02.29.土  
『河内どんこう』43年のあゆみ〜市民が興した郷土誌〜
令和2年2月29日(土)〜3月25日(水)まで八尾図書館1階エントランスホール、八尾図書館2階エレベーター前では「『河内どんこう』43年のあゆみ〜市民が興した郷土誌〜」の展示が行われています。

「河内どんこう」は、八尾市を中心とした河内地域を対象に、郷土の歴史や文化を掘り起こし後世に伝えていく使命のもと、市民有志が中心となって刊行された郷土誌です。

毎号様々な切り口で読者を楽しませてきましたが刊行元のNPO法人やお文化協会が令和2年3月をもって解散することとなり、それに伴い「河内どんこう」も120号をもって終刊となります。

今季の展示では、43年にわたって綴られてきた「河内どんこう」の軌跡を振り返ると共に郷土の魅力を振り返ります。

エントランスには「河内どんこう」120号全ての表紙が並べられこれだけでも見応えがあります。展示されている写真も八尾に住んでいる方には懐かしいものもあることでしょう。

八尾図書館2階エレベーターのコーナーには、河内どんこうのこれまで創刊された本が集められています。
手に取ってご覧いただけますので是非お読みください。

この機会に是非多くの皆さんに八尾図書館で河内どんこうの世界に触れてみて下さい。

<『河内どんこう』43年のあゆみ〜市民が興した郷土誌〜>

<日程> 
  2020年2月29日(土)〜3月25日(水)
<場所・時間>
  八尾図書館1階エントランスホール(午前9時〜午後7時、日・祝日は午後5時まで)
  八尾図書館2階エレベーター前(午前10時〜午後7時、日・火・祝日は午後5時まで、月曜休館)

ブログ取材担当:木坂浩三



02.29.土  
第12回 八尾ロボットコンテスト
本日、午前10時30分より『第12回 八尾ロボットコンテスト』が八尾市中小企業サポートセンターにて開催されました。

今年は東京オリンピックでも行われる競技を意識した「ロボフェンシング」で企業や団体の皆さんが競い合います。フェンシングの剣を模したレイピアで相手の風船を割るなどしてより多くの得点を獲得した方の勝利です。

今年は東京や高知から初参加のチームがあり、会場には関係者の方が大勢集まりました。また今回は試合がトーナメント形式ではなく、総当たりリーグ戦で行われます。
はじめにマテック八尾代表幹事の福田吉宏さんより主催者を代表して挨拶があり、次に高知工科大学の山下和那さんが選手宣誓をしました。

相手の風船を割ることに特化したような攻撃型のもの、盾のようなもので風船を守ったりするもの、二足歩行のユニークなもの、さまざまなロボットたちが登場して激しい戦いを見せてくれました。
決勝戦の後にはマテック八尾ロボット分科会の鈴木謙三会長より結果発表と講評が行われました。結果は以下の通りとなりました。

【優勝】東京農工大学
(代表者・櫛野仁司さん)
【準優勝】大阪産業大学
(代表者・楫健太郎さん)
【3位】高知工科大学
(代表者・山下和那さん)
【3位】YoT(ワイ・オー・ティー)
(代表者・吉川裕規さん)

【審査委員長賞】ふじわら工房
(代表者・藤原祐磨さん)
【アイデア賞】Robot Studio
(代表者・藤井貴豊さん)
【技術賞】YoT(ワイ・オー・ティー)
(代表者・吉川裕規さん)
【八尾市長賞】ダイダラ
(代表者・木山朋宏さん)

最後にマテック八尾事務局の温川政佳さんより閉会の挨拶があり、『第12回 八尾ロボットコンテスト』は終了しました。
激闘の模様はFMちゃおのYoutubeチャンネルにて公開予定です!お楽しみに!^^


ブログ取材担当:津田滉介



02.28.金  
八尾高等学校 第72回卒業証書授与式
午前10時30分から、「大阪府立八尾高等学校 第72回 卒業証書授与式」がおこなわれました(11時40分頃まで)。

新型コロナウイルス感染拡大防止に備えた先日の政府の発表を受けて、式内容を一部変更し、開始予定時間を30分遅らせたり、マスクの配布や窓を開けて換気するなどの対応をとりながらの開式となりました。

紅白の幕をめぐらせた体育館の中は、卒業生と保護者のみで、在校生は列席しません。

今年度の卒業生は、8組・計316名。

開式後、国歌・校歌斉唱、卒業証書授与へとつづきました。
一人ひとり名前を呼ばれ、最後に卒業生代表が証書を授与されました。

藤井校長先生からの式辞では、人が大きく変わる一瞬がある、その時には前へ一歩踏み出して欲しい、と卒業生へメッセージが述べられました。
ご来賓やPTA会長、同窓会会長からの祝辞は、今年は見送られました。

そして在校生代表による送辞のあと、卒業生のピアノ演奏にのせた、代表3名による答辞が述べられました。
答辞では、体育祭・文化祭・卒業旅行などの学校行事の思い出や、先生・親御さんへの感謝の言葉が続きました。

今年の「卒業の歌」は、GReeeeNの「遥か」でした。

卒業生保護者より記念品目録が贈呈され、夏場に活躍するであろうウォーターサーバーを頂いたということで、校長先生から謝辞が述べられました。

大きな拍手の中を退場していった卒業生の皆さん。
この後、各教室で一人ひとりに卒業証書が手渡されました。

この模様のなかから一部を後日放送致します。

「校長先生式辞部分」
放送番組 生放送番組「はっぴいくれよん」
        内レポート
放送日時 2020年3月16日(月)
     (午前10時10分から正午の間)

「卒業生答辞部分」
放送番組 八尾市からのお知らせ
放送日時 2020年3月22日(日)
      午前8時30分
 *再放送 同日午後1時30分         


取材担当:松本真理



02.27.木  
久宝寺中学校 お茶会「3年生を送る会」
本日午前8時45分から、久宝寺中学校内のお茶室「久宝庵」にて、卒業を控えた久宝寺中学校の3年生がお茶の時間を体験する「お茶会」が行われました(午前11時30分頃まで)。

毎年、久宝寺の女性会やPTAの方々の協力で行われている学校行事です。今日は13名ほどの皆さんがお世話をされていました。
立派なお茶道具は、普段はまちなみセンターにあり、コミセンまつりに続いてこの行事で使用されるそうです(今年は新型コロナウイルス感染拡大に備えコミセンまつりは中止になりましたが・・・)。

数年前に私がお邪魔した時には、正座でのお茶会でしたが、お世話される方々のお身体の負担を軽く・・・と、テーブルとイスでのお茶会となっています。皆さんフォーマルな雰囲気の洋装でいらっしゃいましたが、「やっぱり着物の方が背筋がシャキッとするかな」と仰る方も。少しずつかたちを変えて長く続けて頂いているようですね。

お茶会は一回15分ほど。5クラス計150人ほどの生徒さんが、一回につき10人ほど入ります。
生徒の皆さんは直前に別室で説明を受けてきていますが、席につくと「これでいいのかな?」と戸惑った顔で周囲の友だちの様子を伺いながら、帯喜多のあん巻きとお茶を頂いていました。

お手伝いをされていたお母さん方も、「ここで一礼して進んで下さい」と声を掛けられたりと、普段とは違う作法に取り組んでおられました。

議会への出席を控えた大松桂右八尾市長も駆けつけてこられ、生徒さんと一緒に参加されました。
市長から「聞きたいことはありますか」「必要なものはないですか?」など質問される場面も。ちょっと緊張していた生徒さん方からも、少しずつ声があがっていきました。

このような場を体験したことがあるのとないのとでは、次にお茶席に触れたときに心構えが違うことでしょう。いい経験ができましたね。それも、先生はじめ地域の皆さんのご協力あってのことで、素晴らしい行事だと思いました。


ブログ取材担当:松本真理



02.27.木  
やおのつとむ便り収録(3月2日、3月9日放送分)
本日「やおのつとむ便り」の収録を行いました。

”やおのつとむ”こと、小鍛治 孜さんは難病を乗り越え、難病の方・ご家族の方々の相談や楽しい催し、講演会を開くなどの活動をされています。
小鍛治さんが体験・経験されたお話を通じて”難病”という認知を広め”絆”を深めていく番組です。

3月2日(月)再放送6日(金)のお話は、春になると花粉症にお困りの方も多いのではないでしょうか?アレルギーについて少しお話しました。

「つとむアドバイス!」は2月15日(土)八尾市文化会館プリズムホールで開催された”第17回障がい者フォーラム〜3階展示室開催について”です。個性ある力強い作品や八尾市障がい者基本計画ワーキング会議(くれよん組)、作業所の手作り販売について小鍛冶さんに伺いました。

3月9日(月)再放送14日(金)のお話は、春の行事について楽しみな事をお聞きしましたよ。

「つとむアドバイス!」は、先週に引き続き”第17回障がい者フォーラム”今週は午後から開催された、作業所の紹介、障がい者の主張について。私が取材して感じた事や小鍛冶さんの感想なども交えて話しています!

*2月15日(土)八尾市文化会館プリズムホールで開催された「第17回障がい者フォーラム」作業所紹介コーナーPR大会・障がい者の主張パート12の模様を、3月5日(木)「情報プラザやお」で放送します!お昼12時〜再放送は午後7時〜午後11時〜です。

「やおのつとむ便り」放送は
毎週月曜日 午後7時45分〜7時59分
再放送 毎週金曜日 午後7時45分〜7時59分
お楽しみに!(^^)/

担当:川口とも



02.27.木  
スポーツ文化のお知らせ(2020年3月7日・14日放送分)収録
毎週土曜日の午前9時30分からお届けしている、八尾市提供番組「スポーツ文化のお知らせ」
2020年3月1週・2週目の放送は、八尾市立しおんじやま古墳学習館の福田館長にお話をお伺いしました。

今回は3月から5月に行われるイベントについてです。

〇昼間なのにナイトミュージアム!?
 日時:3月20日(金)〜3月30日(月)
   午前9時30分〜午後4時
 参加費:高校生以上は展示室の入館料が必要

〇月替わり歴史体験メニュー
 「ガーネット&サファイア探し」
 日時:3月の毎週土日・祝日
   午前9時30分〜午後3時
 参加費:330円

〇月替わり体験メニュー
 「自然素材でミニこいのぼりを作ろう」
 日時:4月5日〜5月6日までの毎週土日祝
   午前9時30分〜午後3時
 参加費:1個220円

〇月替わり体験メニュー
 「古墳キーホルダーを作ろう」
 日時:5月1日〜5月31日までの毎週土日祝
   午前9時30分〜午後3時
 参加費:1個550円

〇しおんじやま学び場 
 古墳を学ぼう〜郡川西塚古墳の発掘調査〜
 日時:4月4日(土)
   午後2時〜午後3時
   (※受付は午後1時半〜)
 参加費:無料

〇しおんじやま学び場
 古墳を歩こう〜高安山麓の古墳と伝説〜
 日時:5月2日(土)
   午後1時〜午後4時
   (※受付は12時半〜)
 参加費:無料

〇しおんじやま古墳そうじ部 定例活動」
 日時:3月27日(金)、4月10日(金)、24日(金)
   午前9時〜午後10時30分

申込方法など詳しくは学習館の受付やホームページをご覧ください。

☆放送日☆
2020年3月7日(土)(再放送:3月14日)
午前9時30分〜

収録担当:西山沙織



02.26.水  
Let's バレティス!第88回目
『はっぴいくれよん水曜日』
担当の森川美佳です。

ヒロ・クロンドールバレエ協力
【Let's バレティス!】

本日は、岡山と大阪を行き来されてる
バレティストレーナー甲斐優花先生です!

春から岡山では、幼稚園〜小学生向けの
バレエ教室のお手伝いをされるそうで、
新生活に向けての準備が始まっているそうです。
新しい環境、ワクワクしますね♪

3月14日、15日に、
バレティストレーナーの養成講座があります。
バレエをしてなくても、
バレティスを知らなくても、
自身の健康の為にも、気になる方は是非、
ヒロ・クロンドールバレエに
tel:072-974-9299
お問い合わせください。



エクササイズは、人気No.1のスワンアーム!
身体全体を白鳥のように動かすものです。
座ったままでも大丈夫!

腰痛や肩こり、運動不足の方や、
こちら見て興味を持たれた方がいましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で
「Let's バレティス」ヽ(^o^)丿


今後もバレティスで皆さまと共に、
健康な体作りをしていきます。
次回は、澤村史帆先生です!お楽しみに♪

はっぴいくれよん(水)
パーソナリティ 森川美佳



02.26.水  
情報プラザやお「八尾歴史物語」(2020年3月4日(水)放送分)
情報プラザやお毎月第1水曜日は「八尾歴史物語」をお届けしています。

本日は、3月4日(水)放送分の収録を行いました。
スタジオにお越し頂きお話頂いたのは八尾市教育委員会文化財課の河村さんです。

河村さんからのお話は、八尾市内の最新発掘調査成果についてです。近年文化財課が行った発掘調査成果、郡川西塚古墳と史跡由義寺跡について詳しくお話し頂きました。

郡川西塚古墳、史跡由義寺跡ともに調査によって様々な発見がなされています。放送をお聞き頂きまして最新の発掘調査の結果を是非ご確認下さい。

<情報プラザやお「八尾歴史物語」>
3月4日(水)お昼12時〜、午後7時〜、午後11時〜

担当:木坂浩三



02.26.水  
梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお (2020年3月11日・18日放送分)
「梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお」、本日は3月11日・18日放送分の収録を行いました!
今回のゲストは役者・シンガーソングライターとして活躍されている、ぴーぴーさんです!

4月に出演される劇団Pinocchioの第11回公演「9」のお話や曲の話など、楽しくお話頂きました。
ぴーぴーさんのオリジナル曲も放送します。「Ogawa suzu」の名前で検索するとiTunesなどの配信サイトで見つかります。
収録風景はFMちゃおのYouTubeチャンネルにも動画でアップされていますので、一足早くご覧いただけます!


今回の収録の模様は、
●前編 3月11日(水)午後2時〜2時30分
再放送 3月14日(土)午後9時〜9時30分
●後編 3月18日(水)午後2時〜2時30分
再放送 3月21日(土)午後9時〜9時30分
で放送致します。


収録担当:畔地祐希



02.23.日  
懐かしき昭和 銀幕のスタア100人展 邦画女優編
本日午前9時から、久宝寺寺内町の八尾市まちなみセンターで、「懐かしき昭和 銀幕のスタア100人展 邦画女優編」が開催されています。

久宝寺在住のイラストレーター・小林忠市さんが2年掛かりで仕上げられた、昭和20・30・40年代に銀幕で活躍されていた“スタア”女優100人を描いたセピア調のパステル原画の展示会。

小林さんは昭和40年頃には堺市登美丘劇場に住み込みで手描き看板を制作されており、同時展示として当時の写真を収めたパネル展も開かれています。

年代別に100人のスタアが並ぶ様子は壮観…!
来場されていたお客さんも映画館で楽しんでいた当時の記憶を思い出して語り合い、お気に入りの女優さんの絵画と記念撮影をされている姿も。
あえてセピア調で描き、目線を外している姿が独特の色気も感じさせます。

会場には昨年制作されたカラーの実物の映画看板なども設置され、銀幕の世界に誘われる手描き看板の魅力も味わえます。
現在の映画スターとは違った輝きのある銀幕スタアは、当時の姿を知らない世代でも名前を拝見したことのある方ばかり。昭和の記憶を呼び覚ましながらじっくりと楽しめます。

開催日時は、2月23日(日)・24日(月)の2日間。
まちなみセンターで午前9時から午後5時まで、入場無料での開催です。
両日ともに、午後2時から先着6名限定で小林さんの「似顔絵かきかた教室(初級編)〜筆ペンを使って描いてみよう〜」も開講されます。

期間中は小林さんも会場にいらっしゃいますので、制作秘話なども気軽にお話し頂けますよ。
ぜひ、ご来場下さい。

この模様は2月23日(日)午後1時10分頃からの「街角レポート」のコーナーでお届けします。


取材担当:畔地祐希



02.23.日  
第三回八尾市フルコンタクト空手交流大会
今日午前10時より八尾市総合体育館ウイング武道場にて、第三回八尾市フルコンタクト空手交流大会が開かれました。

フルコンタクト空手とは、素手・素足を相手の体に当てて空手をすることです。

大会には20代から40代までの男女の選手が参加し、それぞれの部門に分かれて技を競い合いました。

試合中は選手の激しいぶつかり合いが繰り広げられ、そして選手を囲んで応援する観客も大きな声援を送り、会場は熱狂に包まれていました。

また休憩の時間になると選手たちは空手についての話をしたり、組手を取って練習したりと交流を深めていました。

閉会式では、大会長の宮崎忠郁さんが来年度の開催への抱負を語り、閉会の挨拶をして大会は終了しました。

見ているだけでこちら側も熱くなってくるような真剣勝負ばかりでした!

