03.02.土  
ウィズフェスタ2019
こんにちは!河野拓也です(^^)/

本日、午前9時30分〜午後4時40分まで安中青少年会館にて開催の、ウィズフェスタ2019を取材させていただきました!

雲ひとつない晴天の下、多くの子ども達や保護者が集まりましたよー!

オープニングでは、田中誠太八尾市長をはじめ、多くの来賓の方々が見守る中、ストリートダンスの皆さんによる力強いダンス、パレットクラブの皆さんによる元気な歌の披露がありました。カメラを構える保護者やお友達がエールを送り、笑顔溢れるスタートとなりましたよ☆


そして、午前10時30分からはいよいよ教室のオープンです。

教室では、ボッチャ体験、ストラックアウト、サンドイッチ作り、アイロンビーズのキーホルダー作りなどなど…、18種類ものゲームや体験が行えるのです!!子どもたちも全く飽きることなく、次々と教室を回っていて楽しそうでした〜(^^♪

外まで響き渡る子どもたちの元気な声に、僕も元気を貰いました♪この経験の中から学ぶこともたくさんあると思います。春はたくさん遊んで、思い出を作って欲しいですね!

※本日のオープニングの模様を一部放送いたします。

番組「八尾市からのお知らせ」
放送日:3月15日(金)午前8時30分、午後5時30分、午後10時30分〜

お楽しみに☆

取材担当:河野拓也



03.02.土  
おひさまこども園 竣工披露式典
本日10時から、「八尾市社会福祉協議会 おひさまこども園 竣工披露式典」が開催されました。
まだまだ寒い日が続く中、お天気に恵まれ、とても暖かい陽気の中行われました。

竣工披露式典は、主催者代表である、八尾市社会福祉協議会 角田禮子会長のご挨拶から始まりました。
八ヶ月という短い期間で作り上げられたことや、地域の皆さまによるご支援ご鞭撻に対する感謝の言葉が贈られています。
こども園の名称である、おひさまこども園の「おひさま」とは「おだやかで、光輝く、最高の、毎日が過ごせる、こども園」の頭文字をつなげたものだそうです。
こどもたちがのびのびと毎日を送ることが出来そうな、そんな素敵な名前ですね。
この名称は一般の方から募集をさせていただきました。多数のご応募を頂いた中から、渡辺馨様の応募作「おひさまこども園」が選ばれました。おめでとうございます。
渡辺様は本日の式にもご出席下さり、名称募集決定者表彰式では、角田禮子会長より表彰されました。

来賓祝辞では、田中誠太八尾市長、田中久夫八尾市議会議長よりご祝辞が贈られました。
感謝状贈呈式では、乾工務所様、森本工業様、大一電業様、藤田建築設計事務所様、へ八尾市社会福祉協議会より感謝状が贈られました。
ありがとうございます。

テープカットの際には、田中誠太市長、田中久夫議長、角田禮子会長、にハサミを入れて頂き、完成を迎えることが出来ました。

おひさまこども園は、3階の陽当たりの良い場所に、夏場はプール、冬場はプールを折り畳み広場を用意しています。3階の遊戯室にはクライミングウォールを設置。屋根には太陽光パネルを設置しており、こども達に日常で使う電気の大切さを教えてくれる予定です。また絵本コーナーでは、こども達が自由に自分の居場所を見つけることが出来るように、森の中の空間をイメージした木や池、隠れ家などを準備しています。

おひさまこども園で育つこども達の、笑顔溢れる姿が見られる日が楽しみですね。


取材担当:田中優希



03.02.土  
式秀部屋 交流ちゃんこ大会@
本日午前11時30分から、萱振御坊 恵光寺で「式秀部屋 交流ちゃんこ大会」が行われました。

大相撲大阪場所が3月10日から開催します。この時期、毎年式秀部屋の皆さんは恵光寺で40日間お世話になっています。そして地域の方、子供達がお相撲さんとの交流を楽しみにされています!今年で7年目を迎えました。

はじめに、本堂にて読経を行いました。
住職の挨拶、河内菊水丸師匠の挨拶のあと、式秀部屋の力士のご紹介がありました。

式秀親方より、本日は新弟子の検査が行われ無事に通過された報告があり、力士21名、床山1名、行司1名と年々増え、日々の稽古の様子をお話されました。続いて力士の自己紹介と今場所の目標を発表されました!

