01.26.土  
第9回八尾農免農道環境美化活動
本日、午前10時から「第9回八尾農免環境美化活動」が行われました。

この環境美化活動は、自然とみどりにあふれた農免農道を、市民、各種団体などが連携し、清掃、緑化活動を行うことにより、環境美化意識の高揚を図り、市民と行政による協働のまちづくりを進めていくことを目的に実施されています。

参加者の皆さんは、まず玉祖神社に集合し、受付を行います。その際。A〜Cの3つのコースを選び、清掃活動を実施していきます。

それぞれのコースへの出発を前に開会式が行われ、田中誠太八尾市長からご挨拶頂きました。

その後、コースごとに作業の注意点を説明してもらい清掃活動開始。Aコースは、玉祖神社から神立配水池まで、Bコースは箕ノ渕池から岩崎恭建設から来迎寺まで。今回はCコースを清掃する皆さんと一緒にゴミを拾わせてもらいました。

空き缶やたばこの吸い殻など見逃さない様注意深く見ながら進んでいきます。
道中、植樹されている桜の根元にチップを散布する作業も並行して進めていきました。

来迎寺までたどり着き、集められてあゴミを見れば綺麗にすることが出来た満足感がありました。

平成22年から始まった八尾農免農道環境美化活動。今年も沢山の方の協力により無事清掃活動を行うことが出来ました。

暖かくなり、ハイキングに出かける皆さんも農免農道を通った時、気持ちよく歩くことが出来る事でしょう。

取材担当:木坂浩三



01.26.土  
西郡のまちづくり新年会2019
本日午前11時から、桂人権コミュニティーセンター2階集会室で西郡まちづくり協議会主催「西郡のまちづくり新年会2019」が行われました。

「西郡まちづくり協議会」「八尾市(8部局)」「近畿大学」「八尾市人権協会」の4者で構成する”西郡のまちづくり4者会議は、わがまち推進計画を具体的に進めていく会議体として発足しました。

田中誠太八尾市長、中山晶子教育委員長、他来賓の方々、地区の学校の先生方、施設の方、地域の方と100名以上が参加されました。

始めに吉村会長、田中誠太八尾市長よりご挨拶がありました。

西郡地区は40%の高齢化、住民の多くが公営住宅にお住まいでその老朽化による建て替え事業、若い方との交流として近畿大学生との事業他、地域の課題に取り組んでいます。

団地では”長寿命化計画”と題し、多くの方たちが長く住んでもらえる計画を進めています。

西郡の憩いの場である「幸第2公園」では、より地域に根ざした公園をめざして2004年度からワークショップを行い、整備が始まっています。前回のシンポジウムからアンケート調査を行い、その結果に基づき一部整備(案)について話し合いました。

行政の方を交え、普段気づかれた事、問題点など上げていき今後の公園整備「新たな公園の魅力」に繋げていきます。

会場は懇親会のために、前日から仕込んだおでんが大きな鍋にコトコトと美味しい匂いが広がっていました。

お昼12時頃、みなさんで乾杯し熱々のおでんを頂きながら、今後の西郡のまちづくりについてお話されているようでした。

高齢化、建物の老朽化は西郡地区に限った事ではありません。今後地域ごとに同じような課題が上がるのではないでしょうか?西郡では新たに建て替える・作るだけでなく、誰もが住みたいと思える地元のまちづくり、活気ある地区をめざしています。様々な方が力を注ぐ姿に、変わっていく”まち”が見えた気がします。

*この模様は2月20日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します。

取材担当:川口 とも



01.26.土  
八尾市民住まいづくり祭り
本日と明日の2日間、八尾市文化会館プリズムホール3階で株式会社シーキューブ主催の「八尾市民住まいづくり祭り」を開催しています。

この催しは、八尾市民のための市民による住まいの祭典で、新築やリフォームを考えている方に必見の情報がたっぷりつまったお祭りです。

会場には、協賛メーカーさんも多く参加され、フローリング素材、日よけ素材の展示や省エネ・地震対策に関する商品の展示と一度に商品を見比べて自分に合ったメーカーさんを知ることができます。

会場に入ると、フローリング素材に使われる様々な種類の木材の展示がありました。中には、”屋久島地杉”がありとても良い香りの木材です。フローリング素材にもいろいろあるのですね。木の持つ柄や香りに包まれた家を想像してしまいました(#^.^#)

他にもリフォームシュミレーション、水回り特価品(限定)、住まいづくりの無料相談コーナーもあります!

知って得する「お役立ちセミナー」では、皆様の興味のあること、知りたいことの内容です。
14時から行われた「建て替えか?リフォームか?セミナー」に参加してきました。建築士・住宅アドバイザーの方が、建て替え・リフォームのメリット、デメリットから、必要な基準・診断・申請、予算の考え方のお話まで聞く事が出来ました。考えている方には重要なポイントがぎっしり詰まった内容で、参加された方のご希望を聞きながらのセミナーでした。

26日(土)午後3時〜「水回りセミナー」午後4時〜「土地探しセミナー」を開催!資格を持った専門士から教えて頂くセミナーで、明日も開催します!