当日の模様の一部は後日放送致します。

放送番組 八尾市からのお知らせ
放送日時 2020年2月26日(木)
        午前8時30分 
       *再放送同日午後5時30分

取材担当:神子周太郎



02.23.日  
恩智神社 厄除祈祷木焼納祭
本日お昼12時から、恩智神社で「厄除祈祷木焼納祭」が行われました。

今日までの1年間、御祈祷者と祈祷木奉納者にそれぞれの願い事をご記入いただいた祈祷木を浄火焼納します。

拝殿前に設けられた決壊の中で、皆様から奉納された祈祷木が餅箱4箱いっぱい納められていました。約600ほどあるそうです。また、昨年皆様からお預かりした厄除け身代り人形も焼納されます。

今日は、時々太陽が顔を出す肌寒い曇り空の中で厳かに焼納祭が斎行されました。

恩智神社には厄除け参り、御祈祷に来られた方、ハイキングで立ち寄った方もいらっしゃいました。

4月3日には春季大祭が、4月26日には春の卯辰祭を行います。春は間もなくですね♪

ブログ取材担当:川口とも



02.23.日  
八尾ねこの会さくら 猫の里親譲渡会in八尾
本日お昼12時から午後3時まで、北本町2丁目のやお駐輪ビル3Fで八尾ねこの会さくら主催「猫の里親譲渡会」が行われました。

毎月1回、ボランティアさんが保護した猫の里親との仲立ちの場としてこの譲渡会は設けられています。

いずれも野良猫や捨て猫など色々な理由で保護された猫たちで、保護された直後は弱って痩せ細ったりしていた猫が多いのですが、愛情を持って保護され元気に過ごしています。

今日もたくさんの方が会場に来られていました。気に入った猫ちゃんを抱っこして飼い主さんとの相性を確認します。様々な事情で来られる方もいらっしゃいます。ボランティアさんから性格や保護された状況などを聞いたり、相談されたりしていました。

この時期は3才・5才と大きな猫ちゃんが多いそうです。9か月の大きな子もいましたよ。「この子は良く食べるので他の子より大きいの。」ボランティアさんのもとでしっかり育てられているようですね。

ボランティアの皆さん、やさしくお世話し、しつけもしっかりされています。相性の合う里親さんに幸せに過ごしてほしいと願っています。

次回の開催は
3月22日(日)お昼12時〜午後3時、場所は同じくやお駐輪ビル3階です。

ブログ取材担当:川口とも



02.22.土  
カワチラボ とみさんの工房「大縁日」
2月22日から24日まで、アリオ八尾3階のカワチラボにて「とみさんの工房 大縁日」を開催しています!

ものづくり体験イベントを各地で開かれている「とみさんの工房」の楽しい縁日です♪
お祭り定番の昔懐かしい遊びに、食品サンプルを使ったユニークなコーナーもありますよ。

射的、千本引き、ヨーヨーつり、野菜の輪投げ、たこ焼きスマートボール、食材パターゴルフをお楽しみください。各ゲームでメダルをゲットして景品と交換出来ますよ(*^_^*)

ガラガラ抽選会はハズレなし!おもちゃやお菓子、キーホルダーなどが当たります。

参加チケットは1枚300円、4枚1000円で販売。
営業時間は2月22日〜24日午前10時から午後5時まで。
ご家族、お友達同士で遊びに来てくださいね!

ブログ取材担当:川口とも



02.22.土  
令和元年度楽しい環境活動支援金成果発表会
本日午後二時から八尾市役所内にて、令和元年度楽しい環境活動成果発表会が行われました。

楽しい環境活動支援金とは、環境アニメイティッドやおが八尾の環境をよくする活動を行っている団体に向けて支援金を交付するもので、今日はその活動結果を報告する会となりました。

初めに主催者である橋本久さんからの挨拶の後、発表者からのプレゼンが始まりました。

今年度支援を受けた団体は二団体あり、やおコミュニティ放送株式会社は犬の飼い主マナーアップ活動について、八尾市立曙川小学校児童会は学校のビオトープ運営に関する活動についてそれぞれ発表しました。

質疑応答の時間もとられ、発表者と審査委員との間で活動内容について問題点や今後の活動について意見が交わされました。最後に審査委員長の笹谷康之さんからの講評があり閉会となりました。

*この模様は3月11日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します。

取材担当:神子周太郎



02.21.金  
八尾市議会 本会議
本日、午前10時より八尾市議会本会議が八尾市役所10階の本会議場にて行われました。

開会の後、令和2年度の市政運営方針が大松桂右八尾市長によって述べられました。また“八尾新時代を創造する6つの成長戦略”も読み上げられました。

“八尾新時代を創造する6つの成長戦略”
1.次世代を担う子どもたちが大切にされるまち
2.つながりの豊かなコミュニティがあるまち
3.にぎわいと活気にあふれるまち
4.命を守り安全で安心して暮らせるまち
5.いきいきと活気にあふれる『健康都市やお』
6.地域分権時代にふさわしい持続可能なまち

発表されました市政運営方針の内容は八尾市役所のホームページ(令和2年度市政運営方針)からもご覧いただけます。
八尾市議会本会議は明日22日(土)から24日(月・祝)まで休会、25日(火)午前10時から代表質問が始まります。

放送日時は決まり次第お知らせ致します。


取材担当:津田滉介



02.21.金  
はっぴいくれよん金曜日 ゲスト出演!
本日午前10時10分から12時放送の「はっぴいくれよん金曜日」はゲストの方が登場します!

毎月第3金曜日にお届けしています。
「こんにちは!愛と信頼の司法書士 増田マサコ〜ヌです。」のコーナー、本日先生にお越し頂きお話を伺いました!

このコーナーは、大阪司法書士会広報渉外担当部長 増田 正子先生をお迎えし、あんなことやこんなことをわかりやすくお話していただきます。

はじめにお酒の話から、現代のコミュニケーションの変化へと話題が広がりました!
起業のセミナーを手掛けている増田先生。会社内でのコミュニケーションの大切さ、企業間とのコミュニケーションの取り方のお話へと続きました。

本日のお話は、2020年7月から自分で書いた遺言書(自筆証書遺言)を法務局で保管してくれる制度についてです。本人が自分で書く自筆証書遺言は、気軽に書ける反面、書いた後に紛失したり、改ざん・隠ぺいされたりというデメリットもあります。また、自筆証書遺言の場合は、遺言者の死亡後に家庭裁判所で「遺言書の検認」という手続を経なければならないのですが、遺言書保管制度を利用した場合は、この「遺言書の検認」の手続を受ける必要がなくなる、というものです。


様々な制度を上手に活用しましょう。わからないことは専門家にご相談ください!無料相談もたくさんありますのでご活用ください。

*無料相談会
2月21日(金)午後2時〜4時
八尾市役所本館10階 市民相談室
「司法書士・土地家屋調査士による登記・測量・境界無料相談会」

相談会・講座は無料ですのでお気軽にお出かけください。

来月の「こんにちは!愛と信頼の司法書士 増田 マサコ〜ヌです。」は3月20日(金)です。お楽しみに。

担当:川口とも



02.21.金  
FMちゃお ナハレ演芸ホールその3 「笑福亭笑助・桂咲之輔の落語で笑いナハレ!」
本日、アリオ八尾1階光町スクエアにて、
『FMちゃお ナハレ演芸ホールその3
「笑福亭笑助・桂咲之輔の落語で
笑いナハレ!」』が行われました。

@午後2時〜、
A午後4時〜の2部制(約1時間ずつ)で
開かれ、どちらも温かな笑いの
ひとときとなりました!

古典落語はもちろん、
日常生活に絡めた噺などもされていたので、
頷きながら聴いているお客様が
たくさんいらっしゃいました。
また、笑助さんは八尾出身なので、
アリオ八尾にちなんだ噺なども
されていましたよ(^^♪

次回は、3月27日(金)の午後2時から
アリオ八尾1階光町スクエアにて行いますので、
この日も是非、笑いのひとときを
過ごしにお越しください!

今回の模様は、
・4月14日(火)「情報プラザやお」
午後12時〜、午後7時〜、午後11時〜と
・5月3日(日)「音ちゃお」
午後7時30分〜にて放送されますので
是非、お聴きください!

取材担当:永井 優



02.21.金  
お店紹介「hotaru+plus」
本日、八尾市水越4-144の2階にリニューアルオープンしました「ハンドメイド家具&雑貨 hotaru+plus」へ、お店取材に行ってきました!

八尾市千塚に工房がある「ハンドメイド家具 hotaru」さん。2016年に工房を立ち上げ、お客様からこんな形がいい!このように使いたい!など、ご要望を細かくお聞きするオーダーメイド家具を製作販売しています♪

先日、工房市を久しぶりに開催したくさんの方が来てくださったそうです。縁あって、工房市を開催した場所で「hotaru+plus」のショップをオープンしました!

教興寺のショップでは家具だけの販売でしたが、このショップではアメリカから直輸入された雑貨や小物も販売されます!ペット用商品やごみ箱、小物入れなど新たな新商品も販売しますよ。

今回からリサイクル商品を解体し、ひのきやパイン材、カラーリングし直した素材を使って新たな商品に生まれ変わる”アップサイクル”を始めました!

例えば、ベビー椅子のプラスチック部分と椅子の部分を木材と鉄素材を使用し、かっこいいベビー椅子に。新たな命を吹き込み、お客様により良く使いやすい商品に生まれ変わる取り組みです。環境にもお客様にも優しいですね♪

市販ではサイズにお困りの方も多いのでは?
hotaruさんではお客様にあったサイズ、デザインをお聞きし、家具をお作りしますので、何でもご相談ください!また、オンリーワン商品をたくさんそろえております。パワーアップした「hotaru+plus」に是非遊びに来て下さい(#^.^#)

空間デザイナー 宮原雄真さんからお話をいっぱいお聞きしました!
お話しの内容は2月28日(金)はっぴいくれよん金曜日の番組内”街角レポート”午前11時〜放送します!お楽しみに♪

取材担当:川口とも



02.20.木  
「エコラブ オントーク」(3月7日・21日放送分)収録
大阪KES環境機構提供「エコラブ オントーク」。
本日、第17回・第18回放送分の収録を行いました。

この番組は、環境への負荷を管理し軽減していく環境保護活動を多くの市民に知っていただき、その普及を図ることを目的としてお届けします。
パーソナリティはシャンソン歌手のOno Akiさん、大阪KES環境機構担当理事の温川政佳さんです。

今回のゲストは、東大阪大学 短期大学部 実践食物学科長・管理栄養士の松井欣也先生。
松井先生は、災害時における栄養管理や未来食材としての食用昆虫を研究されています。
見た目で敬遠されがちですが、栄養がたくさんの昆虫食。
へぼ飯、いなごの佃煮、シロテンハナムグリ、蚕の糞茶など…スタジオで実際に試食をしながら収録しました。

放送は、毎月第1・3土曜日 19時〜(再放送:翌週木曜日 14時〜)の30分間です。

どうぞお楽しみに!!


収録担当:北山ヒロト



02.20.木  
令和元年度 家庭教育支援セミナー
午後1時30分から八尾市立青少年センター
集会室で 八尾市教育委員会主催
令和元年度 家庭教育支援セミナーが
開催されました。

地域の子どもとして、見守り・育てるため
地域社会全体で子育てを進められるような
これからの家庭教育支援の在り方を
考えることを目的として行われました。

テーマ「これからの時代を見据えた
     家庭教育支援の在り方
      〜すべての親子が笑顔になれる
         地域をめざして〜」
講師は、一般社団法人 家庭教育支援センター
ペアレンツキャンプ 代表理事
水野達朗さんです。

不登校の子ども達や家族をサポートする
活動を積極的に行われている経験から、
様々な形の家庭教育支援のお話を
わかりやすく説明してくださいました。

核家族化・地域とのつながりの希薄化が
すすむ今の時代、大変な子育てを抱え込み
悩んでしまい、ひきこもりや虐待へと
つながってしまうことがあるとのこと。
学校ができること・行政ができること、
そして地域ができることは何でしょうか。

セミナーに参加されていたのは、
地域・行政・議会と様々でした。
それぞれが今の立場だったら…と
考えながら、熱心に話をきいていました。

ブログ取材担当:居内千恵



02.20.木  
八尾の魅力セミナー「信貴山詣での今昔」
第39回目の八尾の魅力セミナーのテーマは「信貴山詣での今昔〜楽々と信貴山参りはケーブルに乗って〜」。講師は大西進さんです。
(午後6時30分〜7時45分、於プリズムホール4階)

大西進さんは普段、八尾の戦争遺跡のお話しをされているのですが、実は鉄道についても詳しくていらっしゃいます。

古くからある、信貴山の毘沙門天信仰。参拝の為に整えられた道や、明治時代につけられた鉄道、そして自動車道の開通。
変わりゆく信貴山詣での様子を、時代をおってお話しして頂きました。

今も残る道標や枕木の写真とともに説明を聞いていると、当時の参詣の賑わいが目に浮かぶようでした。

「武神」である毘沙門天を信仰して戦中は大変人気があったようです。
それでも戦時中は西ケーブルと山上線が金属回収令の適用を受け運行を休止することになったとのことで、時代の波を受けていた様子が感じられました。

近年はマイカー利用が増え、ケーブルよりも車での参拝が主流になっていますが、信貴生駒スカイラインを楽しむなど、形を変えながら信仰は続いていくようですね。

この模様の一部は後日放送致します。

放送番組 生放送「はっぴいくれよん」内
放送日時 2020年3月9日(月)
 (午前10時10分から正午までの間で
               10分程度)

取材担当:松本真理



02.20.木  
八尾市観光キャンペーン「マルシェ開催!若ごぼう販売会」
本日午後5時から、大阪メトロ谷町線八尾南駅にて、八尾市観光キャンペーンが行われました。

特産の若ごぼうをはじめ、八尾の農作物特産品と恩智・さつまやさんの和菓子などが並べられました。

マルシェは明日(2月21日金曜日)も開催します!午後5時から7時まで。売り切れ次第、終了なのでどうぞお早めにご来場ください!!

新型肺炎で暗い取材が多い中、活気ありありの現場取材でした!!皆さんのお越しをお待ちしております!!

ブログ取材:鈴木昌宏



02.19.水  
Let's バレティス!第87回目
『はっぴいくれよん水曜日』
担当の森川美佳です。

ヒロ・クロンドールバレエ協力
【Let's バレティス!】

本日は、代表の伊藤裕美先生と!
いつもゲストの方とお越しいただいてるので、
不思議な感じでした(笑)

改めて、バレティスを考案された
きっかけをお聞きしたり、
バレティストレーナーの皆さんが、
プロ野球ソフトバンクホークスの選手の
身体を支えるトレーナーとしてや、
ミス・ジャパン、ミス・アースなどの
ミスコンに出場される方の指導をしたり、
また、裕美先生は審査員としても活躍されます!
是非、注目していきましょう!


エクササイズは、人気No.1のスワンアーム!
身体全体を白鳥のように動かすものです。
座ったままでも大丈夫!

腰痛や肩こり、運動不足の方や、
こちら見て興味を持たれた方がいましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で
「Let's バレティス」ヽ(^o^)丿


今後もバレティスで皆さまと共に、
健康な体作りをしていきます。
次回は、甲斐優花先生です!お楽しみに♪

はっぴいくれよん(水)
パーソナリティ 森川美佳



02.19.水  
梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお (2020年2月26日・3月4日放送分)
「梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお」、本日は2月26日・3月4日放送分の収録を行いました!
今回のゲストはラッパーのあたりめ島田さん、元芸人のカゲイヨウイチさんの2名です!

3人で幅広い話題の楽しいトークが繰り広げられています。
収録風景はFMちゃおのYouTubeチャンネルにも動画でアップされていますので、一足早くご覧いただけます。

お2人の活動状況はTwitterなどでも発信されています。気になった方はぜひチェックして下さい。


今回の収録の模様は、
●前編 2月26日(水)午後2時〜2時30分
再放送 2月29日(土)午後9時〜9時30分
●後編 3月 4日(水)午後2時〜2時30分
再放送 3月 7日(土)午後9時〜9時30分
で放送致します。


収録担当:畔地祐希



02.18.火  
情報プラザやお「広報だより‐あんなとこ こんなこと‐」(2月21日放送分)収録
『情報プラザやお』
毎月第3金曜日は「広報だより-あんなとこ こんなこと-」をお届けしています。
今回のご出演は八尾市 経済環境部 産業政策課 農業振興係の田中さんと渡辺さんです。

前半は春を告げる野菜「八尾若ごぼう」について。
八尾市の特産物である「八尾若ごぼう」は、葉・軸・根の全てを食べることができます。
シャキシャキとした独特の歯ざわりが心地よく、早春の香り豊かな野菜。
食物繊維や鉄分、カルシウムが多く含まれていて、栄養価が高い野菜としても注目されています。
「ヤーごんぼ」とも呼ばれていますよね!

八尾若ごぼうが旬を迎えるにあたり、八尾若ごぼうを中心とした八尾産の野菜を販売するマルシェが開催されます。

◆八尾市観光キャンペーン◆
日時:令和2年2月20日(木)・21日(金) 17時〜19時(売切れ次第終了)
場所:大阪市営地下鉄谷町線 八尾南駅 改札を出たところ

◆八尾の「春」観光PRイベント◆
日時:令和2年2月27日(木)・28日(金) 17時〜19時(売切れ次第終了)
場所:JR八尾駅 改札を出たところ

また、3月7日(土)にはアリオ八尾1階レッドコートにて『第5回 八尾若ごぼう品評会&八尾野菜販売会』が開催されます!
地元の生産者が丹精込めた八尾若ごぼうの品評会と、採れたての八尾野菜の販売会、料理研究家を招いてのトークショーや農産物が当たる抽選会など内容盛りだくさん。
ぜひお出かけください。

======================
番組後半は、八尾の花づくりについて。
八尾市東部の高安山山麓は「やまんねき」と呼ばれ、古くから花づくりが盛んな 花づくりの里です。
栽培の中心地区である神立、大窪地区では江戸時代の中ごろには花づくりが始まり、明治末には、蕾が固い花枝を切り、促成開花させる技を全国に先駆けて考案したといわれています。

その八尾の花づくりをPRしようと、2月25日(火)から3月3日(火)に八尾市役所正面玄関横で、3月11日(水)から19日(木)にJR八尾駅構内で、それぞれ花の展示を行います。

詳しくは放送をお聴きください!

