01.20.日  
フェスタ長池
長池小学校の体育館・運動場にて、「フェスタ長池」が開催されました(午前10時〜午後3時頃まで)。
(共催:長池小学校区まちづくり協議会・長池地区福祉委員会)

この催しは、地域住民のふれあい、交流を図るために行われているもので、チケットを購入して楽しめる遊びや模擬店、無料のクラフトなどが用意されています。

開始時間の午前10時前には、チケット売り場には子どもたちの長〜い列ができていました。
それは、「雨なのでみんな来てくれるかな?」と少し心配していたまち協の方々もびっくりするほどで、にぎやかになりました。


10時にチケットを買って、子どもたちが最初に走っていくのが、「くじ引き」のコーナー。おもちゃが当たるということで、こちらもさっそく列になっていました。

体育館内では「お菓子釣り」「クロリティ(輪投げ)」「ペンシルバルーン」など。「割りばし鉄砲」のコーナーでは、子どもたちはまち協の方々から作り方を教えてもらって、出来た割りばし鉄砲での射的を楽しんでいました。

今日は朝から昼頃まで雨が降り続き、また、時々強く降ることもありましたが、皆グラウンドにも傘をさしながら出て行ってテントの下に入り、もらったおもちゃで早速遊んでいました。

グラウンドの一角で行われていた「ももあげ」の回数を競うゲームでは、「オレが最高記録を作る!」といった勇ましい声が。女の子もがんばって挑戦していましたよ。

午前11時からはグラウンドのテントでおにぎりやおでん、焼き芋などの販売が始まります。
おいしそうなにおいが漂ってきて、走り回ってお腹がすいてきた子どもたちは、開店前の模擬店をのぞき込んでいました。


ブログ取材担当:松本真理



01.20.日  
すまい省エネ相談会
本日午前11時から、アリオ八尾2Fブルーコートで八尾市主催「すまい省エネ相談会」が開催されています。

「楽しく省エネ」「快適ZEH」の2つをポイントとし、八尾市内のZEHビルダーの中から株式会社関本工務店、有限会社ファーストプランテクノ、泉北ホーム株式会社近鉄八尾店、株式会社シーキューブ、大和ハウス工業株式会社大阪中央支店、株式会社プライムライフが協力してZEHの展示&相談会を実施しています。

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で住まいの断熱性・省エネ性能の向上、太陽光発電などでエネルギーを創り出すことにより年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロ以上にすることを目的とした住宅。
ZEHは2020年までに標準的な新築住宅とすることを目指し、2030年には新築住宅の平均での実現を目指しています。
専門家に気軽に相談でき、参加者には粗品もプレゼント。

他にも「楽しく省エネ相談会」ということで、省エネ専門家の省エネ診断で自分のエコライフへの取り組み度、大阪市の標準の光熱費やガソリン代の比較、二酸化炭素排出量などを知ることが出来ます。
エコチェックシートで省エネのための取り組みを改善しやすくなりますので、お家で何に気を付ければもっと地球環境に優しく、お得に生活できるのかを確認してみて下さい。
こちらも参加で粗品が貰えますよ。

また、ZEH展示相談会の一角にはお子さんでも参加できる「手回し発電コーナー」も。
ハンドルを回してうさおくんのお家の電気を作ります。
これがやってみると想像以上に大変で…。
LEDの電気、扇風機などは簡単に電気が供給出来るんですが、スマホの充電や白熱球を点灯させるとなるとかなり頑張って回さないと電気が安定供給されてくれません。
発電がどれだけ大変かということや、LEDなどのエコなものに変えた方が電気代もお得になるというのが身を持って体験できます。
これをやると、電気つけっぱなしのお子さんが大変さが分かってつけっぱなしを止めることもあるそうですよ。

全て無料で参加できますので、お買い物がてらお気軽にご参加下さい。
「すまい省エネ相談会」は本日午後5時まで開催されています!