27日(日)のセミナーは、午前11時〜「外装塗装セミナー」12時30分〜「資金計画セミナー」午後2時〜「土地探しセミナー」午後3時〜「間取りセミナー」です。
セミナーを受講された方には、家づくりの教科書をプレゼント!

また、ご来場の方には商品券やお米券などが当たる、はずれ無しの大抽選会に参加できますよ。

お子さまが遊べるスペースも設けていますので、ご家族でおでかけください♪

「八尾市民住まいづくり祭り」
1月26日(土)午前10時〜午後5時
1月27日(日)午前10時〜午後4時
八尾市文化会館プリズムホール3階展示室

*本日お昼のイベント情報で放送しました。

ブログ取材担当:川口とも



01.26.土  
2019ビブリオバトル IN 八尾図書館
本日、14時より『2019ビブリオバトル IN 八尾図書館』が八尾市立八尾図書館3階の集会室にて開催されました。
ビブリオバトルとはゲーム形式で行う書評合戦です。自分が読んで面白かった本や感動した本を持って集まり、1人5分の持ち時間で決められたテーマの本を紹介をします。本の紹介をする人をバトラーといいます。全ての発表終了後に、バトラーと観戦者で一番読みたくなった本に投票して「チャンプ本」を決めます。今回は5人の女性バトラーに加えて、私 FMちゃおの津田滉介もバトラーの1人として参加させていただきました。紹介する本のテーマは“中学・高校生におすすめの本”です。

@深川さん“貴志祐介「新世界より」”
A酒井さん“コリン・ソルター「美しい人体図鑑」”
B森川さん“西尾維新「掟上今日子の備忘録」”
C乾さん“星野道夫「アラスカの詩 めぐる季節の物語」”
D武田さん“山本周五郎「さぶ」”
E津田“山田風太郎「甲賀忍法帖」”

バトラーは原稿や資料を一切持たず、本だけを手に発表を行わなければなりません。最初は不安な気持ちで前に出ますが、発表を始めるとあっという間に過ぎてしまう5分。バトラー皆さんの本に対する愛が感じられました。
そして「チャンプ本」を決める投票では、なんと同率1位の本が3冊という大接戦!決戦投票に持ち込まれ「チャンプ本」に選ばれたのは......

武田さんの“山本周五郎「さぶ」”でした。
武田さんは笑顔で「ありがとうございます。この賞はこの本にあげたい。」と仰っていました。
最後に武田さんには花が飾り付けられた色紙と、バトラー全員に猫の栞が贈呈されました。

自分ではあまり読むことのないジャンルの本でも、気になって読みたくなる。いろんな本を知ることが出来る。そんなビブリオバトルでした。
次回は「チャンプ本」に選ばれるよう頑張りたいと思います!


取材担当:津田滉介



01.26.土  
2019年 八尾ロボットフェア ロボット審査会
本日午後1時頃から、八尾市立生涯学習センター大会議室で今年の八尾ロボットコンテストのプレ大会である「ロボット審査会」が開かれました。

参加する10チームが製作中の出場ロボットを持ち寄り、寸法など大会規定に違反している部分はないかチェックを受けてから実際に使う競技場でテストを重ねていきます。

今回の競技は「若ごぼう収穫祭」。
春を告げる八尾名物・若ごぼうを模したオブジェを畑オブジェから引き抜いて自分のコンテナに収穫していきます。
競技時間3分でより多くの若ごぼうを収穫したチームの勝利。
大会はトーナメント形式で進められていきます。

参加チームは若ごぼうの素材やサイズ、引き抜き加減を確認しながらその場でプログラムやロボットの機能を修正して綿密に調整されていました。

午後4時頃まで審査会は行われ、抽選で大会当日の組み合わせ、諸注意なども受けて解散。

「第11回 八尾ロボットフェア2019」は、2月16日(土)の午後1時から午後4時30分まで、アリオ八尾1Fレッドコートイベント広場で開催されます。
当日はアリオ八尾3Fブルーコートで午前10時30分から午後3時まで「ロボット展示体験」も実施。(お昼12時から午後1時の間は休憩)
無料で観戦・体験が出来ますので当日はぜひご参加下さい。


ブログ取材担当:畔地祐希



01.26.土  
龍華図書館「ぬいぐるみおとまり会」
本日、午後3時30分から龍華図書館2階「おはなし室」にて「ぬいぐるみのおとまり会」が開かれました。

子どもたちが大切にしている、ぬいぐるみたちを図書館に一晩お泊りさせるこのイベント。それぞれの大好きなぬいぐるみを持って今回は20名の子ども達が参加してくれました。