情報プラザやお「広報だより‐あんなとこ こんなこと‐」
放送は2月21日(金)正午〜・午後7時〜・午後11時〜です。

収録担当:北山ヒロト



02.18.火  
久宝寺緑地インフォメーション(2月24日放送分)収録
毎月第4月曜日は「久宝寺緑地インフォメーション」をはっぴいくれよん月曜日内でお送りしています。

久宝寺管理事務所の澤井さんとゲストにハッピーアースデイ大阪実行委員会よりコジマさん、オクタニさんのお二方にお越し頂きお話いただきました。

今回は、3月21日(土)と22日(日)に開催されます、環境イベント「ハッピーアースデイ大阪2020」についてです。

今年で10周年を迎える今回のイベント。
「ONE STEP FOR ACTION
    〜今はじめよう、“私”から〜」
をテーマに開催されます。

これから地球に対して行動を起こそうと思うきっかけになればとお話してくださいました。

当日、様々なワークショップ・展示・ステージ企画もあり、環境や社会問題について楽しく学べる場所があります。また、出展ブースでは環境に配慮し、オーガニックやフェアトレードに関連している食べ物や雑貨のお店が沢山並びます。自然素材を活かしたアクセサリーなどが販売されるそうです。

そして今回「10周年記念」ということで、特別に「アースデイかるた」や「ハッピーアートプロジェクト」が行われます。
アースデイかるたでは環境や人権、地球について知ってほしいことを44枚の巨大かるたに詰め込みました。かるたで学びラリーで自分の想いを宣言してみて下さい。

ハッピーアートプロジェクトでは「海洋問題」をテーマに昔の綺麗な海から今の問題が沢山ある海、そして未来の海への移り変わりをアートで表現します。抽象的に表すことで来場者の方にも考えてもらいたいとのことでした。

他にも防災や絶滅動物について考える場所もありますので、沢山の方に楽しんでご参加いただければと思います。

開催日時:3月21日(土)午前11時〜午後5時
     3月22日 (日) 午前10時〜午後4時

場所:久宝寺緑地修景広場

アクセス:近鉄大阪線「久宝寺口駅」
             (西へ徒歩15分)
     JR関西路線(大和路線)「久宝寺駅」
             (北へ徒歩10分)

最後にこのイベントではマイ食器の持参にご協力いただいています。使い捨てでない容器を1つ100円で借りて返却時に50円が返ってくるリユース食器制度も導入されているそうですが、1人1人がマイ食器を持参することで、ゴミを出さないようご協力をお願いしますとのことでした。

皆さんもマナーを守って、楽しくイベントご参加下さいね♪

この模様は2月24日月曜日午前10時10分からの「はっぴいくれよん」内にて放送されます。
お楽しみに!!


取材担当:玉井祐衣



02.18.火  
シルバー人材センターの仕組みがわかる「パネル展」
本日より八尾市役所本館1F市民ロビーにて始まりました、「シルバーパネル展」へ取材に伺いました。

シルバー人材センターの仕組みや活動を知ってもらう様々な展示が行われていました。

そして今回は公益財団法人八尾市シルバー人材センター常務理事兼事務局長 松野尾重利さんに色々お話を伺いました。

八尾市在住60歳以上で働き盛りの方を募集し、事務や駐輪場の管理、軽作業などの職種があります。月10日、週20時間勤務が条件で現在1900人の方が会員登録されているとのことでした。

他にも仕事とは別に会員の皆さんで同好会を開き、行事に参加されている写真もありました。
・ボウリング同好会
・ゴルフ同好会
・シルバー民謡同好会
・カラオケ同好会
・生き活き倶楽部(河内音頭ボランティア)
・八尾「山の辺会」(ハイキング)

様々な同好会があるんですね!!
展示されているお写真一つ一つとても素敵な表情をされていました。

本来事務所の方では会員の皆さんが作られた野菜やお花、雑貨などの販売もされているそうですが、今日はお野菜のみ無料で配布されていました。こちらは無くなり次第終了になるそうです!

また空家の見守りサービスというものも行われており、空家が汚されていたり、ゴミの無断放置がされている場合速やかに持ち主に連絡を送るサービスがあるそうです。

開催日時:2月18日(火)〜21日(金)
時間:午前9時〜午後5時(21日はお昼12時まで)
是非お出かけください!

ブログ担当:玉井祐衣



02.17.月  
事業者・消費者・行政のつどい〜多様化する社会での健康・安全・安心
本日は、八尾市立くらし学習館で事業者・消費者・行政のつどいが行われました。

大松桂右八尾市長もお越しになられていて事業者、消費者の相談や苦情など解決策を提案され行政からの報告について様々な意見をおっしゃっていました。

多くの相談や報告を聞きより良い社会に出来るように助け合うことがとても重要だと感じます。


ブログ担当:岡本健一



02.17.月  
八尾ラグビースクール ヒーローズカップ決勝大会出場報告市長表敬訪問
本日、午後5時30分から八尾市立青少年センターにて「八尾ラグビースクール ヒーローズカップ決勝大会出場報告市長表敬訪問」が行われました。

八尾ラグビースクールは1983年より活動を開始、現在幼稚園生から中学生の男女、総勢120名が所属するクラブです。主に南木の本防災公園運動広場、新家町市民運動広場を中心として毎週日曜日に活動しており日々練習に励まれています。

この度、八尾ラグビースクール6年生が第12回ヒーローズカップ関西大会において優秀な成績を収め令和2年2月22日・23日に横浜市で開催されるヒーローズカップ決勝大会に関西地区代表として出場することが決まっています。

本日は、八尾ラグビースクール6年生のメンバーが20名、並びにコーチスタッフ、保護者の皆さんが集まり、大松桂右八尾市長、中山晶子八尾市教育長、田中淳二生涯学習担当部長へご報告と大会に向けての決意表明を行いました。

選手を代表して決意表明を行ったキャプテンのお話に頷きながら耳を傾けその気持ちをしっかりと受け取られていました。

この後子ども達と歓談の時間が設けられ、緊張気味だった選手たちの緊張も解れ、大松八尾市長と円陣を組み大会に向けて勢いをつけました。

最後に撮った集合写真では、選手たちは皆良い顔をしていました。

決勝大会でも力を出し切る戦いが出来るよう願っています。

是非、これからの八尾ラグビースクールの選手たちの活躍を皆さんも見守って下さい。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.16.日  
令和2年 八尾市柔道選手権
本日午前9時30分から、八尾市立総合体育館ウイングの武道場で「八尾市柔道選手権大会」が開催されました。

八尾市以外からも選手が参加し、試合は全て3分。
初段トーナメント8名、2段以上トーナメント8名の総勢16名が出場します。
開始前からウォーミングアップを兼ねた練習でしっかり身体を温めて試合に臨みました。

まずは午前9時45分頃から初段トーナメント。
その後、決勝を残して午前10時過ぎから2段以上トーナメントが行われ、それぞれの決勝戦となります。

年齢も体格も様々な選手が、日頃から鍛えた技をぶつけ合います。
白熱した試合に周りからも「ファイト!」と応援の声が上がり、鮮やかな一本や好勝負に自然と拍手が送られました。

両トーナメントを終えた後は、午前10時30分過ぎから初段・2段の選手12名によるトーナメント戦。
さらにエキシビジョンマッチとして3段以上の選手など上位5名による総当たり戦が行われました。
息を切らせながらも試合が始まると全力でぶつかり熱戦が続けられました。

全ての試合を終え、最後は午前11時半頃から閉会式。
初段トーナメント、2段以上トーナメントでの成績上位者4名ずつに表彰状が贈られました。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.16.日  
情報プラザやお「ドラマチックラジオ」収録(3月2日放送分)
本日、FMちゃおのスタジオにて、3月2日(月)に放送予定の『情報プラザやお♪八尾の通行人の★ドラマチックラジオ』の収録がありました。
ドラマチックラジオでは現在活躍中のアーティストをご紹介しています!

今回のゲストは、昨年10月にも番組に出演されたシンガーソングライターの朋実さんです。

いま活動拠点をどんどん広げているということや、自身初の弾き語りアルバムである「告ぐ」のタイトルに込められたメッセージ、こだわりのあるアルバムのパッケージ等についてお話し頂きました。

また番組では、同アルバムより「白のタートルネック」と「告ぐ」の2曲をお届けします。

放送日時は3月2日(月)正午から。再放送は同日午後7時〜、午後11時〜の予定です。お楽しみに!(^^)

【開催情報】
3月6日(金)午後6時開場
会場:second rooms
(京都府向日市寺戸町西田中瀬3-4 FORUM東向日1)
「彼女の歌声 part21 -優しい風、溶けゆく心-」

3月9日(月)午後2時30分開場
会場:磔磔
(京都市下京区富小路仏光寺下がる)
「えんとつ町の学園祭 -みんなで創る音楽フェス-」


取材担当:津田滉介



02.16.日  
令和元年度 がんばっ展IN安中@
皆さんこんにちは!伊藤敦奈です。
本日は安中人権コミュニティセンターで開催された「令和元年度 がんばっ展IN安中」にお邪魔しました。

14、15日は作品展示や講演会が開かれ、最終日の本日は普段コミセンで活動されている講座生の皆さんの活動発表となる交流会が開かれました。

午前10時より2階ステージでは開会式が開かれ、その後交流会がスタート。
内容はハーモニカ演奏や太極拳、コーラスと続き、皆さん緊張していたそうですが、ステージではとても堂々とした様子でした。
演奏では知っている曲が流れると客席から自然と口ずさんだり手拍子する方もいました。

正午からは昼食の販売もあり更に賑わっていました。
粕汁や炊き込みご飯が、なんと100円!
昨日に引き続き、健康コーナーも多くの方が訪れていらしゃいました。
今日はこのあと15時まで行われるそうです。

Aへ続く…


取材担当:伊藤 敦奈



02.16.日  
令和元年度 がんばっ展IN安中A
14日(金)から3日間、安中人権コミュニティセンターにて開催されている『がんばっ展IN安中』。

今日は、午後2時15分より、風音の代表である高藪弘さんによるハーモニカミニコンサートが開かれました。

コンサートでは「荒城の月」や「忘れな草」といった哀愁漂う曲から、卒業シーズン間近ということで、「仰げば尊し」や「蛍の光」などの懐かしい卒業ソングが披露されました。

会場には大勢の方が集まりほぼ満席でした。観客の皆さんも演奏と一緒に手拍子をしたり、歌を口ずさんでいました。

ハーモニカの柔らかい音に包まれて曲を聴いていると、あっという間に最後の曲に。ラストの曲は「無法松の一生」が演奏され、そしてアンコールでは「河内おとこ節」が披露されました。大盛況の内にコンサートは幕を閉じました。

優しい時間がゆっくり流れる素晴らしいハーモニカミニコンサートでした。

こちらの模様は3月10日(火)放送の「情報プラザやお」でお伝えします。


取材担当:神子周太郎



02.16.日  
第37回 南高安コミセンまつり「舞台発表の部」
午後1時から南高安コミュニティセンターでは『第37回 南高安コミセンまつり「舞台発表の部」』が開催されました。

こちらでは先週から作品展示の部も開催されていました。

当日はあいにくの雨の中の開催となりましたが毎年楽しみにされている方が多く、今回も客席が満席になる程沢山の方がお越しになっていました。

はじめに運営協議会会長からの挨拶があり、プログラムはヨーガや詩吟、3B体操に太極拳や体操など様々。
今年度開校された「男性ヨーガ講座」の皆さんは椅子に座ったままで出来るヨーガをいくつか会場内で披露され、皆さん一緒に体験されていました。

中には10年以上講座を受講されている方もいるそうです。
それだけ続けたくなる楽しさがあるのがコミセン講座の魅力ですね♪
発表された受講生の皆さんはとてもイキイキされていました。

最後はカラオケクラブ&講座の皆さんの歌の発表で今年度のコミセンまつりも無事終了となりました。

また皆さん、来年度の発表に向けて1年間楽しく受講して下さい(^^)


取材担当:伊藤 敦奈



02.15.土  
畑中真美農園 八尾若ごぼうの掘り取り
今日と明日の2日間、恩智中町にあります畑中真美農園では「八尾若ごぼうの掘り取り」が行われています。

春を告げる野菜「八尾若ごぼう」のシーズンがやってきました!畑中真美農園で行われている「八尾若ごぼうの掘り取り」は毎年好評で2日間で150組以上の申し込みがあったそうです。

畑中真美農園で栽培される「八尾若ごぼう」はビニールを掛け育てられているので葉も柔らかく茎の部分も綺麗な若草色です。毎年掘り取りに来られたご夫婦から「畑中真美農園さんの若ごぼうは他とは全然違いますよ。もう10年ほど参加していますね。」とお話ししてくださいました。

葉・茎・根余すことなく食すことが出来、掘り取りに来られた皆さんとても楽しみにされているようですね♪

軍手に長靴姿で来られたお子様も多く、農園の方から「根元を一本ずつ抜いてね。」と教えてもらい、両手で一生懸命抜いていましたよ!
「お〜抜けた〜。見て!大きいよ〜」と嬉しそうな声が聞こえます。記念写真を撮ったり、親子で取られたりみなさん楽しく作業されていました。

どのように食べられているのかお聞きすると、天ぷら、パスタ、煮びたし、炒め物、炊き込みご飯と様々!私も八尾市が紹介しているレシピのかき揚げ、パスタを作ってみました♪とれたて新鮮若ごぼうは、香り、歯ごたえがとても良くおいしくいただきました(#^.^#)

八尾を代表するブランド野菜「八尾若ごぼう」、これから八尾市内でも様々な場所で販売されます!

*「八尾市観光キャンペーン」で八尾市特産「八尾若ごぼう」や八尾野菜を販売するマルシェを開催します!

・谷町線八尾南駅
2月20日(木)・21日(金)午後5時〜7時(売切れ次第終了)

・JR八尾駅
2月27日(木)・28日(金)午後5時〜7時(売切れ次第終了)

また、3月7日(土)はアリオ八尾1階レッドコート 午前10時から「第5回八尾若ごぼう品評会&野菜販売会」を開催します!

ブログ取材担当:川口とも



02.15.土  
中河内医療圏がん診療ネットワーク協議会シンポジウム
中河内医療圏がん診療ネットワーク協議会シンポジウム
「地域でがんと向き合いましょう!」が、午後2時からプリズムホール小ホールで開催されました(午後4時まで)。
主催の中河内医療圏がん診療ネットワーク協議会は、
国指定・大阪府指定のがん診療拠点病院、八尾市・東大阪市・柏原市、医師会、保健所などで構成されています。

司会はFMちゃおの藤井加奈子さん。

開会にあたり、大松桂右八尾市長、協議会事務局である八尾市立病院佐々木洋特命総長からご挨拶がありました。また、野田義和東大阪市長からもメッセージが届いており披露されました。

第一部のテーマは「がん治療とがん拠点病院を知ろう!」司会進行は田村茂行八尾市立病院病院長。
中河内にある6つのがん拠点病院から、3名の方がご登壇されました。

1:「がん治療とがん拠点病院」
  (山田晃正 市立東大阪医療センター副院長)

2:「がん相談を知っていますか?」
  (三谷勇一 八尾徳洲会総合病院 
       医療ソーシャルワーカー)  

3:「アドバンス・ケア・プランニング
     (人生会議)ってご存知ですか?」
  (山本直美 若草第一病院看護課長
         ・緩和ケア認定看護師)

がんの治療の種類、がんと診断された時の相談窓口、自分が望む医療やケアについて家族や大切な人に伝える「人生会議」についてご説明頂きました。


第二部はマッハ文朱氏による特別講演「エンジョイ健康ライフ」がおこなわれました。

また、小ホールロビーでは、各病院のブース、健康相談やがん検診啓発コーナー、治療による外見の変化をケアするアピアランスケアコーナー(ウイッグ、肌着などの展示)などがありました。


がん治療に際しては、身体的、精神的、社会的苦痛があります。治療の方針をどうするのか、仕事など日常生活との両立の仕方など、不安に思うことはたくさんあります。まずはがん拠点病院にある「がん相談支援センター」に相談することをおすすめします。
病院によっては患者さんのサロンもあります。いろんな相談窓口を知っておく事が大事ですね。


このシンポジウムの中から、第一部の模様を後日放送致します。

放送番組 情報プラザやお
放送日時 2020年2月18日(火)正午
    *再放送 同日午後7時


取材担当:松本真理



02.15.土  
朝日プラザシティ 高齢クラブ「素人寄席 天満天神の会」
本日、午前10時から朝日プラザシティ集会所にて朝日プラザシティ高齢クラブ「素人寄席 天満天神の会」が開かれました。

朝日プラザシティには町会の中に高齢クラブ「曙会」があり、朝日プラザシティに住むご高齢者に対し食事会などの楽しんで頂けるイベントや健康セミナーなど役に立つ講座を開催しています。

今回は、素人寄席 天満天神の会の八軒家たし歌さんを招いて寄席が行われました。素人寄席 天満天神の会は大阪天満繁昌亭の落語家入門講座修了生の有志によって平成20年9月に結成した落語が大好きな方々の集まりです。天満天神の会では、日頃、気軽に寄席などへ行く機会の少ない方々や、福祉施設や自治会等のイベントの場に生の落語を届け、大いに笑っていただくために「落語の出前」をされています。

八軒家たし歌さんは、八尾市の弓削出身の方で朝日プラザに住む方ともお知り合いというご縁で今回寄席を行ってくれました。

小咄で場を温めた後披露された落語は、「くしゃみ講釈」です。落語を聴く皆さん、声を出して笑いとても賑やかな時間を過ごされました。

この日、落語の後には昨年12月に行われた忘年会の写真もスライドショーで皆さんで観賞もされています。

月に1度のペースでこうして朝日プラザシティ高齢クラブでは、イベントを企画し行っています。
共に助け合い、共に楽しい時間を共有されている皆さんの様子を見させていただきました。
参加されている方々もこの絆を心強く思われていることでしょう。

ブログ担当:木坂浩三



02.15.土  
情報プラザやお「声から広がるネットタイム」収録(2020年2月26日放送分)
情報プラザやお毎月第2、第4水曜日は「声から広がるネットタイム」をお届けしています。

本日は第4週目の2月26日(水)放送分の収録を行いました。ご担当は吉田知子さんです。
スタジオには、八尾市観光ボランティアガイドの会から黒田昇さんと仲本美智世さんをお招きしお話頂きました。

お2人は八尾市観光ボランティアガイドの養成講座を受講され最後に行われる試験に合格し、八尾市観光ボランティアガイドの会のメンバーになられたばかりのニューフェイス!

