02.02.土  
第4回 龍華地区素人作品展
本日、午前9時半頃より『第4回 龍華地区素人作品展(主催:龍華地区福祉委員会・龍華小学校区まちづくり協議会)』が龍華コミュニティセンター3階集会室にて開催されました。
この作品展は地域の皆さんが趣味で作られた物を発表する場として設けられたもので、毎年2月に開催されています。今回が4回目になります。

カバンやぬいぐるみの編み物、藍染め浴衣、プリザーブドフラワー、木彫り、トールペイントなどなど出展作品のジャンルは非常に幅広く“素人作品展”とは思えないほどクオリティの高いものが展示されています。
なかには般若心経を図で表したものや、洗濯ばさみを組み合わせて作った椅子のミニチュアという珍しい作品もありました。
会場には家族連れも多く、「帰ったら家で何か工作しよっか!」とお子さんに話しかける親御さんもいらっしゃいました。

『第4回 龍華地区素人作品展』は今日午後18時まで。明日3日(日)は9時半〜15時までの開催予定です。是非お立ち寄りください。


ブログ取材担当:津田滉介



02.02.土  
屋上メジロの観察会〜リサイクルセンター学習プラザ
本日午前8時45分から、リサイクルセンター学習プラザ「めぐる」の屋上で「屋上メジロの観察会」が初めて開催されました!

この時期になるとリサイクルセンター学習プラザの屋上にメジロのつがいが度々来ているそうです。

センター職員が餌や観察を続けていました。みなさんにも野生のメジロに触れてほしいと今回の企画に繋がったそうです。

観察会は屋上で行われます。朝方は寒かったですが、太陽が照ると暖かい陽気です!いつもきてくれる木に餌(みかん)があり、ついばんだ跡がありました。

メジロは何ヶ所か巡回しているそうで、この時間に来てくれるでしょうか?
参加された方は、野鳥をよく見に行かれたり、自然をめぐられるそうです。今まで八尾で出合った鳥のお話や昔の八尾の風景、環境のお話などをされながら、メジロに会えるのを待ちました。

八尾にはたくさんの鳥を観察できるそうです。早速空を見渡しながら探してみましたよ♪
カワウ、ムクドリを見ることができました。他にもこの辺りには、ハヤブサやハイタカなども観察できるそうです!

また、八尾のカラスやハトの種類など詳しいお話も聞く事ができました。

残念ながら、メジロには会えませんでしたが八尾の野鳥について学ぶことができた朝のひと時となりました(*^_^*)

ブログ取材担当:川口とも



02.02.土  
情報プラザやお「くらしを科学する」収録(2019年2月18日放送分)
情報プラザやお、毎月第3月曜日は「くらしを科学する」の時間です。
担当はアクアフレンズの美濃原弥恵さん。
今月のゲストは、映画監督の塩崎祥平さんと大阪府都市整備部事業管理室事業企画課長の松倉昌明さんです。

塩崎さんは現在公開中の「かぞくわり」の監督。奈良県を舞台とし、折口信夫の「死者の書」をベースに家族のあり方を描く作品です。
この映画は邦画でよくある製作委員会方式ではなく、映画のテーマに賛同した多くの方で有限責任事業組合を設立し、様々な分野の多くの方の協力で製作されています。
松倉さんも縁あってこの企画にボランティアで携わられています。

近畿ではTOHOシネマズ橿原のみで現在は公開されていますが、今後大阪でも公開されていくとのことでした。
監督のこの映画への想いや見所をたくさんお話頂いていますので、放送を聴いてぜひ劇場へお出掛け下さい。

今回の「環境一口メモ」のコーナーでは、アクアフレンズの竹内三千子さん、藤岡多喜子さんから「白菜」についてのお話。
白菜の美味しい料理のレシピや役立つ豆知識をご紹介されています。
こちらもお楽しみに!

放送は2月18日(月)お昼12時から、再放送が午後7時からと午後11時からです。


収録担当:畔地祐希



02.02.土  
山本図書館「春の子どもまつり」
本日、午後1時30分から山本コミュニティセンター4階集会室にて山本図書館「春の子どもまつり」が開催されました。

「人形劇 わかごぼう」と「人形劇サークル ダックス」の皆さんによる人形劇を見に子ども達が沢山集まりました。今回対象となるのは、小学生以下の子ども達。
「まだかなー」と人形劇が始まるのをワクワクしながら待っていました。

「せいぎのみかた ワンダーマンの巻」や「わかがえりのみず」を見せてもらい、人形の動きやセリフで子ども達はいい笑顔でお話を聞いていましたよ。

物語には、様々な教訓が含まれています。子ども達は楽しみながら様々な事を学んだ事でしょう。

また、人形劇の魅力も伝わったのではないでしょうか。

ブログ取材担当:木坂浩三


-NPOYaoITS-