ブログ取材担当:畔地祐希



01.20.日  
亀井地区「ふれあい おたのしみの集い」
本日午前11時から、亀井小学校区集会所で亀楽会・小地域ネットワーク活動主催「ふれあい おたのしみの集い」が行われました。

亀楽会・小地域ネットワーク活動合同での開催で同じ亀井地区に住む高齢者の方々がお互いに理解や親睦を深め合う会として行なわれています。

始めに亀楽会村井一博会長、来賓の方からご挨拶がありました。村井会長より「一人暮らしの話す場としてこれからも続け、元気な地域づくりにしていきましょう。」とお話されました。

挨拶の後はお楽しみの演芸がスタート♪

ギターとアコーディオンのような楽器”コンサティーナ”の演奏で「四季の歌」「たき火」「青い山脈」など7曲歌いました。

その後、用意していただいたお弁当を、世間話や近況報告をしながら美味しく頂いてました。

今年も商品券やお米が当たるビンゴ大会がありましたよ。来賓の方も役員の方、全員参加のビンゴ大会!田中誠太八尾市長も来られ、皆さんと一緒に楽しまれていました(*^。^*)

亀井地区福祉委員会副委員長の閉会の言葉で、今年も笑いにあふれた楽しい「ふれあい おたのしみの集い」となりました!

*この模様は2月6日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します。

取材担当:川口とも



01.20.日  
平成30年度こどもまつり〜久宝寺地区
本日午前8時30分から、久宝寺小学校体育館で「平成30年度こどもまつり」が行われました。

こども会・教室に所属されているおこさんがダンスなどを舞台で発表します。司会もこども達が務めますよ!

始めに、久宝寺育成会会長、来賓の方の挨拶がありました。久宝寺コミセン、まちなみセンター、地域の方など多くの来賓の方が来てくださいました。

久宝寺小・中学校の校長先生、久宝寺幼稚園の園長先生から子どもたちに「がんばってください!」とエールをおくられていました。

お揃いの衣装や難しいダンス、楽しい演出と工夫もいろいろありとても楽しいステージです♪

久宝寺剣道教室の発表は、練習の型を披露してくれました。機敏な動きと気合の入った掛け声にみなさん拍手をおくられていました。

発表は採点があり、各賞が決まるのでみなさん真剣です!出番前に練習したり、輪を組み団結し、練習の成果を元気に発揮していましたよ。

後半は久宝寺中学校吹奏楽部の演奏からスタートしました。今日はOG・OBも参加され応援も多かったですよ!
今年も美園地区の子どもたちも参加され、会場はとっても賑やかでした♪

この後、各賞の発表・表彰、各地区こども会長表彰があり、閉会のことばで終了しました。
ご家族の方や先生方が見守り、がんばった子どもたちに大きな拍手が送られました(*^_^*)

*この模様は2月13日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します!

取材担当:川口とも



01.20.日  
学生目線の企業の魅力ワークショップFES!2日目〜ヤオリンピック
近鉄八尾駅から徒歩4分にあるLINOAS(リノアス)8階「みせるばやお」では、企業が様々なものづくりワークショップや展示を開催しています。
子供から大人まで「おっ!」と驚くワクワク体験ができ、知らないものづくりのスゴさ、おもしろさに触れることのできる『ものづくりエンターテイメント』の場です!

昨日から「学生目線の企業の魅力ワークショップFES!」が行われています。

みせるばやお×近畿大学プロジェクト 近畿大学経営学部文能ゼミとみせるばやおの中小企業13社がコラボレーションし、学生が企業について学び、感じた魅力を多くの子どもたちに知ってもらえるようなワークショップを開催!

さて、今日は午後からお邪魔してきました♪
私が取材させて頂いたのは、午後3時〜近畿大学×錦城護謨株式会社のワークショップ「ヤオリンピック」です。

錦城株式会社は電化製品内臓のゴムや水中眼鏡のゴム、パラリンピックに使われているゴムを製作しています。
そこで、近大生が子供たちのために 遊び+学びのワークショップを考えました!

始めに、近大のことについて。近大と言えば”マグロ”ですね!そこで2人のチームを作り名前を決めました。決まったチーム名は「絵描きマグロ」「なんでもマグロ」「すみっこぐらしマグロ」。今日はこのチームでゲームを楽しみました。

パラスポーツについて学ンだ後、椅子に座って”ボッチャ”を体験したり、点字用ブロックに使うゴム板と杖を使った”色取りゲーム”をしました。

最後に錦城護謨株式会社さんの仕事の内容を紹介し、ワークショップが終了しました。
「近大生が楽しい企画を一生懸命考えてくれました。お子さんも楽しんで学んでくれてよかったです。」と社長がお話してくださいました。

同じ時間帯、他にもワークショップが行われていました。
・ラピス株式会社「今日から君も歯ぶらし職人!」
歯ぶらしの植毛や毛切りを体験し、オリジナルの歯ぶらしを製作するワークショップ