自分たちが昨年の4月からボランティアガイド養成講座を受講したきっかけや、養成講座を受けてみて感じた事などをお話頂いています。
ボランティアガイド養成講座を受けて八尾市に住んでいても知らなかった八尾の事を学んだお二人。これから八尾市観光ボランティアとしても活躍されるお二人のお話をぜひ番組でお楽しみ下さい。

≪情報プラザやお「声から広がるネットタイム」≫
2月26日(水)
お昼12時〜、午後7時〜、午後11時〜

担当:木坂浩三



02.15.土  
第22回 八尾シンポジウム 八尾から紡ぐ創造の力〜10年後の未来に向けて〜
本日、午後1時から大阪経済法科大学八尾駅前キャンパスにて「第22回 八尾シンポジウム 八尾から紡ぐ創造の力〜10年後の未来に向けて〜」が行われました。

今年のテーマは『八尾2030/ヤオ・二―ゼロサンゼロ』ということで、2020年の節目をむかえた今、これから先の10年後の八尾を見据えて中小企業が直面する課題にどのように対応していくか議論がなされました。

オープニングセレモニーに続き、第一部・第二部と二部構成でパネルディスカッションが開かれました。

第一部ではこれからの地域労働力を考え、外国人雇用や障がい者雇用について実際に取り組んでいる企業や支援団体の方たちの話を交えて人材問題に対するディスカッションをしたほか、大阪経済法科大学の学生による就職先に対して求める要素についての発表がありました。

第二部では生産性向上について各企業の代表者が会社での取り組みや、その観点から今後の中小企業での働き方の転換・経営の在り方について話し合いました。また、大阪産業大学が学生と市内企業を結ぶインターンシップ制度の作成案についてのプレゼンを行いました。

その後グループ討論や懇親会が開かれ、経営者や学生がお互いの意見の交換や、グループごとの発表を通じて交流を深めました。

これから先の八尾をどのようによくしていくか、そんな熱意がこもったシンポジウムでした。

この模様は後日放送します。
☆放送日☆
2020年2月21日金曜日 情報プラザやお内にて
正午〜 午後7時〜 午後11時〜
(第二部を抜粋してお送りします。)


取材担当:神子周太郎



02.15.土  
第17回障がい者フォーラム〜八尾市の作業所展示即売会@
本日午前10時から、八尾市文化会館プリズムホールで「第17回 障がい者フォーラム」が開催されました。

八尾市に居住する障がい者が、企画、運営に携わり、障がい者に対して地域生活に役立つ情報を提供し、社会参加を促進するとともに、市民に対して障がいへの理解を深めてもらうことを目的として、毎年開催しています。

午前10時から3階展示室では八尾市の障がい者福祉作業所で製作されている作品の展示や販売がありました。

作品の展示では、大きな魚の貼り絵が迎えてくれましたよ!他にも書道や絵画、陶器、干支の作品と細かな作品も多く展示されていました。豊かな表現力と時間をかけて作られた力作ぞろいです。

また、放置自転車の啓発や令和元年度に団体として市民表彰を受賞された、八尾市障がい者基本計画ワーキング会議(くれよん組)の18年間の歩みが紹介されていました。

販売コーナーでは、クッキーやパン、手作り小物、ビーズアクセサリーなどを作業所の方が販売されています。製作した苦労や工夫、おすすめ商品などお客さんと会話を楽しまれていました♪

体験コーナーでは、実際に作業所で行っている軽作業やバルーンアート、ミサンガ、紙すきの体験が出来ました。

つづくA    取材担当:川口とも



02.15.土  
第17回障がい者フォーラム〜作業所紹介コーナーPR大会・障がい者の主張パート12
午後1時から5階レセプションホールで、障がい者の方々が出演し様々な思いを発表します。
会場には100名以上の方が来られ、大松桂右八尾市長もお越しになりご挨拶されました。

今回の司会は、吉本興業所属お笑い芸人、FMちゃおで毎週金曜日「span!水本の凱旋ラジオ!feat.マコト」の番組に出演されている、span!のお二人。進行は毎週月・金放送されている「やおのつとむ便り」でおなじみの小鍛冶孜さんです。

アドバイザーは大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科教授 田垣 正晋さんです。今の障がい者の現状を照らし合わせながら進められました。

障がい者の主張 パート12〜あなたにとどけ、みんなにとどけ、あの夢、その意志、この想い〜では、多くの方に知ってほしいことや、今頑張っていること、それぞれの夢、想いを主張します。また、日ごろ一生懸命練習している成果も発表します。

今回は三味線の演奏や作業所、高次脳機能障害の方、くれよん組さんが出演されました。
目が見えない方の音の覚え方、作業所メンバーさんの余暇の過ごし方など聞いて、それぞれの楽しみ方、苦労を知ることが出来ました。

主張で「”障がい者は出来ないでしょ”と思っている方が多い。私は出来る事から話し合い、自分をアピールしています。」「作業所は障がい者が集まる場所なので安心します。人に褒められる、認められることがありません。同時に出来ないから苦しんでいます。」という言葉もありました。
また、仕事で成功した時は自分に自信がつき、生きていると実感したそうです。

「障がい者の方は外に出られる方も少なく、同じ仲間で集まる場所があるのは嬉しい。」様々な思いを経験された方が笑顔で伝えられました。苦しい思いはなかなか話す機会もありません。今日は勇気を出し思いを伝えることが出来たようです。

今日は楽しい時間を過ごしながら、障がい者の想いを知る良いきっかけにななられた方も多いのではないでしょうか(#^.^#)

*この模様は3月5日(木)「情報プラザやお」お昼12時〜 再放送午後7時〜11時〜 放送します。お楽しみに!

取材担当:川口とも



02.15.土  
八尾市ダイヤモンド大学「手づくり」
本日、午前10時より『第7回 ダイヤモンド大学』(主催:NPO法人関西消費者連合会・八尾市女性団体連合会)が八尾市立くらし学習館にて行われました。

八尾市ダイヤモンド大学は毎月第3土曜日に開かれます。1年を通して全8回の講義のなかで暮らしにまつわる様々なことを学ぶ場です。
今年度7回目となる今回のテーマは「手づくり」です。講師として八尾市消費問題研究会の新居佐登子副会長をお招きし、折り紙でひな祭りを表現します。

柄のある折り紙と無地の折り紙を重ねて、ズレないようにきっちりと折っていきます。これがなかなか難しい...。
折り紙を綺麗に折るコツは「空中で折らない」ということ。机に置いて、しっかりと折ることがポイントです。少しズレると後からどんどん形が歪みます。

先生に教わるだけでなく、隣の席同士でも折り方を確認しながら男雛と女雛を作りました。
難しい折り方に苦戦する場面もありましたが、最後には皆さん笑顔になっていました。

『ダイヤモンド大学』次回は3月15日(土)開催の予定です。


ブログ取材担当:津田滉介



02.15.土  
八尾イノベーション促進プログラム「環山桜塾」〜修了式〜
八尾イノベーション促進プログラムとは、起業家及び次世代経営者の課題解決とイノベーション創出の後押しを行うとともに、これから起業を志す起業準備者にも必要な知識やノウハウを伝授することを目的に、環山楼塾と八尾あきんど起業塾を展開しているプログラムです。

環山楼塾は、学び(Input)と実践(Output)を体感することにより、イノベーションを創出する人材育成プログラムです。
アイデアをカタチにする、熱い想いを行動に移すことができる“戦略的企業家 Strategic Entrepreneur”の養成をめざし、世界に一つだけのイノベーションプランを作成する人材を育成・支援します。7月からプログラムが始まり本日が最終日です。

前期は課題の整理と解決方法の検討、後期はイノベーションプランの策定をテーマに、講義、宿泊研修、特別講演、個別相談を受け学ばれてきました。

本日はイノベーションプラン発表会です。午後1時から、八尾商工会議所で行われ、16社が発表されました。
参加者の方が発表の最後に「一緒に学んだ事を振り返り今後に活用していきたいです。藤原先生をはじめ、多くの方と接し多くのアイデアに感謝したいと思います。」と思いを述べられました。

全ての発表が終わり最後に、りそな総研 藤原様から講評が伝えられました。「新しい価値は何だったか振り返って欲しいです。ひらめきの所を誰にでもわかりやすく説明できること。やりたいこと、やるべきことを早めに進め多くの人にプレゼンして下さい。」と皆さんと過ごした時間、展望を喜ばれているようでした。

各社の発表を大松八尾市長、八尾商工会議所 山口会頭もお聞きになり、ご挨拶されました。山口会頭より「環山桜塾の経験を有効に活用してください。みなさんは八尾市の産業を支える方たちです。これからの発展を願っています。」。大松市長から「異業種交流によって企業の発展へと、行政もサポートしていきます。」と力強いエールを送られました。

山口会頭から修了証の授与では、みなさん期待あふれる笑顔で受け取られていました。

会場の後ろでは、各企業さんへのメッセージを伝えるボードが設置されていました。
このプログラム期間中、企業間で新たなコラボが生まれました。また、素晴らしいアイデアや人との繋がりも出来たそうです。

八尾から世界へ発信する産業、企画、商品など、何かが生まれるかもしれませんね(#^.^#)

取材担当:川口とも



02.14.金  
情報プラザやお「くらしを科学する」(2020年2月17日放送分)
毎月第3月曜日の情報プラザやおは「くらしを科学する」。
担当はアクアフレンズの美濃原弥恵さん。
今回のゲストは、近畿地方整備局大和川河川事務所の榎本博行副所長です。

榎本さんは3回目のご出演。まずは台風・洪水のお話しからはじまりました。
近年、大きな台風が多いな、という印象を持っている方もおられるでしょう。実際、第2室戸台風や伊勢湾台風による甚大な被害のでた昭和30年代にせまる状況といえるそうです。

川の増水が見込まれる際には、浸水被害を防ぐために地元の「樋門(ひもん)操作員」が活動します。支川への逆流を防ぐため出動して樋門を操作する、厳しい任務です。
また、堤防の決壊を防ぐため、警戒活動や土のうを積む「水防団」の方々も活動します。こちらも樋門操作員と同じく、雨の中、水位がさがって安全が確保されるまで活動することになる、危険で厳しいおつとめです。

普段はあまり見聞きすることのないお役目ですが、こうしてたくさんの方が地域を守って下さっているのですね。

また、もしも洪水で大和川の堤防が崩れた場合、浸水はどう広がるのかというシミュレーションについてもご説明頂きました。
いざという時に、いつ・どう逃げるかをご家族で話し合っておかなければなりませんね。


ちなみに番組内でお届けするリクエスト曲は、榎本さんの弾き語りで「川のそばで」です。


今回の「環境一口メモ」はアクアフレンズの川アさんと皆木さん。テーマは「土ごぼう」で、栄養や下処理の仕方、レシピなどご紹介して頂きました。こちらもお楽しみに。


放送番組 情報プラザやお
      「くらしを科学する」
放送日時 2020年2月17日(月)正午
     *再放送 同日午後7時


収録担当:松本真理



02.14.金  
情報プラザやお「健康バンザイ」(2020年2月20日放送分)
情報プラザやお、毎月第3木曜日は「健康バンザイ」をお送りしています。
今月は山本出張所の保健師・藤井さんと高安出張所の保健師・中村さんにお越しいただいて収録を行いました。

今月のテーマは「歯周病のお話と歯科検診を受けよう」。
虫歯と並んで歯を失う二大原因と言われる歯周病について、原因や予防法を教えて頂きました。

予防の基本は毎日の歯磨き、そして歯科の定期健診を受ける事です。自分の口内環境をこまめに診てもらい、丁寧な歯磨きで健康な歯を残しましょう。
八尾市で行っている歯科検診についてもご紹介頂いています。


放送は2/20(木)お昼12時から、再放送が午後7時からと午後11時からです。


収録担当:畔地祐希



02.14.金  
情報プラザやお「環境活動のご紹介」収録 (2020年2月24日放送分)
「情報プラザやお」毎月第4月曜日は「環境活動のご紹介」をお届けしています。

本日は2月24日(月)放送分を収録しました!
スタジオにお越し頂いたのは、「おばんざいバル りんご屋」店主の橋本さん、八尾市市民活動支援ネットワークセンター「つどい」の新福さん、環境アニメイティッドやお事務局 新葉さんです。

みなさん、八尾の環境情報マガジン「かわちの風」をご存知ですか?八尾市内で環境問題に取り組んでいる市民・市民団体・企業・教育機関などを応援する協議会、環境アニメイティッドやお広報委員会が2か月毎に発行している情報誌です。

今回は2019年11月(No.167)号に掲載された、りんご屋さんのお店の紹介や、料理、こだわりなどを伺いました。りんご屋さんのお料理は、自家菜園、自家農園にこだわった野菜を使用しています。素材への愛情やいきさつなどをお話してくださいました。

後半は、橋本さんが立ち上げた”Re:女子会”の清掃活動や環境を守る楽しい活動・イベントなどについてお話ししています。

新福さん、新葉さんの環境にまつわるお話しやちょこっとアドバイスも併せてお楽しみ下さい(#^.^#)

放送は2月24日(月)お昼12時からと、再放送が午後7時、午後11時からです♪

担当:川口とも



02.14.金  
第13回八尾市高連カラオケ大会
本日午後1時から八尾市文化会館プリズムホールの小ホールで、八尾市高齢クラブ連合会主催の『第13回八尾市高齢クラブ連合会カラオケ大会』が開催されました。

八尾市内18の地区の連合会が集まり行われ、今年は34名の方が参加されました。

まず始めに山本賢大会委員長の開会挨拶があり、大松桂右八尾市長からの来賓挨拶のあと、カラオケ大会が幕を開けました。

出演者の皆さんはのびのびと歌唱をされており、会場のお客さんもそれに応えるように拍手や声援を送り大盛り上がり!
最後まで会場は温かな雰囲気で包まれていました♪

こちらの模様は、放送日時が決まり次第お知らせします。


取材担当:神子周太郎



02.14.金  
第10回 やお創業ゆるっとカフェ
本日、午前14時より『やお創業ゆるっとカフェ』が、みせるばやお(八尾市光町2丁目60 LINOAS 8階)にて開催されました。

『やお創業ゆるっとカフェ』は、自分の好きなことを仕事にしたい方、起業に興味や関心はあるけどどうすれば良いか分からない方、起業しようとしている人に話を聞いてみたい方が気軽に参加できる交流会です。参加者同士のネットワーク作りの場としての役割もあります。

10回目の開催となる今回は、講師として「とうふ工房まめいち」(八尾市陽光園2-6-5-101)の石尾稔さんにお越し頂きました。
石尾さんは3社の豆腐製造工場の工場長・製造責任者・仕入責任者として勤務された経験をお持ちです。
“本当に美味しい豆腐を提供し、お客さんに喜んでもらいたい”という気持ちから国産の大粒大豆、藻塩にがりをなどを使用したこだわりの豆腐を製造販売されています。
講演では豆腐作りに対する思いをお話頂きました。また最後には「とうふ工房まめいち」の豆腐と豆乳の試食会も行われました。
--------------------------------------------------
『やお創業ゆるっとカフェ』
次回の開催は2020年3月13日(金)午前10時30分スタートの予定です。
ゲストとして、「プラクス株式会社」の坂上博俊代表取締役社長にお越し頂きます。お楽しみに!^^


取材担当:津田滉介



02.14.金  
令和元年度 がんばっ展in安中
本日、午後1時より『令和年度 がんばっ展in安中』が安中人権コミュニティセンターにて開催されています。

がんばっ展では、地域住民と講座受講生の皆さんによる交流会や成果発表が行われます。初日である今日は作品展示の取材をさせて頂きました。

作品展は1階と2階に分かれています。1階には絵画が中心に展示されていて、2階にははがき書画、パッチワーク、硬筆習字などさまざまな作品が展示されています。
また高美小学校と高美南小学校、高美中学校の皆さんによる人権ポスターもあり、どの作品もかなりの力作で、見応えがとてもあります。

がんばっ展in安中は明後日16日(日)までの開催です。明日15日(土)は元パラリンピック車イスマラソン日本代表・日本パラ陸上競技連盟副理事長の花岡伸和さんによる講演会「シアワセの作り方」、16日(日)は「ハーモニカ風音ミニコンサート」が行われる予定です。ぜひ足をお運びください!^^


ブログ取材担当:津田滉介



02.14.金  
安中地区防犯講習会
安中小学校区まちづくり協議会(防犯部)主催の防犯講習会が、午後2時から開催されました(午後2時45分頃まで)。

当初予定されていた安中集会所から、安中会館に場所を変更して開催されました。
参加は45名ほど。

最初に竹ノ株会長と防犯部長のやましたさんから
ご挨拶がありました。


今回の講師は、八尾警察生活安全課防犯係の巡査部長で、日々ニュースで取り上げられている、オレオレ詐欺・架空請求詐欺・還付金詐欺などの特殊詐欺被害についてお話しをして頂きました。

実際に掛かってきた詐欺の電話の音声も聞かせて頂きましたが、丁寧でさわやかな語り口で、話しだけを聞いていると、とても悪事を働こうとしているようには思えません。参加者の皆さんも、犯人が被害者を誘導していく様子を、なかば感心しながら聞いていました。

詐欺撃退に有効なのは、電話に自動ガイダンスが流れるもの。「この電話は録音します・・・」と聞こえたら、声紋を残したくない犯人はすぐに電話を切るそうです。
ご高齢で心配な方がいらっしゃったら、このような機器を取り付けるのもいいですね。

また、被害情報をリアルタイムで配信してくれる「安まちメール」への登録もすすめておられました。
自分でできる対策はしておきたいですね。


ブログ取材担当:松本真理



02.14.金  
みせるばやお「新年会」
本日、午後6時半より、みせるばやおの新年会があべのハルカス(大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43)の14階「SURFSIDE KITCHEN」にて開催されました。

みせるばやおはワークショップなどを通じて、楽しみながら市内企業の魅力を知ることができる施設です。
中小企業が自覚的・主体的に取り組み、大企業や行政と力を合わせ、企業単体の取り組みを超えた交流によって、新たな産業・技術・サービスを生み出すこと。またそれを全国、そして世界へと発信し、賑わいのあるまちづくりに貢献していく拠点の創出と運営を行う目的もあります。

そんなみせるばやおは来年の8月で創設2年目を迎えます。今までの累計来場者数は現在およそ46000人以上にもなり、参画企業は120社を超えています。会場には役員の皆さん、関係団体や企業の皆さんが大勢集まりました。

株式会社友安製作所の友安啓則社長より「参画企業が300、400と増えるように...八尾の産業が盛り上がるようにこれからもどんどん頑張りましょう!」と乾杯の挨拶がありました。

そのあとは、今年の目標を話し合ったり、初めて顔を合わせる方と名刺を交換したりするなどの交流が行われました。新年会は午後9時半ごろまで続きました。

八尾のものづくりの発展に今年も期待です!


