04.30.火  
Wao! Yao! はるまつり! おおきに平成!音と市
皆さまゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか?

本日アリオ八尾では「Wao!Yao!はるまつり!おおきに平成!音と市」が開催されています。

アリオ八尾1Fレッドコートにて午前10時〜午後5時まで開催しており、午後1時よりステージでのパフォーマンスも催されています。


本日平成最後の日となりました!!!
みなさんにとっての平成とはどのようなものでしたか?
今回のイベントでは平成最後を彩るアーティストの皆さんによる可憐なパフォーマンスが行われています♪

また公務でご来場になった田中誠太八尾市長から最後のご挨拶がありました。

ステージでは、「吉野&ルナーレ」のみなさんによるタップダンスと津軽三味線とのコラボレーション☆

ルナーレの音楽と吉野さんが奏でるリズミカルで繊細なタップが融合して可憐で素晴らしい演奏でした。観ている私も心躍る楽しさでしたよ。
他にもルナーレの演奏では色々な土地の民謡楽曲が披露され、その土地の歴史や文化を楽曲をとおして紹介されました。

その他にも八尾出身の大森ヒデノリさんによる北欧伝統音楽や、他多数アーティストによるギター演奏、バウロン奏者による様々な演奏も行われています。

会場は常に満席状態。
2階、3階からも沢山のお客さんがのぞき込み、
皆さんそれぞれが引き込まれるように魅入っていました。
また三味線を弾く動きに合わせて子どもたちが真似をしてる姿も見れとても心あたたかくなりました!

客席を囲むように並んだショップは、スイーツや小物雑貨、文具など、ついつい見とれてしまうものばかり!無料で体験いただけるハンドマッサージや母の日へのプレゼントにピッタリなお花のアクセサリなどが販売!
手作り愛情あふれる作品を皆さんぜひ一度お手に取ってみてはいかがでしょうか?

ゴールデンウィークということもあり、
たくさんの方が会場に集まり、賑わいをみせています。たくさん笑って、歌って、踊る。素敵な休日をお過ごしください♪

「Wao! Yao! はるまつり! おおきに平成!音と市」
アリオ八尾1Fレッドコートにて午後5時まで!

この模様は後日放送します。

☆放送日☆
5月13日月曜日 八尾市からのお知らせ
午前8時30分〜 午後5時30分〜 午後10時30分〜

お楽しみに!


取材担当:玉井祐衣



04.30.火  
今東光資料館 春季企画展と5周年記念プレゼントのお知らせ
本日4月30日で、開館5周年を迎える、八尾図書館と今東光資料館。

今東光資料館では、4月28日(日)〜5月6日(月)まで、来場者に開館5周年記念のプレゼントがあります。
八尾市在住の方による絵と写真のポストカードです。
デザインは、八尾の山里や街の風景。
八尾らしいプレゼントですね♪


また、資料館では現在、
今東光資料館 第8回 春季企画展 
「小説河内風土記」を読む
が開催されています(3月16日〜9月8日、入場無料)。

「小説河内風土記」は、昭和52年にそれまでに記した60編あまりの短編を6冊の本にまとめて発刊されたもの。
これ以外にも、『河内もの』と呼ばれる小説の一部を紹介する展示もあります。
河内木綿の機織りで生計を立てている母娘の話しや、八尾に鉄道が通った時の様子を小説にしたものなど、同じ八尾市内でありながら現代とは違う時代の空気を感じることができます。

今東光は、昭和26年9月、53歳の時に天台院の特命住職として任命され、その年末に移り住みました。
他所にはない歴史・文化・人情に驚き、そのすがたが変わっていくのに気付いて書きとめ、八尾を題材にした作品を編み出したそうです。

確かに、展示されている昔と今の航空写真を見ても、その変わりようは一目瞭然、なのですが、今東光の小説を読んだり、日常生活を写した展示写真を見ると、確かにもうこの風景はなくなっているな、と思います。
どこのまちでも言える事かと思いますが、都市化して便利になったと同時に、その土地が持っていた風情は薄れ、街並みは全国画一化していきます。
昔と今では、生活の糧を得る仕事内容も、生活スタイルも違いますので、それを元に戻すわけにはいきませんが、街が整備され、かわりに無くしてしまったものがあるのも事実かと感じました。

そこで普段生活している者からすると、その良さや変化に気付きにくいものです。今東光が書き残したから知ることができる、昔の八尾の姿。ぜひご観覧下さい。


ブログ取材担当:松本真理



04.30.火  
つなぐ未来 つながる歴史 天皇・皇后両陛下の60年 写真展開催中
現在、アリオ八尾では
『ご退位記念 つなぐ未来 つながる歴史 天皇・皇后両陛下の60年』写真展を開催中です。

(下記は会場のコーナー解説を転載いたしました。)

国民とともに歩んで来られた天皇・皇后両陛下の60年間の軌跡と、両陛下のお気持ちを引き継ぎながら新しい時代を担う徳仁親王・雅子妃のお姿を、皇族を見つめ続けている「週刊女性」が女性誌ならではの視点でとらえた写真で紹介。

報道写真では見られないプライベートな写真や、両陛下のお言葉などとともに、平成を築いてこられた想いと歩みを、そして時代を担う皇太子徳仁親王・雅子妃の想いを重ね合わせ、広く深くたどっていく写真展として開催いたします。

『ご退位記念 つなぐ未来 つながる歴史 天皇・皇后両陛下の60年』写真展は、アリオ八尾2階オレンジコート(FMちゃおスタジオ前)にて開催中。

開催期間は4月27日(土)〜5月7日(火)午前10時〜午後9時まで。もちろん観覧無料です。

令和元年もまもなく・・・。
ぜひアリオ八尾にもお越しくださいね。

ブログ取材:鈴木昌宏


-NPOYaoITS-