08.20.火  
桂青少年会館 施設見学・放送体験
本日午前10時から、桂青少年会館の子供たちの施設見学・放送体験がFMちゃおで行われました。
今日は市内の小学校から低学年の
さくらちゃん
いづみちゃん
かほちゃん
さやこちゃん
の4人が来てくれました。

まず始めに発声練習をしたのち自己紹介をしてもらいました。
りんご、たらこぱすた、ぶどう、いちご等々・・・みんな好きな食べ物が沢山ある様でした。
お互いに自己紹介をした後は、FMちゃおの成り立ちやコミュニティFMが普段どんなことをしているのか、災害が起きた時にどんなことをするのかをお話しました。
その後に時報の収録を行いました。
初めは恥かしがっていましたが回数を重ねる毎に大きな声で言えるようになり素敵な時報が収録できました。
最後に生放送出演に向けて質問シートを書いたり、練習をしたりしました。

午前11時40分からはいよいよ出演です。
最初はカメラに映りたくないと隠れたりしていましたが最後に感想を聞かれると4人とも「楽しかった」と答えてくれました。

今日収録した時報は8月26日(月)〜9月1日(日)午前8時少し前に流れます。
是非お聴きください。

ブログ取材担当:西山沙織



08.20.火  
情報プラザやお「声から広がるネットタイム」(8月28日放送分)
情報プラザやお、毎月第2・第4水曜日は「声から広がるネットタイム」をお届けしています。

本日は8月の第4水曜日放送分の収録を行いました。
担当は吉田知子さん。
ゲストは「大阪府民カレッジ八尾校」から受講生の源 義秋さん、中沢 隆子さん、川上 五十六さん、上村 昭子さんです。

大阪府民カレッジは、社会の各分野で活動してきたシニア世代を中心とした地域住民が、仲間と共に文化・芸術・スポーツ等の学習と体験、多世代交流、まちづくりや環境保全、人権擁護、男女共同参画、外国人・留学生との交流等の学習活動を行う学校です。八尾校は分校として2年前に開校しました。

ゲストの皆さんに、府民カレッジに受講された動機をお聞きしました。”退職後もっと知り合いを増やしたい””歴史が好きで八尾の歴史を知りたい”などこれからの人生を楽しく過ごされたい思いで受講されています。

府民カレッジの授業内容やクラスの様子などもお聞きしました。

主人に進められて通い始めましたが、落語やニュースポーツ、織り染めなど多種多様な授業ばかりで、次の授業が楽しみな方も。今はご主人に感謝されているそうです♪

また、近所の小学1年生の生徒さんとお手玉やあやとり遊びの授業があったそうですが、次の時にたくさん教えてあげたいと、今あやとりの練習に励まれている方もいらっしゃいました。

皆さん中身の濃い授業が毎回楽しく、お友達も増え、授業以外でもおでかけされるそうです。

今は、9月8日(日)久宝寺緑地で開催される「八尾河内音頭まつり」河内音頭グランプリの出場に向けて練習を重ねられているそうです。23名がえだまめ色の法被に白いパンツ衣装で踊りますので、応援してくださいね♪

みなさんとても仲良く、カレッジを卒業しても集まる計画までありました!とても生き生きされ笑い声が絶えない収録でしたよ。放送日をお楽しみ(#^.^#)

大阪府民カレッジ八尾校、次年度の募集が10月1日から始まります。ご興味ある方はお早めにご応募下さい。


情報プラザやお「声から広がるネットタイム」
2019年8月28日(水)正午〜 
再放送午後7時〜午後11時〜

担当:川口とも



08.20.火  
みせるばやお8月度全体会議
本日、みせるばやおにて午後2時から開催された第17回「みせるばやお」全体会議の取材に行ってきました。

始めに、7月の報告です。
今後リピーター数や来場者を増やすために知人やSNSの強化していきたいというお話がありました。

また、みせるばやおをどのように広めていくか、八尾市の向上に繋がるようなイベントについてのお話もあり、会議内容は八尾愛に溢れていました。

その後は6つのプロジェクトについてそれぞれのグループに分かれて議論しました。

・みせるばやおブランド(コラボ商品)
・運動会
・新人合同研修
・展示会
・こども向けWS
・夢の新事業

案をそれぞれ出した上で決まった内容を大きな紙に書きだしていきます。
そこにはインターンシップに来ていた学生の姿もあり、議論は非常に盛り上がっていました。

最後はグループの代表者から議論した内容の発表がありました。
どんどん自分の意見を出すことが出来る環境だからこそ、個性豊かな案がたくさん出てきます。

これからのイベントが楽しみになってきました。

ブログ取材担当:志賀 萌



08.20.火  
スポーツ文化のお知らせ(9月7日・14日放送分)収録
毎週土曜日午前9時30分からお届けしている『スポーツ文化のお知らせ』。

今回は八尾市立埋蔵文化財調査センターの秋季企画展「やおの弥生時代(後期)-邪馬台国時代前夜のようす-」について、学芸担当の西村公助さんにお話しいただきました。

弥生時代前期の八尾市域の平野部には、稲作が定着し、多くの集落が出現したそうです。
その後、中期には環濠を持つ大規模な拠点集落をはじめ、大小さまざまな規模の集落が存在。
そして後期になると拠点集落は廃絶し、集落構造および分布が変化、土器は無紋化する傾向、石器は鉄器へと変化していきます。

今回の企画展では、市内で行った発掘調査の成果に基づく主な遺構や遺物を紹介し、弥生時代後期の暮らしや当時の様子を考えることができます。

★秋季企画展「やおの弥生時代(後期)-邪馬台国時代前夜のようす-」★
会期:令和元年9月26日(木)〜令和2年2月14日(金)
時間:午前9時〜午後5時
休館日:土曜日・日曜日・祝日・12月29日〜1月3日(ただし10月27日・11月16日・17日・1月19日は開館)
入館料:無料

また、関連講演会が10月27日と来年1月19日に予定されています。
詳しくは八尾市立埋蔵文化財調査センター 電話番号 072-994-4700 まで。

スポーツ文化のお知らせ
放送は9月7日(土)9:30〜
※再放送は14日(土)9:30〜

番組では企画展の見どころをたっぷりご紹介いただきました。
ぜひお聴きください!

収録担当:北山ヒロト


-NPOYaoITS-