ブログ取材担当:津田滉介



02.13.木  
移動スーパー「とくし丸」出発式
近年「買い物難民」という言葉が浸透してきているように、「お店が近所にない」「車を手放したので出掛けられない」など日常のお買い物に困難を感じておられる方が増えているようです。

移動スーパー「とくし丸」は、地域のスーパーと契約し、軽トラックに生鮮食品や日用品などを載せて利用者のお宅に個別に訪問・販売します。

このたび、近商ストア恩智店でとくし丸の運行が開始されました。
株式会社近商ストアとしては6号車、八尾市内では初の運行になります。

本日午前8時30分から、恩智店の駐車場にて出発式がとり行われました。
心配されていた雨もあがり、クラッカーとともに販売パートナーさんによる運行がスタートしました。

お買い物は、日々の楽しみのひとつです。週に2回の運行なので、新鮮な食品が手に入ります。
とくし丸は対面販売なので、一人暮らし高齢者の見守り役として地域への貢献にも・・・。

もちろん、車がとまっていれば通りすがりに購入することもできます。小さな車ですが、400品目・1200点がおさまっているそうです。商品がぎっしり詰まった車を見ているだけでもわくわくしますね!


ブログ取材担当:松本真理



02.13.木  
手づくり郷土賞受賞 表敬訪問「みんなで作る燈路まつり」
地域の魅力や個性を生み出している良質な社会資本とそれに関わった団体を、国土交通省が表彰する、令和元年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」の一般部門に、久宝寺寺内町まちづくり推進協議会が実施する「みんなで作る燈路まつり」が選定、受賞しました。

その受賞報告のため、表敬訪問が午前11時から八尾市役所本館5階でおこなわれました。

協議会の冨山理事長他、計6名のメンバーが大松桂右八尾市長と面会しました。

最初に冨山理事長が「歴史を継承し、啓発するために平成12年に燈路まつりを開催しました。それから10年たってこのような栄誉を受け嬉しく思う。昨年の燈路まつりでは「こどももおとなもひとつになって」というスローガンでした。この受賞を励みにさらにまちづくりに万進していきたいと思う」とご挨拶されました。

大松市長からは、八尾市の誇りですとお祝いの言葉が述べられました。

引き続いておこなわれた意見交換では、「自分が描いた灯籠を親御さんと見にきて、火がともっているのを喜んでいる様子や、友達と記念写真をとっている様子を見て嬉しかった」と感想を述べると、八尾市長も今後のインバウンド政策を見据え、「一か所だけでなく、オール八尾市で八尾の魅力を発信したい」と仰っておられました。

今後の課題としては後継者づくりをあげられていました。
なお、今回の表彰状は事務所の前に掲示されるそうです。

最後に記念撮影をして表敬訪問は終了しました。


ブログ取材担当:松本真理



02.13.木  
情報プラザやお「読書の窓」収録
情報プラザやお、毎月第3水曜日は「読書の窓」をお送りしています。
今回は八尾市立八尾図書館の田井さんにお越し頂きました。

まずは先月に引き続き「蔵書点検による各館休館」についてです。
龍華図書館:2月12日(水)〜2月14日(金)
志紀図書館:2月19日(水)〜2月21日(金)
八尾図書館:2月26日(水)〜2月28日(金)
山本図書館:3月5日(木)〜3月7日(土)
以上の日程で蔵書点検が行われます。
この期間中は休館となります。

次に八尾図書館、山本図書館、志紀図書館、龍華図書館の今後行われる行事と特集展示について教えて頂きました。

リクエスト曲を挟んだのち、続いては司書さんのおすすめ本コーナーです。
今回は、石川 宏千花 著 「空飛ぶくじら部」です。

☆放送日☆
2020年2月19日水曜日 情報プラザやお
正午〜 午後7時〜 午後11時〜

収録担当:西山沙織



02.13.木  
やおのつとむ便り収録(2月17日、2月21日放送分)
本日「やおのつとむ便り」の収録を行いました。

”やおのつとむ”こと、小鍛治 孜さんは難病を乗り越え、難病の方・ご家族の方々の相談や楽しい催し、講演会を開くなどの活動をされています。
小鍛治さんが体験・経験されたお話を通じて”難病”という認知を広め”絆”を深めていく番組です。

先週は今まで収録した”つとむアドバイス”をお届けしました♪

2月17日(月)再放送21日(金)のお話は、体調管理について。温かくなったり寒くなったり、新型コロナウイルスと環境が変わり、今一番気を付けたいことをお聞きしました。

「つとむアドバイス!」は”抵抗力について”です。簡単な運動や人によって違う抵抗力の付け方などもお話していますよ。

2月24日(月)再放送2月28日(金)のお話は、最近変わったことは?久しぶりに難波までお出掛けになり、電車に乗られたそうです。困ったことや懐かしいお話も出ましたよ。

「つとむアドバイス!」は、”相談内容を少し”です。小鍛冶さんは電話で相談を受け付けていらっします。今は40名程の方から様々な悩みや相談の電話を受けられています。寝たきりの方も多いそうです。今気になる相談は、家族について。どれも深刻で、直ぐには解決しないことも。ただ、電話をかけてきた時と切る時の声のトーンが違い、少し気分が軽くなったと、いつも感じているそうです。


「やおのつとむ便り」放送は
毎週月曜日 午後7時45分〜7時59分
再放送 毎週金曜日 午後7時45分〜7時59分
お楽しみに!(^^)/

担当:川口とも



02.13.木  
2019年度 第9回生活大学「健康と美容」
午後1時30分から八尾市立くらし学習館で
2019年度 生活大学
9回目の講座が行われました。

今回の講座内容は、「健康と美容」です。
講師は、資生堂ジャパン株式会社 近畿支社
大阪南オフィス エリア統括5部
エリア統括マネージャーの西谷真理子さんです。

1月・2月は気温低下と共にうるおいバランスも低下し、肌にもさまざまな悩みが表れます。
今回参加されている方々も悩みをお持ちのようです。

まず初めに質問〇×タイムが行われました。
「好き嫌いは少ない」「十分に睡眠がとれている」など全部で14項目の健康についての質問がありました。

質問〇×タイムが終わった後は、誰でも簡単にできる肩まわりや頬のひき上げなどの運動をしました。
先生が前で丁寧な説明と実演をしてくださり、それに合わせて皆さんも運動されていました。
この運動のおかげでとても体が温かくなり、軽くなりましたよ!

次回の生活大学は、3月12日(木)にくらし学習館で開催されます。

※放送日未定です。
決まり次第掲載いたします。

取材担当:岡本健一



02.13.木  
異業種交流会 マテック八尾 2月度例会(ロボコン最終打ち合わせ)
本日午後7時から八尾市中小企業サポートセンターにて、異業種交流会マテック八尾の2月度例会(ロボコン最終打ち合わせ)が行われました。

今年のロボコンは「ロボットフェンシング」!!

相手のロボットに取り付けられている風船をたくさん割ったほうか勝ちというシンプルなルールです!

ロボットが戦うステージの形状・大きさ・細かい補足ルールなどを再確認。みなさん真剣です!

いよいよ大詰めになって参りました。ロボコンは2月29日(土)アリオ八尾で開催予定。ぜひご来場くださいね。

ブログ取材:鈴木昌宏



02.12.水  
ぷらっとプリズム×グリーンオフィスベルデ「花束みたいな寄せ植え作品展」
2月12日(水)〜2月14日(金)まで八尾市文化会館プリズムホール1階光のプラザではぷらっとプリズム×グリーンオフィスベルデ「花束みたいな寄せ植え作品展」が開催されています。

八尾市太子堂にあるガーデニング教室「グリーンオフィスベルデ」と公益財団法人八尾市文化振興事業団との共催で開催された今回の作品展、ベルデガーデニング教室でレッスンを受けている生徒の方々と講師の先生の作品が約80作品展示されています。

ベルデガーデニング教室では、花束のような新しい寄せ植え「プランツ・ギャザリング」の技法を取り入れたレッスンを行っており、根の付いた植物を切り花のようにアレンジしながら寄せ植えを行う「プランツ・ギャザリング」で作られた作品の数々はバレンタインに合わせて制作されたという事もあり、春を感じさせる生命力にあふれた鮮やかで色彩豊かな作品が並んでいました。

心を込めて制作された作品の数々をこの機会にたくさんの人に見て頂きたいと思います。

また、「バレンタイン風の寄せ植え体験」として会場で自分で寄せ植えを作ることもできます。こちらは、2月13日(木)午後2時から午後3時を除く期間中毎日定員30名で随時受け付けています。費用は2500円〜となっております。

そして、2月13日午後2時から午後3時には「みんなで創る寄せ植えショー」として、ご来場のお客さんや、ベルデの講師、生徒の方々が一緒に一つの大きな寄せ植え作品を作り上げます。一般のお客様定員10名午後11時から会場にて先着順で受付を行います。
こちらも是非ご参加下さい。

グリーンオフィスベルデでは、普段から行われている教室の体験も受け付けています。今回の作品展をご覧頂きましてご興味がおありの方は一度HPをご覧いただきお申し込み下さい。

グリーンオフィスベルデHP
http://www.green-verde.jp
又は「グーリーンオフィスベルデ」でご検索下さい。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.12.水  
Let's バレティス!第86回目
『はっぴいくれよん水曜日』
担当の森川美佳です。

ヒロ・クロンドールバレエ協力
【Let's バレティス!】

本日は、急遽
ゴールドバレティストレーナーの
武田さおり先生とお届けしました。

(予定していた小倉未知代先生は、
お子さんがインフルエンザになってしまい、
看病の為、お休み…。
また、次回楽しみにしています。)

5月6日(水・祝)に、
アリオ八尾レッドコートで、
ミス八尾、ミセス八尾、
ミスター八尾を、決めるコンテストと
チャリティーファッションショーが、
開催されるそうで、
八尾にゆかりのある方、
2歳〜100歳までなら、応募できるとの事!

是非、ヒロ・クロンドールバレエに
お問い合わせください。

072-974-9299


エクササイズは、人気No.1のスワンアーム!
身体全体を白鳥のように動かすものです。
座ったままでも大丈夫!

こちら見て興味を持たれた方が
いましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で
「Let's バレティス」(^^)ノ


さおり先生が持っている、
アリスのブローチ、以前、
ゲストでお越し頂いた、
ハンドメイドもくれんさんので、
映画祭で買われたもので、とっても可愛い♪

《カフェ&ハンドメイドのもくれん》

高知県の四万十から取り寄せた、
無農薬野菜を使っている、
日替わりランチが500円!

喫茶営業 10:00〜15:00
手芸販売 10:00〜17:00

久宝寺6-6-7 に、あります。

是非、お出かけください!


今後もバレティスで皆さまと共に、
健康な体作りをしていきます。
次回は、代表の伊藤裕美先生とゲストの方…。
誰だろう?お楽しみに♪

はっぴいくれよん(水)
パーソナリティ 森川美佳



02.12.水  
情報プラザやお「おどっちゃお!しゃべっちゃお!」収録(2020年2月25日放送分)
情報プラザやお、毎月第4火曜日は八尾ダンス協会プレゼンツ「おどっちゃお!しゃべっちゃお!」をお届けしています。
担当はF・D・S-PONPON主宰の桑田令子さんとT・D・S(トモダンスステーション)主宰の横川知知さんです。

今月のゲストは、クボタジャズダンススクール主宰の窪田節子先生です!
八尾でも30年以上教室を開かれ、プリズムホールのこけら落とし公演出演や高安コミセンでも設立から講座をされているという窪田先生。
桑田先生、横川先生にも大先輩にあたる窪田先生のダンス歴や昔と今のダンスの変化などお聞きしています。
3月から盛り沢山のダンス協会のイベント情報もお話しされています。

放送は2/25(火)お昼12時から、再放送が午後7時からと午後11時からです。


収録担当:畔地祐希



02.12.水  
刑部小学校区 世代間交流
本日、午後1時30分から刑部小学校区集会所 2階大広間にて、お一人暮らし高齢者と刑部小学校3年生との「世代間交流会」が開かれました。

毎月開催されている「ふれあい給食サービス」の後に行われ、50人ほどの高齢者の方が参加されました。

正午から「ふれあい給食サービス」が始まり、続いて八尾市認知症地域支援推進員 山本哲也さんによる「わかりやすく楽しい認知症予防のおはなし」、予定にはありませんでしたが、3年生の皆さんが来られるまでの時間を使って「笑いヨガ」の紹介と実践があり、最後に「刑部小 3年生との交流会」となりました。

世代間交流会では、まず高齢者の皆さんと子ども達が仲良くなることから始めようと、すごろくが用意されていました。6〜7人ほどのグループに分かれ、自己紹介をし、さっそくスタートです。
コマが止まったマス目には、全力じゃんけんや童歌を教えてもらうなど、世代を越えて遊べるものが書かれていました。

子ども達はもちろんのこと、高齢者の皆さんもまるで小学生時代に時が戻ったように盛り上がり、あちこちから大きな笑い声が上がっていましたよ。

すごろくで仲良くなった後は、子ども達からの質問タイムです。社会の勉強で気になったことを高齢者の皆さんに教えてもらいます。
戦後の話や、当時の遊び、食べ物、学校から帰った後の生活などなど…。
皆さん真剣に話を聞き、メモを取っていました。

最後には、お話のお礼に、子ども達からリコーダーの演奏と歌のプレゼントがありました。
子ども達の元気な歌声につられて、高齢者の皆さんも口ずさみ、手拍子をされていました。
そして、素敵な演奏と歌を披露してくれた子ども達へ、ノートのプレゼントが贈られ、交流会はお開きとなりました。

皆さん楽しかったと笑顔でお話されていて、ご近所付き合いが減少している現代に、年齢関係なく話せる機会があることは、本当に貴重で、素敵な取り組みだと感じました。


ブログ取材担当:田中優希



02.12.水  
河内音頭 〜踊りナハレ〜
本日、午後6時30分からアリオ八尾1階光町スクエア内イベントスペースにて「河内音頭 〜踊りナハレ〜」が開かれました。

毎月第2、第4水曜日に行われている河内音頭の練習会「河内音頭 〜踊りナハレ〜」、今月は今日と2月26日(水)に行われます。

毎回八尾河内音頭全国発信隊の方が初心者でも丁寧に教えてくれます。今日教えてくれていたのは太田ジャイナ音頭保存会の方々です。

先ずは、基本となる手踊りから教えて頂きました。河内音頭の音楽が流れると太田ジャイナ音頭保存会の皆さんが先に踊り始めます。それをお手本に踊りの輪の中に入り始めは見様見真似で踊っているうちにだんだんとスムーズに踊れるようになってきます。

手踊りに続いてまめかちの練習も行われ皆さん良い汗を流されていました。

この後水分補給を済ませた後は、音頭取りさんの生の河内音頭に合わせて踊ります。本格的な河内音頭を楽しめるこのイベント、是非1度踊りに来てみて下さい!