・株式会社友安製作所「ぬりぬり!べたべた!作ろう!黒板写真立て」
好きな色を作り、自由に絵を書き込んだオリジナルの写真立て作り。

どのワークショップも作る喜びとお子様の笑顔がいっぱいでした。近畿大学生も子どもたちについてあげたり、盛り上げたり、企業さんのことについて学ばれたり、これからに繋がる経験をされたようです(#^.^#)

*この模様は2月8日(金)はっぴいくれよん金曜日「街角レポート」で放送します。

取材担当:川口とも



01.20.日  
第35回八尾市ダブルス卓球選手権大会(中学2年生以下の部)
本日、午前9時から八尾市立総合体育館ウイングにて「第35回八尾市ダブルス卓球選手権大会」が開催されました。

メインアリーナで一般の部、サブアリーナで中学2年生以下の部が行われています。

まずはサブアリーナの様子です。開会式を前に選手の皆さんウォーミングアップに余念がありません。会場には規則正しいラリーの音が響いていました。

開会式では、開会のご挨拶、注意事項などの説明が行われています。
開会式終了後、すぐに試合へと移っていきます。

一生懸命戦う選手たち、チームメイトも周りでその姿を見守っていました。

最後まで普段の練習の成果を発揮し、頑張ってください。

ブログ取材担当:木坂浩三



01.20.日  
第35回八尾市ダブルス卓球選手権大会(一般の部)
ここからは、メインアリーナで行われた一般の部の様子です。

一般の部は、女子ダブルスは、選手二人の年齢の合計が120歳以上の部と一般の部、
男子ダブルスは、年齢の合計が110歳以上の部と一般の部、
ミックスは、年齢の合計が110歳以上の部と一般の部に分かれて試合が行われています。

一瞬の攻防が続く卓球の試合、見ている側も目が離せません。ダブルスは交互にボールを打っていきますがお互いがうまくカバーしあい得点を重ねていらっしゃいました。

幅広い年代の方が参加されていて、年代を問わず競い合う事の出来るところが卓球の魅力であり面白いところだと思います。

悔いの無いよう、思いっきり大会を楽しんでください。健闘を祈っています。

取材担当:木坂浩三



01.20.日  
高安西地区 お食事会
本日、午前11時から高安西地区集会所にて「お食事会」が開かれました。

この日、雨の影響で毎年恒例となっている「寒中山登り」が中止となった高安西地区。
参加者を招いての「お食事会」で身体の温まるおいしい豚汁が振る舞われています。

時間になって少しずつ訪れる、子ども達とその保護者の方々、お昼が近づくにつれその数は増えていきとても賑やかな「お食事会」となりました。

「寒中山登り」が中止になり、残念がっていた子ども達も皆で一緒に食事をし交流できる時間を満喫し、楽しい時間を過ごせています。

ブログ取材担当:木坂浩三



01.20.日  
資料館歴史講座 「称徳天皇の理想を実現した由義宮」
平成30年度の「資料館歴史講座」は「道鏡と奈良仏教」ついて。

講座の第4回目が、本日午後1時30分から3時まで、八尾市立歴史民俗資料館横の高安コミセン2階でひらかれました。

テーマは「称徳天皇の理想を実現した由義宮」。講師は柏原市立歴史資料館の安村俊史館長です。
旬の話題ということもあって、会場は満員でした。

昨年2月13日に国史跡に指定された「由義寺跡」。
続日本紀に記述があるだけでその所在が分かりませんでしたが、調査・研究により少しずつ由義寺・由義宮に近付いていっているようです。

安村さんの講演では、記述を丁寧に追っていき、称徳天皇が道鏡とかかわる前から弓削の地に親しんでいたであろうこと、仏教への篤い信仰をお持ちであったことなどが説明されました。

また、安村さんの見解として、文書に記載のある、7世紀に既にあった弓削氏の氏寺「弓削寺」が、「由義寺」と名称を変えられ、その東に7重の塔(今回国史跡に指定された基壇)が建立されたのではないかとのことでした。

つづいて、由義宮の位置や西京の範囲についてなど、これまでの案を様々な角度から検証していきました。

まとめとして、由義宮は称徳天皇が道鏡を寵愛したから出身地である弓削に建てた・・・、というだけの単純な理由ではなく、弓削とほど近い大県郡をはじめとする渡来系の仏教に深く帰依した人々の協力も得て、氏族・政治とはなれた理想の「仏都」を造営しようと考えていたのではないかとのことでした。

