03.20.水  
Let's バレティス!第39回目
『はっぴいくれよん水曜日』
担当の森川美佳です。

ヒロ・クロンドールバレエ協力
【Let's バレティス!】

本日は、バレティストレーナーでもあり、
ボイストレーナーの田所亜希子先生に、
お越しいただきました。

ボイストレーナーになられたきっかけ、
バレティスとの出会いなどお話して頂きました。
「ボーカリストのためのバレティス講座」
もあり、声も身体と繋がっているのも、
改めて気付かされました!



エクササイズは、人気No.1のスワンアーム!
身体全体を白鳥のように動かすものです。
座ったままでも大丈夫!

腰痛や肩こり、運動不足の方や、
こちら見て興味を持たれた方がいましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で
「Let's バレティス」(^^)ノ

次回は、代表の伊藤裕美先生と
2019ミスアース長崎大会出場の
廣瀬樹里さんにお越しいただきます。

お楽しみに♪


はっぴいくれよん(水)
パーソナリティ 森川美佳



03.20.水  
顕証寺 彼岸会
本日は、3月20日(水)〜22日(金)まで顕証寺で行われる、「彼岸会」を取材してきました。

この彼岸会は、毎年お彼岸の中日前後三日間に行われています。
御本堂で、午後2時から開始され、まずは般舟讃(はんじゅさん)のお勤めが行われました。
参加者の方も、一緒にお経を読み上げていらっしゃいました。

お勤めの後は、法話が行われました。
今日の御講師は、兵庫県西宮市にある信行寺の四夷 法顕師です。
「彼岸会」にちなんで、まずは「彼岸」の意味からご説明して下さいました。
ご自身の身近な話題を交えたり、黒板を使用し、とても丁寧に分かりやすくご説明して下さいました。

参加者の方の中にも、頷いたり時折笑顔になったりと、共感されている方がたくさんいらっしゃいました!

顕証寺の「彼岸会」は、明日 明後日も行われます。
21日(木・祝)の法話の御講師は、顕証寺の近松真定御前。
22日(金)は、大阪府摂津市にある誓覚寺の宮部誓雅師です。
両日とも、時間は午後2時〜午後3時45分まで。
開催場所は、顕証寺御本堂です。

特別な受付等はありませんので、ご参加される方は開始時間までに直接御本堂にお伺い下さい。

取材担当:森山紗貴子



03.20.水  
やおっ子記者クラブ(作文教室)
本日、午後5時30分から近鉄八尾駅前LINOASにある「みせるばやお」にて、やおっ子記者クラブの作文教室が開かれました。

こちらの、こどもの作文教室は、3月1日から21日まで行われている「DOKYO2019〜道鏡ウィーク in 八尾〜」のイベントの一つです。

普段はプロのライターとして活動されている、ゆきんこ先生と、のりちゃん先生のお二人が作文の書き方を教えてくださいます。
今日は4人の小学生がイベントに参加してくれました。小学一年生と三年生です。学年は関係なく、みんな一生懸命に作文を書いていました。

まずは、道鏡ウィークということで、のりちゃん先生より「道鏡」についての説明がありました。少し難しい歴史のお話ですが、みんな真剣にのりちゃん先生のお話を聞いていました。
道鏡について教えてもらった後は、自分でテーマを決めて作文を書きます。説明の中に出てきたものについて書いても良いですし、何でも自由に好きなテーマで書くことになりました。
前に置かれたホワイトボードには、「上手にかかなくていいよ、自由に思ったとおりに」という、先生たちの優しい言葉もありました。

作文用紙の4分の3以上は書けるようにしましょう、と書き始めた子ども達でしたが、先生たちの助けもあり、どんどんとそれぞれのペースで作文用紙を埋めていきました。
少し行き詰まって手が止まると、すぐに先生が隣に来て、一緒に考えたりアドバイスをくれるので、子どもたちは約一時間もの時間を飽きることなく、頑張って机に向っていました。
時折、子ども達がお話しながら書いている姿は、とても楽しそうでしたよ。
句読点の打ち方や、文章の作り方なども、子どもたちのペースに合わせて先生が丁寧に教えてくれるので、今まで書いた作文とは一味違ったものが出来上がっていました。

最後は、書いたものをご家族にも見てもらいました。三年生のお母様は、いつも書いている作文と全然違っていると、驚いて喜んでいらっしゃいました。
ご家族の喜んでいる姿を見て、子どもたちも嬉しそうでしたよ。

親子で子どもの成長を楽しめる、とても素敵なイベントなので、次回はぜひ、みなさんも参加してみてくださいね。


ブログ取材担当:田中優希



03.20.水  
萱振御坊 恵光寺 彼岸会・永代経法要
本日、萱振御坊 恵光寺では午後2時と午後7時の2回、「彼岸会・永代経法要」が執り行われます。

春のお彼岸に合わせ開かれる「彼岸会・永代経法要」、午後2時の会にお邪魔させていただきました。

「彼岸会・永代経法要」は亡き人を偲び、亡き人と出遇いなおし、自分自身を振り返る大切な法要です。ここ恵光寺にも多くの檀家の皆さんが集まっていらっしゃいました。

打ち鳴らされる鐘の音と共に始まり、お経が読まれます。
そして、一人ずつ御焼香され手を合わせられていました。

法要の後、ご法話も行われています。源信和尚のお言葉についてや浄土についてお話いただき皆さん深く耳を傾けられていました。

今年も「彼岸会・永代経法要」つつがなく執り行われています。

ブログ取材担当:木坂浩三


-NPOYaoITS-