ブログ取材担当:木坂浩三



02.12.水  
八尾市立病院 消防総合訓練
八尾市立病院にて、午後3時から消防総合訓練が行われました(午後3時40分頃終了)。

毎年行われているこの訓練。今回は、「地震が発生し、7階東病棟のランドリーから出火したため、消火にあたったが初期消火できず、患者を誘導しながら避難する」というものでした。

この訓練の参加者は30名ほど。看護師や職員の方々に加えて、今回は初めて臨床研修医の方も参加されました。
それぞれ「独歩患者」「護送患者」「担送患者」「避難誘導班」などに分かれて、情報を確認し、連絡をとりながら行動をしていました。

避難誘導訓練の後は4階北庭園に移動し、八尾市消防署亀井出張所の署員から、消火器の使い方について説明して頂きました。
また、壁面に取り付けられている「散水栓」についても教えて頂きました。火事を発見したら、まずは赤いボタンを押してベルを鳴らし、火事であることを知らせたら、扉を開けて散水栓をひらきます。扉の内側には使用手順が書かれているので、これを見ながらでもできるようになっています。

火事を見つけたら一人でなんとかしようとせず、助けを呼ぶ。可能なら消火器や消火栓を活用する。火が大きくなって人の背丈を超えるような状態であれば、避難する。自分の身を守ることを第一に考えてください、とのことでした。


いざという時にどういう行動をとればいいのか。どんな手段があるのか。やはり日頃の訓練で覚えておくことが大切ですね。


ブログ取材担当:松本真理



02.11.火  
第42回八尾ライオンズクラブ旗争奪八尾市家庭人バレーボール大会
本日、9時20分より八尾市総合体育館ウイングで行われました、八尾ライオンズクラブ主催
「第42回八尾ライオンズクラブ旗争奪八尾市家庭人バレーボール大会」に取材で伺いました。

開会式が行われ八尾ライオンズクラブ会長稲垣俊彦さんの挨拶や来賓祝辞には八尾市市長大松桂右さんのお言葉がありました。

続いて、優勝旗、準優勝杯返還や選手宣誓が行われセレモニーが進み、参加賞には皆さんにバレーボールを贈呈されました。

その後9時50分頃、体育館全体にホイッスルの音が響き、A・B・Cの3つのコートに別れ試合が始まりました。

白熱した試合で、どのコートも凄く盛り上がっていました。
その中でも印象的だったのは、点を入れた時に笑顔でハイタッチをしたり、拳を掲げチーム皆で喜びを分かち合う姿がとても美しく綺麗だなと感じました。

どのチームも優勝目指して頑張ってください!!

オープニングセレモニーの模様は放送日が決まり次第お伝えします。お楽しみに♪

取材担当:玉井祐衣



02.11.火  
半九郎稲荷神社大明神 穴太神社 初午祭
本日午後1時から、半九郎稲荷神社大明神 穴太神社で初午祭が行われました。

穴太神社の初午祭は、神仏混合という珍しい形式をとられ、毎年2月11日に執り行われます。

仏門の修験者の方4名、奉賛会、役員、ご近所の方が参列され、境内にある稲荷神社で穴太神社の神主さんによる祈祷と玉串奉納が行われました。

その後に行われたのが、御護摩祈祷です。修験者の法螺貝の音が境内に響き、祈祷が始まりました。

家内安全や商売繁盛、交通安全などの願いを込めた護摩木が勢いよく燃え上がります。

穴太神社に来られたみなさんに甘酒が振る舞われました。しょうががきいた甘酒を頂き、冷えた体を温め、上がる炎に願いを込めていらっしゃるようでした。

*この模様は3月6日(金)「はっぴいくれよん金曜日」の番組内”八尾の神社・お寺さん”のコーナーで放送します。

取材担当:川口とも



02.11.火  
八尾小第2地区地域ネットワーク推進委員会主催「クロリティ大会」
本日午後1時30分頃より、北本町会館にて、
「八尾小第2地区地域ネットワーク推進委員会主催「クロリティ大会」が開催されました。

全部で4回戦、ゾウ・キリン・パンダ・クマ・サルの5チームに分かれて戦いました。

クロリティとは、アメリカのホースシューズと、日本の輪投げがミックスしてできた スポーツ輪投げのことです。板は中央に長い棒がありそこから外に向かって、黄・赤・青・黒の色がつけられています。輪が中央に載っているほど取得ポイントが高くなります。

この日総勢28名の地域の方が参加されていました。1ゲームを2人で行い、ゴム製で出来た輪を持ち10回交互に投げ合います。

輪がゴムで出来ているので、板の上でバウンドし場外に落ちてしまい、中には苦戦されているかたもいました。
力加減が重要となってくるので、皆さん一回一回慎重に投げられていましたよ。

中央の長い棒に輪がかかった時は敵味方関係なく歓声があがりとても盛り上りました。
他にも、人生で初めて体験したという方にもお会いしました。

1〜3位・トップ賞(個人)・ブービー賞があり、皆さんチーム一丸となって景品獲得のためゲームを楽しんでいらっしゃいました。

参加された皆さん1人1人がとても活き活きとしていて、楽しい空間にお邪魔させていただきました。

ブログ取材担当:玉井祐衣



02.11.火  
廃校から高安を巡る自転車エコツアー@
本日は午前10時より行われました
「廃校から高安を巡る自転車エコツアー」
の取材へ行って来ました。
主催は環境アニメイティッドやお
運営はNPO法人ナック(アクトランドYAO指定管理者)
協力は高安中学校区まちづくり協議会です。
スタッフ合わせて30名以上の方が参加されていました。

旧北高安小学校の中庭に集合し、まずは自己紹介を行いました。
自己紹介と環境アニメイティッドやおについての紹介が終わったあとは、役割分担をしてみんなでお昼ご飯の準備を行います。
豚汁の具材を切る係、お餅を焼く用の炭をおこす係、あんこやきな粉・砂糖醤油の準備をする係に分かれます。
豚汁の具材は大根・人参・ごぼう・玉ねぎ・白ネギ・こんにゃく・豚肉と、とても具だくさんです。
炭をおこす係のお子さんも上手にマッチを使って着火剤に火をつけ、うちわで炭を扇ぎながら火をおこしていました。

この後餅つきを行い、炭火で餅を焼きつつ豚汁を頂いたのち、自転車ツアーのスタートです。

Aへ続く


ブログ取材担当:西山沙織



02.11.火  
廃校から高安を巡る自転車エコツアーA
旧北高安小学校を出発し、まずは「八尾市立歴史民俗資料館」へ向かいます。
こちらでは解説員さんに展示物の解説をしていただきました。

続いては「郡川地車格納庫」へ向かいます。
諸事情により中を見ることは出来ませんでしたが、集合写真の撮影を行いました。

次は「NPO法人ニッポンバラタナゴ高安研究会」へと向かいます。
加納先生にニッポンバラタナゴについてたくさん教えて頂きました。

続いては、八尾で一番景色の良いすべり台がある
「市民の森」です。
親御さんも動画を撮ったりして楽しんでいましたよ。

そして最後は「アクトランドYAO」です。
炭火で焼きマシュマロをしました。
マシュマロの他にウィンナーもあり、甘いのとしょっぱいのと交互に食べると止まらないですよね。
マシュマロ用にチョコレートとビスケットもあり、焼いたマシュマロとチョコレートをビスケットに挟んで食べたりもしていました。

アクトランドYAOから旧北高安小学校までノンストップで帰り、閉会式をしたのち解散となりました。


ブログ取材担当:西山沙織



02.11.火  
第3回 ヒューマンサミット・IN・八尾
本日午後1時30分より、八尾市文化会館プリズムホール 5階和室にて「第3回ヒューマンサミット・IN・八尾」が開かれました。
これは、市民活動団体 ヒューマンサミット・IN・八尾の主催で行なわれているものです。

3回目となる今回のテーマは『日本の未来へ・世界の未来へ〜我々の叡智を、未来を担う子供たちへ〜』。
年齢や職業も全く違う参加者が、それぞれの立場から7分間のスピーチを行います。

これからの時代を担っていく子どもたちの為に、しなければならないことや現代における課題など、皆さんの経験や得意分野などをもとにしたスピーチがあり、参加者はメモを取りながら発表を聴いていました。

初回から3回連続で出席されている方もいらっしゃれば、今回が初めての方もたくさん!
初参加の方は少し緊張気味でしたが、終始、和やかな雰囲気の中おこなわれましたよ。

最後には参加者同士の交流の時間も設けられ、サミットは閉会となりました。

ブログ取材担当:北山ヒロト



02.10.月  
ひったくり防止カバー無料取付けキャンペーン
本日午前11時からアリオ八尾駐輪場にて「ひったくり防止カバー無料取付けキャンペーン」が行われました。

毎月11日はひったくり防止デーです。
前日となる本日は、八尾警察署や八尾市役所、八尾少年補導員の方々15人程が集まり、アリオ八尾へ自転車で来館された方対象にカバーが取り付けられました。
水色をベースに鯉の絵が描かれているカバーです。

開始前から順番を待たれている方の姿もありました。
およそ80枚程のカバーがありましたが、あっという間に無くなりキャンペーンは10分で終了しました。

被害ゼロのためにも対策は必要です。
まだ取り付けていない方は、次回の「ひったくり防止カバー無料取り付けキャンペーン」にぜひご参加ください。

ブログ取材担当:志賀萌



02.10.月  
八尾っ子元気やる気アップ提案事業〜子ども提案部門〜
本日、午後5時30分から八尾市役所5階応接室にて「八尾っ子元気やる気アップ提案事業〜子ども提案部門〜」の表彰式が行われました。

未来の八尾の担い手となる子ども達の夢を育み、希望を実現することを目的に、子どもたちから「あったらいいな」という提案を募集し、チャレンジする子どもたちを応援する、八尾っ子元気・やる気アップ事業です。

平成25年にスタートし今年で7年目になります。
優秀賞が決定し、大松桂右八尾市長より表彰状が授与されました。

〇令和元年度優秀提案
「八尾のみんなで、チームを作り、料理したい」
上田 梨央さん(久宝寺小学校5年生)

表彰状贈呈後は記念写真の撮影があり、嬉しそうな表情が印象的でした。
その後、歓談の時間が設けられ、お家でつくる料理の話や、市が提案してもらったことを今どういう風に形にしようと考えているのか、何チームを考えているのかなど大松市長と楽しくお話しをされました。

最後は八尾市の皆さんへと色紙に上田さんのサインが書かれました。
その姿を和やかな雰囲気の中、皆で温かく見守りました。

選ばれた提案は、翌年度の実現に向けてプロジェクトが始動していきます。
楽しみですね。

ブログ取材担当:志賀萌



02.10.月  



02.09.日  
天王寺屋稲生神社 初午
皆さんこんにちは!伊藤 敦奈です。
今日は天王寺屋稲生神社で行われた初午にお邪魔しました。
こちらでは毎年執り行われている行事の一つで、朝早くから地元の皆さんは神社に集まり、提灯を掲げたりお供え物を飾ったりなど準備を進めていかれます。
お供え物はお餅、果物の他に海・山・里のもがそれぞれ並んでいました。

午前8時45分から神主による神事がとり行われ、玉串の奉納などを順に行います。

滞りなく神事が終わった後は供え物のお下がりを皆さんで分け、解散です。

近年この初午祭は商売繁盛・病気治癒・開運祈願など、さまざまな幸福をもたらすものともいわれているそうです。


ブログ取材担当:伊藤 敦奈



02.09.日  
御剣神社 初午祭
続いては老原の御剣神社にお邪魔しました。
午前10時から参拝者の方を迎えるため、朝早くから地元の皆さんがお越しになり、神社周りの掃き掃除をしたり旗を立てていきます。

こちらの祭神は正一位姫宮稲荷大明神と倉高稲荷大明神をそれぞれ祭祀されています。

午後3時まで祭壇は開かれているそうなので、お近くの方は是非お参りください。


ブログ取材担当:伊藤 敦奈



02.09.日  
東郷会館(豊川稲荷大明神・白川稲荷大明神・玉姫大明神) 初牛祭
本日午前10時から、東本町1丁目東郷地区自治会館横、式内社長柄神社後北側に鎮座する稲荷神社で「初午祭」が行われました。

稲荷神社には、豊川稲荷大明神・白川稲荷大明神・玉姫大明神が祀られています。

毎年、大峰山で修験道を受けられた修験者が来られ、皆様の祈祷をして下さいます。
たくさんの方が、家内安全・交通安全・商売繁盛の護摩木に名前を書き祈祷をお願いされていました。私も祈祷をお願いしましたよ♪

来られた方には温かい焼き餅が入ったぜんざいが振る舞われ、冷えた体を温めていました。

午前11時頃から修験者による祈祷が始まりました。法螺貝で始まりを告げた後、護摩木をくべていきます。炎に願いを込められていました。

東郷地区では若い方たちが中心に行事を引き継いでいます。ご年配の方にお話を伺ったところ「私の父も初午祭に携わり私も引き継ぎやっていたけどこの年では体がしんどくなってきてね。今は子ども孫の世代が頑張ってくれているので、見守っています。」代々受け継がれた文化を守っていく大切さを改めて感じました(*^。^*)

取材担当:川口とも



02.09.日  
情報プラザやお「こどもちゃお」収録 (2020年2月27日放送分)
本日、午後2時からFMちゃおの公開スタジオ・アリスタにて情報プラザやお「こどもちゃお」の収録を行いました!
今回は5人のこどもアナウンサーが参加して収録を進めていきました。

今月は節分の豆まきもありましたので、「節分」や「鬼」について学んでいきました。
なぜ節分には豆をまくのか?鬼の色の違いは?鬼が出てくる諺は?など、色々なことをお話ししています。
今回はお話ボランティアの朗読も鬼が出てくるお話です!


今回の放送は、2/27(木)情報プラザやお「こどもちゃお」の時間。
放送時間は12:00〜、再放送が19:00〜です。
お楽しみに!


収録担当:畔地祐希



02.09.日  
河内音頭定期公演
本日午後1時30分から、アリオ八尾1階光町スクエアで「河内音頭定期公演会」が行われました!

これは月に1回程度、様々な場所で八尾本場河内音頭連盟の方による河内音頭の実演が行われているもので、今回の担当は初音家 豊若師匠です。

1時15分から河内音頭の練習を行いました。踊り講座を担当されたのは撫子会の皆さんです。

始めに、八尾の子ども音頭大使4名のお子さんが音頭を披露し、元気いっぱいに唄ってくれましたよ♪

続いてお弟子さんたちの音頭です。光町スクエアステージ前は踊り手さんの4重の輪となり、思い思いに踊られていました!

本日のゲストは、八条 正月師匠、大和家 石勝師匠です。トリの初音家 豊若師匠の音頭の頃には、みなさんしっかり汗をかかれ踊り手さん同士で笑顔いっぱい楽しまれていました。

次回の河内音頭イベントは、
毎月第2・第4水曜日、午後6時から光町スクエアで行われる河内音頭実演講座「河内音頭〜踊りナハレ〜」です!
八尾本場河内音頭連盟の音頭取りさんや八尾河内音頭全国発信隊も参加し、参加費無料・申し込み不要で自由に参加して本格的な河内音頭を見て、聞いて、踊って楽しめますよ。

3月22日(日)八尾市文化会館プリズムホールで「震災復興支援チャリティライブ」を開催します♪

どれも入場無料ですので、ぜひ河内音頭を一緒に踊りましょう(*^_^*)

*この模様は3月31日(火)「情報プラザやお」お昼12時〜再放送 午後7時〜11時〜放送します。お楽しみに!

取材担当:川口とも



02.09.日  
永畑小学校区まちづくり協議会「地域力で防災」
本日、午前9時30分から永畑小学校運動場にて永畑小学校区まちづくり協議会主催「地域力で防災」が開催されました。

開会式が行われた後、まずは通報訓練を代表者の方が行いそれを他の皆さんは見学して通報の仕方を学びます。
通報訓練が終わるとグループに分かれて訓練を行っていきました。

グループで回る訓練は、
応急処置訓練、煙中歩行訓練、物資倉庫見学、初期消火訓練としてバケツリレーと水消火器を使った訓練を行っています。

全てのグループが訓練を回り終えたら最後に放水訓練を行いました。放水訓練は防災倉庫に収納されている可搬ポンプを使いプールで行われました。ポンプの操作を行う方とホースの先を持ち放水を行う方とで訓練していきます。放水の勢いはとても強くしっかりと抑えて放水を行わなければ狙った所に放水を当てることが出来ません。また放水を開始するタイミングをポンプを操作する方と意思疎通できなければ急に水圧がかかりホースが暴れてケガをする恐れがあります。訓練では放水開始の合図をきちんと行い意思の疎通を図りました。

災害が起こった時、訓練で体験しているのといないのとではとっさに動けるかどうか大きく変わってきます。地域に住む方ひとりひとりが今日の防災訓練で学んだことが災害時に役に立つことでしょう。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.09.日  
登校拒否、社会的ひきこもりから回復自律へ 講演と交流
本日、午後1時から山本コミュニティセンター5階会議室にて「登校拒否、社会的引きこもりから回復自立へ 講演と交流」が開催されました。

登校拒否を克服する会八尾交流会が八尾市こども政策課、八尾っ子元気・やる気アップ提案事業助成金の助成事業として開催したもので今回で2度目の開催となりました。

交流会は定期的に行われておりますが本日は講演も行われることもあり参加者も多くいらっしゃいました。
後援会の前には代表のご挨拶の後ハーモニカの演奏があり優しいハーモニカの音色にとても癒されました。

その後ご講演に移っていきます。
今回お話頂いたのは、臨床心理士 岡崎 剛さん、テーマは「ひとりで悩まないで!子ども・若者の立ち上がる力を引き出すには」です。

登校拒否や引きこもりに至るには様々なパターンがあり、苦しんでいる本人、寄り添う家族の皆さんも悩みを抱えていらっしゃいます。

解決する方法はそのケースによりますがコミュニケーションを取り一緒に解決策を考えていく事が大切です。もちろんそれも押し付けるのではなく本人の考えを聴いてペースを合わせる事も必要になってきます。

本当にためになるお話を聞かせて頂いて、参加者の皆さんからも質問の時間にはご自分が体験したケースの場合どう対応すればよかったのかなど質問が飛んでいました。

今日の講演と交流に参加された皆さん、心に何かを得て帰られたことでしょう。

本日の模様は、2月10日(月)「はっぴぃくれよん月曜日」街角レポートのコーナーでお届け致します。


取材担当:木坂浩三



02.09.日  
久宝寺コミセンWINTER JAZZ CONCERT
午後2時から久宝寺コミュニティセンターにて「久宝寺コミセンWINTER JAZZ CONCERT」が行われました。

毎年恒例のジャズコンサートは楽しみにされているファンの方も多く、満席になるほどのお客さんが集まりました。

演奏はお馴染みのNew Orleans 4T'sの皆さん。
今日は都合によりベースの代わりにチューバが加わっての演奏でした。
揃いのグリーンチェックの衣装で会場に登場するとお客さんから拍手で迎えられました。

前半、後半合わせて13曲を演奏し、演奏途中には笑いも交えながら曲の説明などをして会場を和やかにしてくださいました!

