01.29.火  
情報プラザやお 広報だより「あんなとこ、こんなこと」
情報プラザやお毎月第1金曜日は広報だより「あんなとこ、こんなこと」をお送りしています。

本日は、八尾市健康まちづくり部健康推進課健康政策室の横山雄介さんと同じく八尾市健康まちづくり部健康推進課兼山本出張所保健師の藤井仁美さんにお話を伺いました。
今回は「八尾市健康まちづくり宣言」や健康について教えていただきました。

八尾市では「みんなの健康をみんなで守る 市民が主役の健康まちづくり」を基本理念とした「健康日本21八尾第3期計画及び八尾市食育推進第2期計画」に基づき、みんなで行動することによって、地域全体が健康になる社会を目指しています。
平成26年3月に八尾市議会において「健康都市宣言」に関する決議案が可決され、さらに、八尾市の中核市移行に伴う保健所の設置を契機として、これまで地域とともに取り組んできた健康づくりをより一層推進するため、たくさんの市民の皆様にご意見をいただき、「八尾市健康まちづくり宣言」を策定しました。

八尾市健康まちづくり宣言、皆さん言えますか?
「わたしたち八尾市民は、 
 一 みんなの健康のため、みんなで力を合わせましょう
 一 健康でつながる、笑顔あふれるまちをつくりましょう
 一 日頃からいきいきと、こころやからだを動かしましょう
 一 歯を大切に、感謝して楽しくかしこく食べましょう
 一 健康に関心を持ち、健康づくりに取り組みましょう
」宣言の意義の詳細については、保健センター・市役所・各出張所などで配布していますので是非ご覧下さい。

☆放送日☆
2月1日金曜日 情報プラザやお
12時〜 午後7時〜、午後11時〜

収録担当:西山沙織



01.29.火  
玉祖神社 文化財防災訓練
本日、文化財防災デーにちなんで午前10時から八尾市神立にある玉祖神社にて、玉祖神社および周辺の文化財防災訓練が実施されました。

昭和24年1月26日に法隆寺金堂に描かれた日本最古の壁画が焼損し、その後も文化財の焼損が相次いだことから、昭和30年に1月26日を「文化財防災デー」とし、文化財を火災や震災等から保護するとともに、文化財保護思想の普及高揚を図ることを目的として定められたことにより、この時期に全国各地の文化財施設で実施されている訓練です。

まず玉祖神社関係者の方々が主体の通報、初期消火、避難訓練が行われ、皆さん落ち着いて状況説明や消火活動を行っておられました。

続いて消防職員、消防団員による消火、救出・救護訓練が行われました。
消防隊の方々の迅速な行動に、訓練と分かっていてもドキドキしました!

消防署の方は、火災という非日常の環境の中でパニックにならず冷静に対応するには、日頃の訓練が非常に大切です。と仰っていました。

火災で大切な文化財が失われないように、日頃から火の元には充分に注意しなくてはいけませんね。


取材担当:森山紗貴子



01.29.火  
HAPPYプログラムやお〜2回目〜
本日午後2時から、八尾商工会議所で「HAPPYプログラムやお」2回目を開催しました。

この「HAPPYプログラム」は国立病院機構肥前精神医療センターが開発したプログラムです。
女性の多量飲酒をする方の為に「お酒の量を減らしたい。」「自分ひとりでは減らせない。」を八尾市保健所がお手伝いする企画です。

3回連続の教室で、初日のプログラムは、
・飲酒習慣を自己判断しましょう
・飲酒日記をつけてみよう
健康ノートを使って、飲酒量の数値、WHO(世界医保険機構)が開発したAUDITで飲酒問題チェック、お酒の飲み方分析や各自の達成目標を立てました!

2回目のプログラムは、八尾市保健所の女性医師を講師にお迎えし「女性のためのお酒と体のお話」、”節度ある適度な飲酒””お酒の量と健康障害のリスク”などの内容です。女性の乳がん、能の病気にも影響するお話にはみなさん関心を持たれたようです。

アルコールは、依存性薬物、健康被害、アルコール依存症に繋がります。お酒の飲み過ぎは病気を引き起こす原因のひとつでもあります。早めの対処、生活習慣の見直しが自分の健康を保つ事へと繋がります。

1回目参加された方は、お酒の付き合い方が変わったそうです。今日から参加された方が成果を聞いて、刺激を受け目標を決められていました。

最後に、書道で節酒目標を書きました。各自の生活スタイルで無理のない目標を立てていらっしゃいました。また、カレンダーになっており、ペタッと見えるところに貼ることができます。

毎日日記を付け、目標に向かって頑張りましょう!

「HAPPYプログラムやお」3回目は2月27日(水)
・飲酒日記の振り返り
・ネイリストによるネイルアートで自分にご褒美!
の内容で開催します。

ブログ取材担当:川口とも



01.29.火  
くらし学習館フェスティバル
本日、午前10時から、八尾市立くらし学習館にて「くらし学習館フェスティバル」が行われました。

八尾市女性団体連合会 角田会長のご挨拶のあと、田中誠太八尾市長や日頃講座を行われている各方面の講師の方々がお話しをされ、10時半からバザーがスタート。大勢の関係者、市民のみなさんが来場され、熱気に包まれたフェスになりました!

午後からは、参加ご登録いただいたみなさんでカラオケ大会が開催されました。

ブログ取材:鈴木昌宏



01.29.火  
くらし学習館フェスティバル
午後1時からはくらし学習館2階会場で「カラオケ大会」を実施。約30名の皆さんが日頃鍛えた歌声を存分に披露されました☆

FMちゃおは音響でお手伝い(笑)!

お世辞抜きに!!みなさんとてもお上手!!
ギャラリーもたくさんご来場されて大盛況のカラオケ大会となりました!!またぜひみなさんのお歌聞かせてください!!

ブログ取材:鈴木昌宏



01.29.火  
上之島小校区 HUG(避難所運営ゲーム)体験
本日午後7時30分より、上之島小学校集会所にて「HUG(避難所運営ゲーム)」の体験が行われました。

HUGとは避難所運営ゲームの略で、様々な事情を抱えた方が避難所に避難してくる中、どのように避難所運営を行うかを皆で考えるためのひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。

いつどこで災害が発生するか分からない日本。
自らが避難所の運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いのかなどを学ぼうと福万寺南自主防災組織が主催、地域住民20名ほどが参加して行われました。

当日は八尾市危機管理課 防災対策係の野田勇さんを講師に迎え、最初にHUGについて、避難所運営のポイント・課題などの説明がありました。
その後、実際に体験がスタート。
『風邪をひいている人』『ペットを連れている人』『テントを持って来て校庭にはりたいと言っている人』など様々な想定のカードが示され、それぞれをどの場所に誘導するかや、毛布が届いた際の置き場所、報道の車対応などを4・5人ずつのグループで考えていきます。
全てのカードの配置を考えていくと2時間から3時間ほどかかるそうですが、この日は1時間ほどの体験となりました。

体験後、参加された住民からは「ゲームでは配置しているが、実際このように従ってくれるのか」「一度に人が来たとき対応できるか」などの感想が聞かれました。

ブログ取材担当:北山ヒロト


-NPOYaoITS-