安村さん独自の視点にたってのお話しは非常に興味深く、聞き入っているうちに1時間半の講演はあっという間に終わりました。
講演のあと質疑応答があり、第4回資料館歴史講座は終了しました。


次回・第5回目の資料館歴史講座は2月11日(月・祝)で、テーマは「由義寺の東大寺軒瓦と東大寺の瓦」。講師は奈良県立橿原考古学研究所指導研究員の廣岡孝信さんです。


ブログ取材担当:松本真理



01.20.日  
みんなにやさしい避難所モデルの公開
本日、午後1時から久宝寺コミュニティーセンターにて「みんなにやさしい避難所モデルの公開」が行われました。

長期化する可能性のある避難所で生活。みんなにやさしい避難所となるよう、女性の目線で避難所には何が必要なのか考える避難所ワークショップで学んできたことを「避難所モデル」としてこの日公開しました。

午前中に、避難食づくりなどを実践しむかえた午後1時、久宝寺コミセンの2階に作られた避難所モデルを見学するため市民の皆さんがやってきます。

避難所モデルは、実際にダンボールで出来た仕切りやベッドなどを組み立て、災害時避難所がどのように設営されているのかをしっかり見ることができます。

その避難所には、男女で分けられた洗濯ものを干す場所や授乳室などプライバシーに配慮した場所も設けられていました。

その他、簡易トイレの展示や避難所での生活を考える展示コーナーなど、避難所への理解が深まる時間となりました。

災害が起こった時、皆さんが避難した先でどう生活していくのか、自分自身の事として考えることはとても大切です。男女問わず関心を持っていただきたいと思います。

2月4日(月)には八尾商工会議所3階大ホールで午後1時から「防災に女性と若い世代を〜危機管理・防災講演会〜」が開かれます。そちらにもぜひご参加下さい。申し込みは不要、当日直接会場へお越しください。

また、講演会の模様は、FMちゃおにて防災特別番組として3月中旬ごろ放送予定です。そちらもお楽しみに。

取材担当:木坂浩三



01.20.日  
新春企画 こどものためのお茶会
皆さんこんにちは!伊藤敦奈です。
本日は安中新田会所跡 旧上田家住宅で行われた「新春企画 こどものためのお茶会」にお邪魔しました。

毎年行われているこのお茶会は4歳のお子さんから中学生までを対象としたともので、お茶の作法(お点前)を体験しながらお茶とお菓子を味わう事が出来るものです。

午前10時、11時、午後1時の3回に分けて行われ、今回は午前10時の回を取材させて頂きました。
事前の申し込みから沢山のお子さんとそのご家族が集まっておられました。

まず最初に教わるのはお茶室の入り方。
しっかり正座で挨拶をしてから皆さん順に席についていかれます。

小さな手でもつまめるサイズのお菓子と一煎目のお茶をいただき、一連の作法を学んだところで二煎目は自分でお茶を点てて飲みます。

お菓子を頂いた後の懐紙の使い方や、お茶を頂く際に挨拶をするであったりと、昨年も体験ししっかり作法を覚えておられたお子さんは思い出しながらお茶を頂き、また今回初めて参加するお子さんは先生にゆっくり教えてもらいながら最後までお茶会を楽しんでおられました。

しっかり和装で参加されたお子さんも見られ、お茶会はとても華やかな雰囲気で行われました。


ブログ取材担当:伊藤 敦奈



01.20.日  
まち歩き&古民家活用の講演会
続いては「まち歩き&古民家活用の講演会」にお邪魔しました。

この事業は高安エリアのまち歩きと、古民家を再生した取り組みを実際にされている方に話を聞き、空き家活用の可能性について一緒に考えようというものです

午後12時45分に服部川駅に集まった参加者はマイクロバスに乗り、玉祖神社へ移動します。
そこでは今回の主催である八尾市住宅政策課の方からの挨拶のがあり、早速「古民家数戸を訪ねる“まち歩き”」からスタート。
八尾市の中でも特にこの高安地域には古民家が集中しているそうで、今回はその中から4ヶ所ほどを見て回りました。
その内のいくつかは春からの居住に向けてまさに古民家のリフォームをしておられるお宅や、一から自分の手で古民家をリフォームし、現在も住んでおられるお宅にもお邪魔しました。
参加者の皆さんは家主の方のお話に感心したり、色々質問したりとても積極的でした。