一人一人の横断幕を掲げて応援するファンの方もいらっしゃいましたよ。

続くA 取材担当:川口とも



03.02.土  
式秀部屋 交流ちゃんこ大会A
お昼12時15分頃から、境内でちゃんこ会!式秀部屋特製のちゃんこ鍋の販売です。待ちに待った長い行列、力士さんとのふれあいを楽しまれていました♪

また土俵も作られ、子供達は力士さんと相撲を楽しんでいましたよ。

恵光寺境内はちゃんこのいい香り、子供達の元気な声、力士の歌声と賑やかでしたよ(^O^)

ブログ取材担当:川口とも



03.02.土  
第25回大正コミセン 生涯学習講座作品展示発表会
3月2日(土)、3日(日)の2日間、大正コミュニティセンターでは「第25回大正コミセン 生涯学習講座作品展示発表会」が行われています。

初日の今日は、午前10時からスタートしました。
この作品展示発表会は、生涯学習講座生やクラブ生の皆さんがこの1年間取り組んで来られた成果を多くの方々に見ていただき、これからの活動・学習の励みにして頂く場として開催されています。

大正コミセン1階では、和裁クラブの展示や着物の着付け・帯結びの実演、健康相談が行われていました。

そして、2階では展示コーナーで創作ねんど人形、パッチワーク、絵画、五行歌、書道、華道に刻字彫額の数多くの作品を見ることが出来ます。

どの作品も、皆さんが時間をかけ試行錯誤されたことが分かる力作ぞろいです。

また、お茶席やぜんざいコーナーも大変好評で行列が出来るほどでしたよ。

ぜひ、この機会に多くの方に「第25回大正コミセン 生涯学習講座作品展示発表会」に足を運んでいただければと思います。

なお、5月12日(日)には大正北小学校体育館において「大正コミセンまつり(舞台発表)」が開催されます。是非こちらもご観覧下さい。

ブログ取材担当:木坂浩三



03.02.土  
第12回 八尾の郷土かるた大会
こんにちは!河野拓也です。

本日、午後2時から八尾市立総合体育館ウイングにて、4歳児〜小学生が対象の「第12回八尾の郷土かるた大会」が開催されました!

使用されるかるたには、八尾の歴史や特産品などが描かれています。開会式では、八尾市郷土文化推進協議会山本光祐会長のご挨拶があり、八尾の文化に触れながら楽しんでほしい、という思いをお話されました。

毎年参加している子もいるそうで、今回は約40人が集まりました。幼児・低学年・中学年・高学年の4グループに分かれ、それぞれ熱気ある勝負となりましたよ〜!

普段から家でかるた遊びをしている子は、札を見つけてから取るまでがとても速く、保護者や大会運営の方々も驚いていました!!

それぞれ3回戦ずつ行われ、合計枚数が多い順に金メダル、銀メダル、銅メダルが授与されました。

かるた遊びを通じて八尾の文化に触れることができるので、とても勉強になります。あなたもぜひ遊んでみてくださいね!(^_^)/

取材担当:河野拓也



03.02.土  
八尾市交通まちづくりセミナー
本日午後1時30分から、八尾市役所本館8階第2委員会室で「八尾市交通まちづくりセミナー〜みんなでつくる「出歩くのが楽しくなるまち」〜が行われました。

市民のみんなが安心してお出かけ出来るために、一つずつ出歩く不安の原因をとりのぞいていければ。という思いから、八尾市では様々な交通問題の解決に向けて、市民のみなさまとともに進める「交通まちづくり」に取り組んでいます。みなさまの積極的な関わりが力となり、出歩くのが楽しくなるまちをつくっていくセミナーです。

