富士山のように大きくきれいな山を想像しながら書きました。」
一つ一つ思いが込められた文字が力強く感じます。

他にも「少林寺」「王国」「強運」と微笑ましい作品もたくさんありましたよ。

平成30年度MOA美術館 八尾児童作品展は
11月24日(土)10時〜19時
  25日(日)9時30分〜15時30分
八尾市文化会館プリズムホール3階
で開催されています!

ブログ担当:川口とも



11.24.土  
平成30年度MOA美術館 八尾児童作品展〜表彰式
本日午後2時30分から、八尾市文化会館プリズムホール4階で「平成30年度MOA美術館 八尾児童作品展 表彰式」が行われました。

入賞されたお子様とご家族の方、小学校の校長先生、先生方が表彰式に参列されました。

始めに田中誠太八尾市長の挨拶、来賓の方々のご紹介の後、表彰式を行いました。

特別賞 MOA美術館奨励賞、八尾市長賞、八尾市教育委員会賞、公益財団法人 関西・21世紀協会賞、産経新聞社賞、産経新聞厚生文化事業団賞、大阪府MOA議員連盟賞、審査員賞の20作品、一人一人に賞状とメダルの授与が行われると、みなさん満面の笑顔で壇上を下りていましたよ。

次に、絵画の部・書写の部の審査員から審査のポイントや心に響いた作品などの講評が述べられ、その後MOA美術館奨励賞に入選されたお子様の作品の思いを発表しました。

最後に、MOA美術館八尾児童作品展実行委員会 柳本 忠二委員長より今回の作品展の思いを述べられ、記念撮影会を行い表彰式が終了しました。

*この模様は12月31日(月)「八尾市からのお知らせ」で放送します!

取材担当:川口とも



11.24.土  
恩智神社 御供所神事@
本日、恩智神社では八尾市指定無形民俗文化財に指定されている御供所神事が執り行われています。

御供所神事は、一年の収穫に感謝し神様に捧げる供物をつくる神事です。この日作られた特殊神饌は、あさって(11月26日)の秋季例祭・卯辰祭におそなえされます。

午前8時、まずは本殿で御祓いを行い神様にお供えする供物を作る為の準備をします。

ここから、もち米、豆、米粉を使って人形を作っていきます。もち米を棒でついたり、米粉をお湯で練ったり、米粉で出来た生地で豆を包み油で揚げたりと様々な工程を進めていきますがこの作業は限られた人数ではとても重労働です。

人形は部位ごとに作られるのですが、胴体の部分には五臓六腑を表す豆を11個入れるなど、決まり事も多くあります。

Aへ続く→

ブログ担当:木坂浩三



11.24.土  
恩智神社 御供所神事A
皆さんの手で人形の手や足、胴体がどんどん出来上がっていきます。

出来上がった部位を並べ出来上がった人形は、今年は少し大きめだったそうですが神様にささげる立派な供物が出来上がりました。

また、今回作られた人形は26日のの秋の例祭「卯辰祭」において参拝者に配布されるそうです。

恩智神社「秋の例祭〜卯辰祭〜」11月26日(月)です。
是非、お出かけになってください。


ブログ担当:木坂浩三



11.24.土  
八老劇団創立四十五周年公演「河内版 源氏物語」
11月24日、25日の2日間、八尾市文化会館プリズムホール小ホールで八老劇団創立四十五周年公演「河内版 源氏物語」が講演されています。

八老劇団は昭和48年に旗揚げされ、60才以上の八尾在住の老人で結成するアマチュア劇団です。

この度の、演目「河内版 源氏物語」は新たに書き下ろされた物語で登場人物は皆さん河内弁、誰もが知っている「源氏物語」が見事に河内版の面白いお話へと進化していました。

どのキャラクターも表情豊かで、個性的!
会場の皆さんも声を出して笑ったりととても楽しい舞台でした。

最後は、出演者全員が舞台上に登場し、八老劇団主宰 浜田澄子さんがご挨拶されました。会場からは惜しみない拍手が送られていました。

イキイキと演技される姿は見ていて元気がもらえます。
残りの公演も成功間違いなし!!
是非皆さんも足をお運びください。

取材担当:木坂浩三



11.24.土  
やお80”映画祭 2018
本日、アリオ八尾にて『やお80”映画祭 2018』が開催されました。
このイベントは「八尾に生まれ育った人間として、この街の魅力を世界に発信したい。そして、土地に根付いた魅力に外部からの要素と化学反応をおこし、また新しいものを生みだす。」という八尾生まれ・八尾育ち・八尾育ちの今辻貴詩さんの思いから始まりました。今年が第3回目の開催となります。
午後1時からは1階レッドコートにて開会式が行われました。開会式ではアンダーグラフの真戸原直人さんによるスペシャルソロライブも開催され、会場は大変盛り上がりました。
その後は午後3時より4階MOVIX八尾 シアター9にて入選作品の上映会が始まりました。厳正な審査によって選ばれた「やお観光PR映画部門」「フリー映画部門」での各10作品に加えて『八尾っ子映画祭』において上映された八尾市内の小中学生が作り上げた作品の特別上映が6作品、合計26作品が上映されました。チケットは完売で、会場は満員でした。
午後6時からレッドコートで行われた授賞式では、全ての部門から八尾市長賞がひとつと、それぞれの部門からグランプリと最優秀俳優賞がひとつずつ選ばれました。

◇八尾市長賞
「ハブラシ」監督:端野昭彦

☆やお観光PR映画部門 グランプリ
「1945年3月」監督:宇野潤
☆やお観光PR映画部門 最優秀俳優賞
「Heart Warming City YAO 〜おかえり〜」監督:高山比登子

★フリー映画部門 グランプリ
「風鈴華山〜Merry X'mas In Summer〜」監督:木島康博
★フリー映画部門 最優秀俳優賞
「あの子の秘密」監督:片岡けんた

やお観光PR映画部門 グランプリに選ばれた宇野潤監督の「1945年3月」はMOVIX八尾の全スクリーンの幕間にて期間限定で上映されます。映画を観に行かれた際には、本編前のスクリーンにも注目です。


担当:津田滉介


-NPOYaoITS-