もちろんメインはジャズの演奏ですが、何曲か日本の曲もあり、そちらは配られた歌詞を見ながら客席の皆さんと歌ったりしました。

また主催である久宝寺コミセン運営協議会のメンバーのお一人が今日がお誕生日という事で、サプライズでハッピーバースデーの演奏も!
アンコールは手拍子で盛り上がり、最後までたっぷりと音楽に浸ることが出来ました。

次回久宝寺コミセンでは2月22日,23日と3月1日にコミセンまつりが開催されます。
お楽しみに♪


ブログ取材担当:伊藤 敦奈



02.09.日  
志紀のまちフェスタ「志紀音楽祭」
本日、午前9時30分より志紀のまちフェスタ「志紀の元気はみんなの映画 志紀音楽祭」が志紀コミュニティセンターにて開催されました。

このイベントは志紀のまちフェスタ2020実行委員会、寄せ鍋音楽隊ポトフ、志紀小学校区まちづくり協議会、志紀地区福祉委員会の共催で行われています。
開会挨拶のあと、オープンマイク形式でアーティストさん達のライブがスタート!1組およそ3曲ずつの演奏を楽しみました。
懐かしの曲やオリジナル曲...参加アーティストは20組ほどで、ライブは18時頃まで続きました。

こちらの模様は3月2日(月)午後8時30分から放送の「わがまちnow」でお届けします。

--------------------------------------------------
5月5日(火・祝)の午前10時からは、志紀のまちフェスタのプレイベントとして「フォークインやおフェスティバル 続 昭和の子供達」が志紀コミュニティセンターにて開催されます。
5月24日(日)は志紀小学校で「第3回 志紀のまちフェスタ」が開催予定です。お楽しみに!(^^)


取材担当:津田滉介



02.09.日  
渋川天神社初午祭
本日、午前11時より『初午祭』が渋川天神社(八尾市渋川町5丁目48)にて執り行われました。

野菜や餅などが奉納されている祠に祀られているのは萩原稲荷大明神です。
神事では、宮司により祝詞が読まれ、玉串奉納が行われます。それに続けて地域の皆さんも玉串の奉納を行います。ここでは五穀豊穣、商売繁盛、家内安全などが祈られます。
--------------------------------------------------
神事が終わった後は境内で鍋やおでん、ぜんざいを頂きました。寒い日は温かい食べ物に限ります。
こうして笑顔で食事をすることも、地域の皆さんの健康の秘訣なのではないかと感じました。
皆さんの優しさと鍋で身も心も温まりました。ありがとうございました(^^)


ブログ取材担当:津田滉介



02.09.日  
めざせなでしこ!女子サッカー教室
本日、午後1時より『めざせなでしこ!女子サッカー教室』が南木の本防災体育館にて開催されました。

今回はFC大阪から選手の皆さんが教えに来てくれました。教室には小さいお子さんから大人の方まで20名ほどの方が参加しました。サッカーの経験者から、今日初めてボールにさわるという方までいろんな方がいらっしゃいます。

先ずは身体を温めるために運動をして、そこからは軽いパス回しやシュートの練習などをしていきます。
そのあとはチームに分かれて試合形式でのゲームを行いました。皆さん一生懸命にボールを追いかけていました。周りで観ている方も声援を送り、ゴールが決まると拍手をしました。
こうして、サッカーが好きな子がもっともっと増えるといいですね!^^

南木の本防災体育館では定期的に今回のような女子サッカー教室が開かれています。ご興味を持たれた方は是非ご参加下さい。


ブログ取材担当:津田滉介



02.08.土  
第37回南高安コミセンまつり 展示の部@
本日から、南高安コミセンまつりがはじまりました!今日明日の2日間、展示の部が行われます。

八尾市では各コミセンの講座生やクラブ生が、1年間各種課題に取り組まれ、その成果の発表の場として”コミセンまつり”を開催しています。南高安コミセンまつりは八尾市内で一番最初に行われます。

10時からのオープニングセレモニーには多くの来賓の方も来られました。
始めに、南高安コミュニティセンター運営協議会坂上会長、来賓を代表して大松桂右八尾市長のご挨拶があり、お祝いのくす玉が割られました♪

各コミセンの方や他地区の方もたくさん来られ、会場はあっという間に多くの方で賑わいました。

1階の会議室では、茶道講座、茶道クラブによるお茶席が行われていました。本日のお菓子は”寒椿”。お花はカンアヤメで春のおもてなしです。茶器や茶道具のお話を聞き、ゆったりとくつろがれました。毎年お茶席は長い列が出来るほど大人気です!

料理実習室では料理講座、お菓子手作りクラブのみなさんによる喫茶コーナーが設けられていました。紅茶、プレーンのバウンドケーキとコーヒーを頂けます。また簡単料理のレシピもいただきました(*^。^*)

つづくA  取材担当:川口とも



02.08.土  
第37回南高安コミセンまつり 展示の部A
2階集会室では、書道講座、華道講座、創作粘土講座、墨友会、編物クローバークラブ、ししゅう&パッチワーク、生花、乾小路高齢クラブ婦人部、南高安幼稚園PTA、南高安小学校PTA、フラワーアレンジメント講座、越智絵手紙、一般作品の展示です。

華道はチューリップ、ダリア、水仙、きんかん、猫柳など春の花が活けられとても良い花の香りが会場を包んでいました!
創作粘土も力作ぞろいです!つくし、いちご、タンポポが本物のように感じました。
また干支の作品も多く、可愛いねずみさんにいっぱい出会えますよ。

フラワーアレンジメントは「やすらぎ」をテーマとし、ナデシコ、ガーベラ、チューリップ、ミモザ、アネモネなど14種の花を思い思いに活けています。

また、八尾翠翔高等学校の書道、自主防災会による防災マップや非常用品、施設連絡会による活動報告、一般作品の展示がありました。

本日のみ、粘土手作りコーナーが行われ干支のねずみストラップを作りました。お話ししながらかわいいねずみさんが出来ましたよ(*^。^*)

今回は前回よりも作品数が多く、楽しい作品、こだわった作品がたくさん展示されています。お友達とご家族とでお出かけください!

第37回南高安コミセンまつり〜展示の部〜は
2月8日(土)・9日(日)午前10時〜午後3時まで

第37回南高安コミセンまつり〜発表の部〜は
2月16日(日)午後1時〜3時15分です。

*この模様は2月9日(日)お昼の「街角レポート」で放送します!

取材担当:川口とも



02.08.土  
つなごうや八尾映画祭「星に語りて」上映会
本日午前10時30分から、八尾市文化会館プリズムホール小ホールで「つなごうや八尾映画祭」が開催されました。

この映画祭は1月26日に1回目の上映会が開かれ、そこでは八尾商工会議所でドキュメンタリー映画「夜明け前」の上映会。
2回目となる今日は、プリズムホールで劇映画「星に語りて」が午前10時30分からと午後2時からの2回上映されます。

「つなごうや八尾映画祭」は、八尾市民に障がい者への理解を深め、障がい者と防災というテーマで考えて頂くために、八尾市内の12の障がい者作業所・障がい者団体が中心となって準備を進め、実施されています。

会場入り口では作業所の手作り商品の販売やオリジナル缶バッジ作成コーナーが設けられていました。
また、通路ではパンフレットに貼られた星型のポストイットに皆さんの願いや映画の感想を書いて貼り付けるスターボードが設置され、たくさんの人の想いが輝いていました。

まずは午前10時30分から、山本幸良実行委員長からのメッセージと各作業所の活動を紹介するプロモーションビデオの上映。
続いて、いよいよ映画本編の上映です。

今回上映されたのは、きょうされん40周年記念映画「星に語りて〜Starry Sky〜」。
監督は今作で長編映画デビュー、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」などで助監督を務めて来られた松本動監督です。

東日本大震災において、地震と津波の被害で地域の生活が一変。
避難することも必要な支援を受けることも出来ずに家に取り残された障がい者の状況。そして必要な支援活動を始めるための障壁を打ち崩すべく奔走する支援者の様子を、岩手県陸前高田市・福島県南相馬市を中心に描く事実を基に構成したドラマ映画です。

俳優だけでなく実際に障がいのある方もキャスティング。震災当時の津波の映像や被害のあった町の写真を使用して、当時の様子を支援者・要支援者の心の変化を軸に伝えます。

災害時の支援が必要な方への寄り添い方。これまで強く意識出来ていなかった部分もあり、多くの学びも得られる作品でした。

この後は午後2時から本日2回目の上映会が行われます。
料金は参加協力券が1000円。当日券も会場入り口で販売されています。ぜひご来場下さい。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.08.土  
太田地区 出張相談会&健康体操
本日、午後1時30分から太田公民館にて「太田地区 出張相談会&健康体操」が行われました。

大正コミュニティセンターでは、出張型の健康相談も行っています。今回は、コミュニテーセンターから保健師さんが太田公民館まで来てくれました。

また、健康体操も講師の方に来ていただいて教えて頂いています。以前にも太田公民館で健康体操を教えて頂いた事があり参加者の中には前回も参加された方もいらっしゃいましたよ。

健康体操の間も参加者と講師の先生との会話は弾み笑い声の絶えない時間となりました。笑うことは健康にも良く今日教えてもらったこともきっと皆さんご自宅に帰っても実践されることでしょう。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.08.土  
まちなかの達人体験会
本日午前10時より龍華コミュニティセンターにて、
「まちなかの達人」体験会が開催されました。

2階会議室1と3階工芸室に分かれ、

2階会議室1では、
「気功体操・呼吸瞑想」
「健康体操」
「骨盤体操・骨盤調整」

3階工芸室では、
「采画」
「和紙ちぎり絵」
「フラワーセラピー」

とさまざまな体験が行われていました。

その中で今回私は「気功体操・呼吸瞑想」と「采画」の体験会場にお邪魔しました。

采画ではハガキにお雛様を書きそれを絵の具で一塗りで表現していくといったとても素敵な体験の場をのぞかせて頂きました。

集まっていた皆さん、とても真剣な表情で取り組んでおられました。同じお雛様の絵でも皆さんそれぞれ違った雰囲気があり、とても素敵な作品が完成していました。

そのあと気功体操・呼吸瞑想の体験会にお邪魔しました。

カノンの音楽に合わせて呼吸を整えゆっくり動くことを目的に身体全身を使って体操を行いました。
私も少しだけ参加させてもらったのですが、心を落ち着かせ、体内に意識を向けることで、余計な考えが一切ぬけて身体全身からリラックスすることができました。
そのおかげで凝り固まっていた身体も少し和らいだように思います。

終わったあと皆さんが感想など言い合いながら、楽しく会話されている光景を見て、地域の繋がりの場ってすごく素敵な空間だなと改めて感じることが出来ました。


ブログ取材:玉井祐衣



02.08.土  
第5回龍華地区 素人作品展
本日午前9時30分より龍華コミュニティセンター3階集会室にて「第5回龍華地区素人作品展」が開催されました。

会場には沢山の作品が展示されていました。

手づくりバックやくまのお人形、アクセサリー類、毛糸で作ったクリスマスリースなど様々な作品が並び、どれも可愛いものやおしゃれで綺麗な作品でいっぱいでした。

中には、制作期間3年を費やし完成させたつるし雛や押絵などの大作もありました。

また写真展示では、お花の写真があり、花弁1枚1枚がより立体的で躍動感がありとても清く美しいと思える作品でした。

また朝日が昇る瞬間を撮影した写真は、朝日が海の水面に反射してとても素晴らしい作品でした。

何時間でもそこにいたくなるような素敵な空間です。

このイベントは2月9日(日)午後3時まで開催されていますのでお時間ある方は是非龍華コミュニティセンター3階集会室までお越しください。

ブログ担当:玉井祐衣



02.08.土  
久宝寺緑地 絵画・写真展
本日より、久宝寺緑地スポーツハウスにて写真展が開催されています
こちらでは公園内で撮影された一般の方の写真や、絵の作品が展示されています。

写真の展示では、

・野鳥が水面から力強く飛び立とうとする写真
・ミツバチが花粉を運んでくる写真
・親子喧嘩をしている鳥の写真

などがあり、

絵の展示では

・満開の桜のしたお花見をしている絵
・公園を全体に捉えた絵
・災害で倒れてしまった木を残しておきたくて描いた絵
などがありました。

写真も絵も描いた方の愛が溢れていて、どの作品も温かみのある雰囲気が伝わってきました。

たまには時間を忘れてゆっくり眺めてみるのもいいですね♪そこにしかない時間の流れや雰囲気を味わうことができました。

久宝寺緑地 絵画・写真展は、

場所:久宝寺緑地中地区 スポーツハウス

日時:令和2年2月8日(土)〜2月18日(火)まで
 午前9時〜午後5時まで(※最終日は午後4時半まで)
開催されています!

お時間ある方は是非お越しください。


ブログ担当:玉井祐衣



02.07.金  
情報プラザやお「くらしの情報」(2020年2月10日放送分)収録
「情報プラザやお」毎月第2月曜日は「くらしの情報」をお送りしています。

本日は2020年2月10日放送分の収録を行いました。
パーソナリティーは、おなじみ角田禮子会長と八尾市産業政策課消費生活係 松本繁和係長です。

まず松本係長より
「電話代が安くなる」という勧誘電話についてのお話がありました。この事例はクーリングオフは出来ませんが、初期契約解除制度というもので対応できます。このような電話がかかってきた場合は、パンフレットを取り寄せる、家族と相談するなど直ぐに契約するのは避けましょう!

相談はこちらまで
くらし学習館 TEL 072-922-6185 
または、消費生活センター TEL 072-924-8531 

今回のゲストは、一般社団法人八尾市歯科医師会 吉崎 昌宏会長です。「健康なお口を維持していただくために」をテーマに話を伺いました。

八尾市健康まちづくり宣言にもある「1、歯を大切に、感謝して楽しくかしこく食べましょう」。歯・口を特化した啓発は珍しいことのようです。高齢者のお口の筋肉低下による問題や若い方の口呼吸、お口の運動も必要ですがベロの力も大切です!そこで、お口の健康を保つための食事、あいうべ体操など直ぐできるヒントを教えて頂いてます。

くらし学習館からのお知らせは、
2月17日(月)午後1時から「事業者・消費者・行政のつどい」を開催します。消費生活に関する調査結果報告や意見交換などを行います。
お問い合わせ 八尾市立くらし学習館 TEL072-(922)-6185 まで。


☆放送日☆
2020年2月10日(月)お昼12時〜、再放送午後7時〜、午後11時〜放送です。

担当:川口とも



02.07.金  
八尾市中小企業地域経済振興功績者顕彰状授与式
本日、午後1時より『八尾市中小企業地域経済振興功績者顕彰状授与式』が八尾市役所本館5階の市長応接室にて行われました。

八尾市では、地域経済振興に大きな功績のあった団体や個人を顕彰する「八尾市中小企業地域経済振興功績者顕彰制度」を設けており、今回は3名の方が受賞されました。

ものづくりにおける生産性向上の分野で高く評価され、経済産業省の「はばたく中小企業・小規模事業者300社2019」にも選定された柏原計器工業株式会社の三浦直人代表取締役、誰もが使いやすい視覚障がい者歩行誘導ソフトマット「HODOHKUNGuideway」を開発して「International Design Excellence Awards(IDEA2019)」の「social design部門」において銅賞を受賞した錦城護謨株式会社の太田泰造代表取締役社長、担い手確保の分野でダイバーシティ経営の取り組みを高く評価されて経済産業省の「はばたく中小企業・小規模事業者300社2019」に選定された株式会社友安製作所の友安啓則代表取締役社長に大松桂右八尾市長より顕彰状が贈られました。

授与式の後は庁議室に移動し懇談会が開かれました。和やかな雰囲気の中でそれぞれの取り組みや八尾市の今後の地域振興に向けてさまざまな意見が交わされました。


取材担当:津田滉介



02.07.金  
FMちゃお公開収録 梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお (2020年2月12日・19日放送分)
「梨田いづみのふりぃだむ☆れでぃお」、本日はアリオ八尾1F光町スクエアのイベントステージでの公開収録を午後2時30分から行いました!