最後は茶吉庵での講演会。
ちなみにこの茶吉庵もまさに古民家を再生して設立された場所です。
講演会では古民家をはじめ、空き家を利用しての様々な活動と暮らしを実践されている4名の方から、具体的な内容や活用するまでのいきさつ、苦労された事や古民家や空き家に対する思い等をお話頂きました。

こちらについて詳しくは2月8日(金)午後12時「情報プラザやお」にて放送します。
(再放送:午後7時、11時)



取材担当:伊藤 敦奈



01.20.日  
中河内地域労働組合 2019年度(第16回)定期大会
本日、午後2時から八尾労連事務所にて「中河内地域労働組合 2019年度(第16回)定期大会」が開催されました。

議長・執行委員長挨拶ののち、2018年度の報告、監査、2019年度の活動方針などが発表・上程され、全会一致で議決されました。

昨年度は労働相談自体が減少しているそうですが、職場環境が充実しない企業も多くあるそうです。労働者の権利を守る活動を今年度も目指し、しっかり活動を継続していくことを確認して大会が無事終了いたしました。

また、中河内地域労組はひとりでも加入できる労働組合です。労働相談などのお問合せは、お気軽に下記までご連絡をどうぞ。

072−922−5328
(八尾市山城町1−2−32)事務局まで

ブログ取材:鈴木昌宏



01.20.日  
大和川耐寒マラソンウォーキング大会
本日、午前9時半より『大和川耐寒マラソンウォーキング大会』が大和川河川敷にて開催されました。
雨が降っていたものの、なんと参加者は60名!集合場所の大正橋下には大人から子どもまで幅広い年齢の方が集まりました。

コースは大和川が流れていく方を見て左側。どこまでも続くように見える河川敷がコースです。まっすぐ一直線に伸びた道はマラソンやウォーキングなどの運動にはもってこいの場所です。距離は小学生高学年以上・大人が片道およそ2キロ。往路、復路合わせて計4キロのコースとなっています。小学生低学年のコースは小学生高学年以上・大人コースのおよそ半分です。

準備体操の後、9時50分頃に大会がスタート!マラソンの参加者が一斉に走り出し、ウォーキングの参加者が後を追うようにスタートしました。
景色を楽しみながら、参加者の皆さん全員がゴールしました。ゴールした後は集合場所の大正橋下に戻り、そこではワカメご飯と温かいみそ汁とが振舞われました。モリモリ食べてすぐおかわりをするお子さんもいらっしゃいました。

雨にも負けない元気で、大人から子どもまで和気あいあいと楽しむことが出来た耐寒マラソンウォーキング大会でした。


ブログ取材担当:津田滉介



01.20.日  
八尾神社 おもちつき
八尾神社では午前9時よりおもちつきが行われました!

生憎の雨模様ではありましたが、テントの下では熱々の蒸したもち米を大人が力いっぱい次々とついていきます。

それを女性陣が丸めて味付けて、来られた方々に振る舞っていきます。
今回はぜんざいときな粉餅の2種類が用意されました(^^)
来られたお子さんやそのご家族はつきたてのお餅を味わった後、用意された工作&遊びコーナーで楽しく遊んでおられました。
工作では紙で作る竹トンボのようなものや紙相撲、遊びコーナーはスーパーボールすくいなどが用意されていました。

皆さん、お餅はお正月から沢山召し上がられていたとは思いますが、やはり臼と杵でつく出来立てのお餅の美味しさはまた格別ですね!

会場となった八尾神社では2月3日(日)に「節分祭」が午後1時から行われる予定です。
甘酒も頂けるとの事なのでぜひ皆さんお越し下さい。


ブログ取材担当:担当:伊藤 敦奈



01.20.日  
情報プラザやお「ドラマチックラジオ」収録(2月4日放送分)
本日 FMちゃおリオスタにて、来月2月4日(月)に放送予定の『情報プラザやお♪八尾の通行人の★ドラマチックラジオ』の収録がありました。同番組では現在活躍中のアーティストをご紹介しています!

今回のゲストは「Satoco(サトコ)」さんです。

Satocoさんはライブの出演や主催を重ねながら活動されています。力強く心に響く曲を番組では2曲お届けします。
さらに来月2月24日(日)に心斎橋にあるライブハウスL'ecrin(レカン)でのライブに出演される予定です。詳細はSatocoさんのTwitter、Instagramで随時発表されます!お楽しみに!^^

---------------------------------------
放送日時:2月4日(月)正午〜
(再放送・同日午後7時〜/午後11時〜)
---------------------------------------

担当:津田滉介


-NPOYaoITS-