はじめに、八尾市都市整備部宮田部長より本日参加の皆さんにお礼と整備の報告が伝えられました。

次に、八尾市都市整備部交通対策課より今年度の八尾市における交通問題の報告です。
放置自転車対策として、事業者の協力により歩道上の放置自転車時は年々減少傾向にあります。がまだまだ市民の皆さんからの声があり引き続き対策を考えていきます。また、収集された自転車は海外提供やレンタルサイクル車として活用されています。他に、子どもたちへの交通安全教育、啓発などの報告もありました。

市民・地域の取組みとして、ボランティア活動、校区まちづくり協議会の取り組みも重要な活動して報告されました。

まちの主役の活動報告として、
八尾小学校区まちづくり協議会 相談役 米澤博さんによる「あなたの気づきが事故を防ぐ」

八尾市身体障がい者福祉会 副会長 釜谷寿夫さんによる「障がい者にやさしい街をめざして」

地域で問題に上がった事例と解決法、市民の立場で感じたマナー・事故などを上げ、会場に来られた方からの体験話を交え考えました。

後半は近畿大学総合社会学部 久隆浩教授をコーディネーターに迎え、本日ご参加の皆さんをパネリストに交通マナーやルールについて話し合いました。

久先生から「まちの中の意見が一つになっているか?」という定義が上がりました。良いと思い変えたものが、ある人にとっては迷惑につながる…。この状況では地域みんなが安心安全な環境にならないことに気付きます。

また行政には窓口への一本化のお願いが出ました。相談は市役所だけでなく出張所でも受け付けているのをご存知ですか?
八尾市では、道路・河川・バス路線・ネット119の情報アプリ「やおっぷ」を発信しています。いち早く情報が取得できるようになりました。

今後「公共機関を利用されない方への移動手段を考える」を来年度の取り組みとしてすすめていくそうです。

より住みやすい八尾市を目指して、市民の皆様と行政、事業者が一体となり進めていく活動を続けていきたいとの思いを述べられ、交通まちづくりセミナーが終了しました。

*この模様は4月4日(木)「情報プラザやお」12時〜 再放送19時〜23時〜放送します。

取材担当:川口とも



03.02.土  
第23回 山本コミセンまつり
3月2日(土)、3日(日)の2日間、山本コミュニティセンターでも「第23回山本コミセンまつり」が開催されています。

3月2日(土)は、午前10時からスタート!!
山本コミセン5階で開会式が行われています。開会式の後、ステージでは「はじめてのコーラス」定期講座・クラブ講座生による発表、カラオケ講座生の発表が行われました。会場は満席で立ち見の人が出るくらい沢山の方が見に訪れています。

そして、館内各階ではその他の講座の作品も見ることが出来ます。

1階ロビーでは、「未生流生け花講座」、「編み物講座」の作品。3階では、仮会議室で「編み物研修会」、「編物さつき」、「編み物ラビット」、「編み物すみれ」、「サークル編みっこ」、「編み物さくら会」、「クローバの会」が学習室で「硬筆」、「硬筆楽書同好会」、「硬筆あやめ」「硬筆花みずき同好会」の作品が展示されていました。

同じく3階301では「水彩画入門」、3階ロビーで「四季彩会」、「山本彩友会」、4階集会室にて「おいしい健康料理」、「手作りパン」の定期講座の展示。定期講座・クラブ講座「書道」、サークル「書道同好会A」、「親墨会A(春蘭会)」、「親墨会A(柳の会)」、「親墨会B」、「書道クラブ墨の会」、「墨友会A」、「すみれ会」の展示。

4階和室で、「着付」、「着付OBバラ」、「あやめクラブ」、「着付OBフリージャ」、「着付ぱんだ」、「着付OB花組」、「着付OBデイジー」、の着付・帯結びの実演が行われました。

最後に4階ロビーで、定期講座「暮らしのマナー」、サークル「八能会」の展示が置かれていました。

4階料理実習室での「ぜんざい席」も大好評!

「第23回 山本コミセンまつり」2日目も見逃せませんよ!!