「ぬいぐるみのおとまり会」、まずはぬいぐるみと一緒に絵本を読み聞かせてもらいます。
お話しが進むにつれお話しに集中していく子供たち、間に手遊びもして楽しく遊びました。

次は、ぬいぐるみ達のお夜食を作ります。紙皿にケーキやおにぎり等、様々な絵を貼っていきメッセージつけてお夜食の完成です。一緒にお手紙も書きました。一生懸命「すぐ迎えに来るからね」や「みんなで遊んでね」とぬいぐるみ達へあてたメッセージからは大切なぬいぐるみへの子どもたちの温かい思いが伝わってきました。

最後に、お布団にぬいぐるみ達を寝かせ、頭の上にお夜食とお手紙を置いて子どもたちは図書館を後にしました。

この後、ぬいぐるみ達は少し眠った後、龍華図書館の中を探検します。その様子は龍華図書館のFacebookで公開されます。お家でぬいぐるみ達の楽しそうな姿を見てあげてくださいね。

そして、明日の午後1時、ぬいぐるみ達を元気に迎えに来てあげて下さい♪

ブログ取材担当:木坂浩三



01.26.土  
百人一首を楽しもう! お話「百人一首と歌謡ー高安・松風ー」と競技かるた実演・かるたとり【山本図書館】
山本図書館による『百人一首を楽しもう!お話「百人一首と歌謡‐高安・松風‐」と競技かるた実演・かるたとり』が、山本コミュニティセンター4階和室にてひらかれました(午後1時〜3時頃)。

内容は、百人一首についてのお話しと、競技かるたのデモンストレーション、そして参加者でのかるたとりです。

坂上弘子さんによるお話しは、百人一首の説明と、百人一首の中から中納言行平(在原行平)と在原業平朝臣(在原業平・行平の異母弟)の歌についてでした。

行平は須磨で蟄居を命じられた際、村長の姉妹を松風・村雨と名付け寵愛しますが、蟄居が解かれると二人をおいて京へ帰ってしまいます。その後の二人を描いた謡曲「松風」についてご紹介して頂きました。

また、八尾市では、謡曲「井筒」「高安」の在原業平のお話が有名ですね。

今回の催しの対象は基本的に15歳以上でしたが、小学生のお子さんも来場されていたので、かみくだいてご説明されていました。
坂上さんのお話しは30分ほど。
続いて、競技かるたの実演へとうつりました。

競技の特徴やルールについて詳しく教えて頂きながらの実演でした。
詠み手は大学院生でA級四段のわたなべさん。
実演は大学生で、B級三段のたぐちさんとC級初段のよねださん。
ならべた札を覚え、詠み手の次の一音を聞き逃さぬよう集中する姿がとても凛々しく、美しかったです。
試合が始まると、その迫力に、みんな息をつめて見入っていました。

試合後の質疑応答では、参加者から積極的に手が上がり、みなさん競技かるたにこれまで以上に興味をもった様子でした。


午後2時30分頃からは、みんなでかるたとり♪
三つのグループにわかれて行いました。
そのうちの一つのグループ(お子さん方)では、二組に分かれて戦う源平合戦が。
どのグループも盛り上がっていましたよ。


初心者でも楽しめる「かるた」ですが、競技かるたの奥深さに感動した催しでした。


ブログ取材担当:松本真理



01.26.土  
八尾商工会議所青年部 創立30周年記念行事
本日正午より、プリズム大ホールにて「八尾商工会議所青年部創立30周年記念行事」が催されました。

行事は「式典」「講演」「祝賀会」の3部形式で開催され、3部は八尾商工会議所へ舞台を移し、華やかに開催されました。

開会宣言、国歌斉唱、青年部の歌斉唱、青年部綱領朗読、指針唱和、八尾市民憲章唱和などの後、八尾商工会議所青年部会長 美馬功之介氏からの挨拶、各来賓からのお祝いの言葉などが伝えられ、八尾商工会議所青年部では「初」となる八尾市への政策提言が田中誠太八尾市長へ手渡されました。

取材:鈴木昌宏



01.26.土  
八尾商工会議所青年部 創立30周年記念行事
第2部の講演会では、日本体育大学名誉教授の清原伸彦氏が「なぜ今、集団行動なのか〜真心とは〜」という演題で、様々な角度から教育、指導の在り方についてお話しをされました。また、講演の後に八尾児童合唱団&ハミールの記念コンサートも催され、爽やかなコーラスを披露いただきました。

八尾商工会議所大ホールで開催された第3部では、ご関係者・御来賓ならびに青年部OB各氏とともに鏡開きなどの演目があり、盛大な記念祝賀会となりました。

取材:鈴木昌宏


-NPOYaoITS-