01.11.金  
第9回 世代間交流もちつき大会
本日、午前9時から安中老人福祉センターにて
「第9回 世代間交流もちつき大会」が行われました。

今日は比較的暖かくとても良い天気の中、開会の挨拶があり、9時30分頃から餅つきが始まりました。

炊き上がった熱々のもち米を臼にうつし、参加者の皆さんが交代しながら力強くつき、お餅が出来上がっていきます。辺りにはもち米やエビのとても良い香りが広がっていました!田中誠太八尾市長もかけつけ、もちつきに参加されていました。

出来上がったおもちは中に運ばれ、手際よく丸められていきます。今年も白餅、エビ餅、あんこ餅、エビあんこ餅の4種類でした。

午前10時頃には安中幼稚園の園児たちが来て、もちつきに参加しました。子ども達は2組に分かれ、片方はもちつきを、もう片方は紙芝居や人形劇を楽しみました。
もちつきの時には「よいしょー!」と元気いっぱいで楽しそうに掛け声をしていましたよ。

たくさん楽しんだ子ども達はジュースとおもちをお土産に貰っていました。園児たちが帰る時、可愛らしく手を振る姿を、周りのおじいちゃんおばあちゃんも笑顔で手を振り、見送っていました。

今回、平成最後の世代間交流もちつき大会で来年は新しい元号のもと行われます。
来年も開催されるのが楽しみですね♪

担当:中野 葵夕


-NPOYaoITS-