是非皆さんお越し下さい。
3月3日(日)は、午前10時からOPENします。

取材担当:木坂浩三



03.02.土  
第34回 志紀コミセンまつり 舞台発表の部
本日午後1時から、志紀コミュニティセンターで「第34回 志紀コミセンまつり」舞台発表の部が開催されました。

まずはじめに志紀コミセン運営協議会会長からご挨拶、ご来賓の田中誠太八尾市長、大星なるみ八尾市議会副議長からご挨拶があり、舞台発表に移ります。
今年は大正琴講座、英会話講座、健康太極拳、八尾いきいき歌体操グループ、志紀太極拳、3B体操の全6団体の発表がありました。

楽器演奏や歌、太極拳の演武や体操などで日頃の活動の成果を発揮され、客席の皆さんもその様子に声援を送ったり、一緒に歌ったりと楽しまれている様子でした。

舞台発表の後にはお米や洗濯洗剤などが当たるお楽しみ抽選会が開かれ、そちらも楽しみにされていました。

志紀コミセンまつりは来週の9日、10日にも作品展示の部が開かれます。
時間はどちらも午前10時からスタート。9日が午後4時まで、10日が午後2時半までです。
講座・サークルの作品展示に料理講座・お菓子工房講座の試食、健康コーナーなども設けられます。
そちらもぜひ足をお運びください。


取材担当:畔地祐希



03.02.土  
情報プラザやお「ドラマチックラジオ」収録(4月1日放送分)
毎月第1月曜日の情報プラザやおは、八尾の通行人さんによる「ドラマチックラジオ」。
今活躍中のアーティストをご紹介しています。

今回のゲストは、「やましたりな」さん。

グランフロント公認ストリートライブ「MUSIC BUSKER IN UMEKITA」のオーディションに見事合格し、まち公認のストリートミュージシャンとして活動しておられます。

子どもの頃から音楽に触れる生活をしていて、自身が高校生の頃活躍していた阿部真央さんに憧れ本格的に音楽活動を始められたそうです。

持ち歌は40曲以上。
SNSでもカバー曲の演奏動画などをあげておられるそうです。
そんなやましたさんは4月7日に3rdミニアルバムをリリース!それにあわせてレコ初ライブもあるとのこと。
詳しくは「やましたりな」で検索して最新情報をチェックしてみて下さい。


放送番組 情報プラザやお
      「ドラマチックラジオ」
放送日時 2019年4月1日(月)正午
       *再放送 同日午後7時


担当:伊藤 敦奈



03.02.土  
こどもサッカー講習会〜セレッソ大阪スクールコーチが教える〜
本日、午後1時より大阪府中部広域防災拠点にて『こどもサッカー講習会〜セレッソ大阪スクールコーチが教える〜』(主催:公益財団法人 八尾体育振興会)が開催されました。

この講習会は地域のサッカーチームに所属している子ども達にも、サッカー初心者の子ども達にも、サッカーの基礎や楽しさを学んでもらうというものです。講師はセレッソ大阪スクールのコーチ陣。子ども達は2人1組になり、基礎的な身体の使い方やボールを全く使わない運動から教えてもらっていました。

そして、だんだんとボールの蹴り方やコントロールを練習して...なんと最後にはチームに分かれた子ども達vsコーチ2人でゲーム形式での試合がスタート!コーチはボールを思いっきり蹴ると見せかけたフェイントや「あ。なんか落ちてる」と地面を指差して、子ども達の視線が指の方向に向いた隙をついてボールを蹴ったりするなど、トリッキーな戦法で子どもチームを翻弄しました。
しかし、子どもたちも負けてはいません。習ったように上手にパスを回して何回かゴールを決めていました。「この中から将来プロ選手になる子がいるかもしれない。」と思って見ていると、とてもワクワクして気持ちも熱くなりました。みなさん頑張ってくださいね!^^

講習会の終了後にはジャンケンをして勝てば、セレッソ大阪の選手のサインの貰えるというコーナーもありました。
短い時間でしたが、参加した子ども達にとって素晴らしい体験になったと思います。


ブログ取材担当:津田滉介


-NPOYaoITS-