今回の収録は2月12日・19日放送分。
ゲストにお越し頂いたのは、匿名劇壇の東千紗都さんと、フリーの役者で活動されている小野村優さん、亀山貴也さんの3名です。

3人が出演する匿名劇壇の公演「ときめく医学と運命的なアイデア」についてお話頂きました。
この公演は主要人物以外の登場人物とストーリーを変えて、「ときめく医学編」「運命的なアイデア編」をそれぞれ10ステージずつ上演されます。
お得な回数券や近畿地方以外からの方用の遠方割チケットもありますので、匿名劇壇ホームページなどで詳細をご確認の上、ご予約下さい。

今日の収録風景は後日、FMちゃおのYouTubeチャンネルで動画もアップロードする予定です。


匿名劇壇公演
「ときめく医学と運命的なアイデア」

☆公演スケジュール
2/14(金)〜2/29(土)
【ときめく医学編/運命的なアイデア編】
(それぞれ10ステージ、計20ステージ)
詳細は劇団ホームページをご覧ください。
https://tokumeigekidan.jimdofree.com/next/

☆会場
インディペンデントシアター2nd
(大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1A出口から北へ徒歩5分)

☆料金
前売:(一般) 3,500円/(学生) 2,500円
当日:(一般) 3,800円/(学生) 2,800円
高校生以下:1,000円(要予約)

今回の収録の模様は、
●前編 2月12日(水)午後2時〜2時30分
再放送 2月15日(土)午後9時〜9時30分
●後編 2月19日(水)午後2時〜2時30分
再放送 2月22日(土)午後9時〜9時30分
で放送致します。


収録担当:畔地祐希



02.07.金  
八尾商工会議所 産業振興委員新年会
本日午後6時より、八尾グランドホテルにて八尾商工会議所 産業振興委員新年会が開催されました。

冒頭、八尾市中小企業サポートセンター川野所長から開会のご挨拶があり、関西クラウン工業社 温川社長から乾杯のご発声がありました。

振興委員皆さんの情報交換や普段の活動報告など、賑やかに会食が進み、懸案となっている新型肺炎問題もそれぞれの立場で情報交換が活発に行われました。

取材(出席):鈴木昌宏



02.06.木  
志紀図書館展示物
選挙啓発ポスターの展示取材で志紀図書館にお邪魔しました。
が、ポスター展示へ進む前に・・・。

図書館入り口の両サイドに、おススメの蔵書が展示されています。

入って右には・・・、
・新刊本のコーナー
・明智光秀の特集
・インフルエンザや花粉症に関する本

明智光秀は、今のNHK大河ドラマで注目されていますが、その人物はどんなだったか、色んな本で読み比べてみるのもいいかもしれません。
また、インフルエンザや花粉症はこの時期注意したいところ。予防法など、あらためて知識を得たいものです。

また、入り口入って左側には、環境事業課による「ごみのゆくえとリサイクル」と題した展示がありました。
丁寧な作りのパネル展示で、横にはカラス除けのごみ入れカゴが。すべて環境事業課の方の手作りだそうです!すごい・・・。
実際のところ、自分たちが出すごみってどうなっていくのだろう?と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。もちろん展示の横には環境関連の本も並べられています。

今日は何を読もうかな?と迷ったり、借りる本を決めずに図書館に来られた際には、まずは図書館入り口近辺から見ていって下さいね!


ブログ取材担当:岡本健一、松本真理



02.06.木  
八尾市明るい選挙啓発ポスター展(志紀図書館)
1月25日にアリオ八尾での展示からスタートした、
「八尾市明るい選挙啓発ポスター展」。
龍華コミセンに続いて、本日からは志紀図書館ではじまりました。
志紀図書館入って左奥にある、こども読書コーナーに展示されています。

伺ったのが平日のお昼時ということもあり、お子さんの姿はまだありませんでしたが、こちらのコーナーが広いスペースなので、子ども達で賑わってもゆったり見ることができます。

志紀図書館にお越しの際は、左奥のコーナーにもお立ち寄り下さい。

☆八尾市明るい選挙啓発ポスター展(志紀図書館)
2月6日(木)〜2月11日(火)
 火・日・祝:午前10時〜午後5時
 水・木・金・土:午前10時〜午後7時 
  ※2月10日(月)は休館日

なお、次の展示は、2月13日(木)〜2月18日(火)で、場所は山本コミュニティセンターです。


ブログ取材担当:岡本健一、松本真理



02.06.木  
八光殿WAVE 八尾高短信「笑顔がええやん!」収録 (2020年3月13日放送分)
毎日、曜日ごとにテーマを変えて午後5時10分頃からお届けしている「八光殿WAVE」。
毎週金曜日は八尾高短信「笑顔がええやん!」をお送りしています。

本日は、3月13日(木)放送分の収録を八尾高校で行いました。今回は女子バスケットボール部の活動紹介です。練習場所である体育館で部員の皆さんに出演していただきました。

今回は、キャプテンを中心に取材をさせていただき練習内容や大会のこと、これからの目標などをそれぞれお聞きしました。

皆練習の時もとても良い顔をしていて、これからの女子バスケットボール部の活躍に期待です!!

取材の詳しい内容は3月13日(金)午後5時10分頃からの「八光殿WAVE」で放送します。

取材担当:岡本健一



02.06.木  
第二回オモロイ人が集まる場 環境・まちづくり交流会 in 八尾
本日、山本コミュニティセンターにて午後6時30分から『第二回オモロイ人が集まる場 環境・まちづくり交流会 in 八尾』(主催:環境アニメイティッドやお)が行われました。

このイベントは八尾市で面白い活動をしているゲストさんをお呼びし、参加者の方々も含め交流を深めそれぞれの考えや活動を自分の生活に活かしていく企画です。

今回参加していただいた5人のオモロイゲストは、リノアスで不登校の児童生徒を受け入れる学習施設「輝」を運営している浦上弘明さん。
青空学校八尾教室で、子ども達の自治を育む活動として教えていらっしゃる北山慶祐さん。
東アジアにおける淡水魚の多様性解析や保全に関する研究をしている大阪経済法科大学の川瀬成吾さん。
エネルギー教育モデル校に認定され、エネルギー環境教育を推進してきた曙川小学校の山野元気さん。
公益性を持った事業を展開し、若手経営者の集まり「やおんど」の中心メンバーのひとり多葉早希さんです。

皆が意見を交わしそれぞれの生活に活かせる案が、いくつか出たのではないでしょうか。
当日の模様は3月13日(金)「情報プラザやお」で放送致します。

取材担当:岡本健一



02.06.木  
上之島小学校区 人生100年時代研修会
夜7時30分から上之島小学校集会所で
人生100年時代研修会が行われました。

まず、山本町北にありますデイサービス
すいせんについてのお話がありました。

そして、社会福祉協議会
八尾市生活支援相談センターの
柿木真紀子さんから、生活福祉について
講演が開催されました。

生活困窮者の自立を支援するため、
八尾市役所内に生活支援相談センターが
設置されています。
就労支援・生活支援・子ども達への支援等
相談内容に応じてサポートしてくれます。

目的は、支援をし続けることではなく、
自立し豊かな生活が送れるように
なってもらうこと、だそう。
個別支援・地域支援を通じて、
一人でも多くの市民が問題を
解決していけたらいいですね。

☆放送日☆
3月30日(月)午後8時30分〜
「わがまちnow」でお届けします。

取材担当:居内千恵



02.05.水  
Let's バレティス!第85回目
『はっぴいくれよん水曜日』
担当の森川美佳です。

ヒロ・クロンドールバレエ協力
【Let's バレティス!】

本日は、豊中市でバレティス教室をされてる
ゴールドバレティストレーナーの
竹之下晶子先生にお越しいただきました!

1月末に、バレティスの新年パーティーがあり、
司会をされた晶子先生!
華やかだった様子などを、教えていただき、
豊中教室が一周年を迎えた、生徒さんの変化や、
八尾のレストラン スタッツィオーネさん特性の
バレティスフィナンシシェが出来た事を
お話しいただきました!
(スタッツィオーネさんで買えるそう!)


[バレティススタジオTOYONAKA]

毎週月曜日 10:30〜11:30
毎週木曜日 18:30〜19:30

体験やパーソナルも受け付けています。
“ヒロ・クロンドールバレエ”を検索!



エクササイズは、人気No.1のスワンアーム!
身体全体を白鳥のように動かすものです。
座ったままでも大丈夫!

腰痛や肩こり、運動不足の方や、
こちら見て興味を持たれた方がいましたら、是非!
アリスタ前で、職場で、ご自宅で
「Let's バレティス」ヽ(^o^)丿


今後もバレティスで皆さまと共に、
健康な体作りをしていきます!
次回は、ゴールドバレティストレーナー
小倉未知代先生です!お楽しみに♪

はっぴいくれよん(水)
パーソナリティ 森川美佳



02.05.水  
声から広がるネットタイム (2020年2月12日放送分)
情報プラザやお、毎月第2・第4水曜日は「声から広がるネットタイム」をお届けしています。

本日は2月12日放送分の収録を行いました。
担当は堀江利代さん。
ゲストはギターの弾き語りをされているYangjaさんです。

Yangjaさんは東大阪市出身。オリジナル曲や、ボブ・マーリーなどの洋楽カバーを演奏されています。
今回の番組の中でもYangjaさんのオリジナルソングもお届けします。

放送は2月12日(水)の情報プラザやお。
時間はお昼12時〜と、再放送が午後7時〜・午後11時〜です。
お楽しみに!


収録担当:畔地祐希



02.04.火  
八光殿WAVE 八尾高短信「笑顔がええやん!」収録 (2020年2月7日放送分)
毎日、曜日ごとにテーマを変えて午後5時10分頃からお届けしている「八光殿WAVE」。
毎週金曜日は八尾高短信「笑顔がええやん!」をお送りしています。

本日は2月7日(金)放送分の収録を八尾高校で行いました。今回は器械体操部の活動紹介です!
練習場所である体育館で部員の皆さんにお話を伺いましたよ♪

器械体操部は1年生6名、2年生6名(男子4名・女子8名)の計12名で活動しています。男子の種目は6種、女子は4種で、柔軟の後種目の練習をされています。トレーニングルームの筋トレで種目に必要な筋肉を作っているそうです。

他にも出場大会や好きな種目、目標などもお聞きしましたよ。

インタビューの様子は2月7日(金)午後5時10分頃からの「八光殿WAVE」で放送します。

担当:川口とも



02.04.火  
八光殿WAVE 八尾高短信「笑顔がええやん!」収録 (2020年3月6日放送分)
毎日、曜日ごとにテーマを変えて午後5時10分頃からお届けしている「八光殿WAVE」。
毎週金曜日は八尾高短信「笑顔がええやん!」をお送りしています。

本日は3月6日(金)放送分の収録を八尾高校で行いました。今回は卓球部の活動紹介です!

卓球部が練習している剣道場でお話を伺いました!
卓球部は1年生16人、2年生16人の計32名で活動しています。

練習内容は自分たちで決めるそうです。自分で考えた課題練習で、フットワークや得意なところを伸ばす練習をしています。

昨年は部員も増えたので、初めて合宿も開催したそうです。また卓球部員が考えた、市内中学生を招いて”八尾校カップ”も開催。中学生たちにも喜ばれ交流を深めています。

他にも、個人や部員で目標にされている事や憧れの方、先生についてもお話しを伺いましたよ♪

インタビューの様子は3月6日(金)午後5時10分頃からの「八光殿WAVE」で放送します。

担当:川口とも



02.04.火  
情報プラザやお「広報だより‐あんなとこ こんなこと‐」
情報プラザやお、毎月第1金曜日は「広報だより−あんなとこ、こんなこと−」をお送りしています。

本日は、障がい者基本計画ワーキング会議(クレヨン組)のたかつさん、かしはらさんに
「第17回障がい者フォーラム」
についてお話しをして頂きました。

たかつさんは第1回の時から運営に携わっています。
また、かしはらさんは「障がい者フォーラム」の題字のデザインをされているそうです。

障がい者基本計画ワーキング会議(クレヨン組)の普段の活動についてもお話しして頂きました。

☆放送日☆
2020年2月7日金曜日 情報プラザやお
正午〜 午後7時〜 午後11時〜

収録担当:西山沙織



02.03.月  
令和2年 竹渕神社節分祭
本日、午前10時から竹渕神社で節分祭が執り行われました。

奉賛会の方が朝から境内を掃除し、暖まるための火を焚いて準備をされていました。

時間になると地域の方々が50人近く参拝され、拝殿で神事が行われます。
参拝された皆さんは今年の家族の厄払いを祈願して封筒に名前を書いて奉納し、それを神前に供えられます。

神事が終わった後は参拝された皆さんに福豆が配られました。
ご家族の分もありがたく福を授かり、笑顔で過ごされていました。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.03.月  
春駒保存会主催 西郡地区『春駒』(八尾市役所市長室)
本日午前11時頃、八尾市役所市長室に春駒保存会の皆さんが来られました。

春駒とは、昔から西郡地区で行われていた門付け芸で、節句の時期に家やお店を廻ります。
鈴のついた白い馬(駒)をもち、華やかな衣装で、祝いの詞をうたい、厄除けや商売繁盛、地域の繁栄などを祈ります。

その伝統行事を継承していくため2004年に春駒保存会が結成され、毎年節分になると地域のデイサービスや小学校、中学校などを廻って1年の厄を払っています。
その活動は今年で15年目になるそうです。

鈴の音色が響き渡り華やかに大松桂右八尾市長へ向けて祝いの詞がうたわれました。

活気あふれる歌や踊りにその場にいる皆さんも笑みがこぼれていました。

ブログ取材担当:志賀萌



02.03.月  
令和2年 八尾神社節分祭
本日午後1時から八尾神社で節分祭が執り行われました。
八尾神社では参拝に来られた方に、温かい厄除甘酒の振舞いをされています。

ノンアルコールですりおろした生姜が入っているので冷えた身体もポカポカ温まります。
午後1時を回る頃には地域の方が少しずつ集まり、お参りをしてから甘酒を頂いていました。
飲んだ後は、「美味しい!」「温まる〜」と、顔をほころばせていました。

拝殿の横手には歳豆入も置かれ、地域の方が持ち寄られた歳豆を奉納されています。
甘酒の振舞いは午後6時頃までの予定です。
厄祓い、福を授かりにぜひご参拝下さい。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.03.月  
八光殿WAVE 「相続に関するお話〜(株)FPコンサルティング」(3月24日・4月28日放送分)収録
毎日、曜日ごとにテーマを変えて午後5時10分頃からお届けしている「八光殿WAVE」。

毎月第4火曜日は株式会社FPコンサルティング 岡崎 謙二さんによる相続に関するお話をお届けします。

3月24日放送のお葉書による相談は、財産分与のお話です。配偶者にしっかり遺産を残す為には?あまり知られていない法律もあるのです!

4月28日放送のお葉書によるご相談は、遺言書の作成についてです。遺言書に種類があるのはご存知ですか?自筆証書、公正証書、秘密証書遺言書とあります。岡崎さんより種類についてメリット・デメリットなど伺いました。ご自身にあった方法をお勧めします!

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP・宅地建物取引士の岡崎さんがわかりやすく解決策をお話ししてくださいます。

相続に関するご相談は、株式会社FPコンサルティングへお気軽にご連絡ください。ホームページまたはお電話で。電話番号06-6147-7147。

八尾市内では株式会社八光殿がお問合せ先となっています。お問い合わせ番号 0120-8510-47 こちらまでお気軽にご相談ください。

担当:川口とも



02.03.月  
久宝寺緑地節分祭
今回は、久宝寺緑地節分祭に取材に行って来ました!「これが久宝寺の節分や!!」というタイトルで、久宝寺緑地 北地区 風の広場(心字池前)で開催されました。

久宝寺緑地節分祭では、ぜんざいの整理券を先着100名様に配っておりテントの前には、多くのお客様が並ばれ開始時間の午後1時30分には定員となりました。

厄払い、豆まき、ふるまいぜんざいなど様々なイベントが行われ、可愛らしい鬼や伝統芸能春駒保存会の皆さんの登場で観客の皆さんも笑顔で久宝寺緑地節分祭を楽しまれていらっしゃいました。

ブログ取材担当:岡本 健一



02.03.月  
節分会護摩法要“星まつり”
本日、午後2時から『節分会護摩法要“星まつり”』が念佛寺(八尾市久宝寺3-4-25)にて執り行われました。

星まつりとは、災害や個人の災いなどを祓うために、その年の主な星曜や各個人の当年星と本命星等を祀る修法を目的としたお祭りです。毎年2月3日に行われています。
神事では先ず、星札の願主と祈願を読み上げます。次にご本尊である観世音菩薩様を前に護摩木のお焚き上げを行われました。このお焚き上げで上がった煙を浴びることによって、その年は健康に過ごすことができるそうです。

最後には寒い日には嬉しい、温かい厄除けぜんざいがふるまわれ、皆さん美味しそうに召し上がられていました。


ブログ取材担当:津田滉介



02.03.月  
八阪神社節分祭
本日、午後6時より八阪神社(八尾市西山本町2丁目9-32)にて『節分祭』が執り行われました。

本殿では神事が執り行われ、奉賛会の皆さんがお祓いを受けて玉串を奉納されました。
お祓いが終わると、納められていた護摩木を炊きあげます。

火が上がると地域の皆さんも参拝に訪れていました。また参拝客にはお菓子が配られました。
親子連れも多く、子ども達は境内で元気に走り回っていました。

地域の人に愛され続けている八阪神社の『節分祭』でした。


ブログ取材担当:津田滉介



02.03.月  
三面大黒天王会 大黒殿星祭節分豆まき
本日、午前11時50分頃より『三面大黒天王会 大黒殿星祭節分豆まき』が大黒殿(八尾市本町6丁目10-1)にて開催されました。

毎年恒例の節分祭。30分程前から会場には既に大勢の方が集まっていました。

法螺貝の音を合図に豆まきがスタート。「福は〜内!鬼は〜外!」の掛け声と共に、袋に入った豆が撒かれます。参加者の皆さんは手を高く上げて、とても上手に豆をキャッチされていらっしゃいました。
また豆以外にもタオルなどの物も投げられていました。

今年も大変盛り上がった星祭節分豆まきでした。


ブログ取材担当:津田滉介



02.03.月  
矢作神社節分祭・立春万灯ろう
本日、午後7時より矢作神社(八尾市南本町6丁目6-72)にて節分祭が行われました。

拝殿ではご祈祷が執り行われ、奉賛会の方々がご祈祷を受けられました。
矢作神社では年の節目の大祓式と節分祭の日に、提灯にろうそくの灯を燈して境内に配置します。これは感謝の祈りを表しているそうです。
万灯ろうの間を抜け、お焚き上げが始まると、地元の皆さんが火を囲みます。
背中で火にあたると風邪をひかないと言われているそうです。火にあたりながら世間話をしたり、健康の無事を祈る方もいらっしゃいました。

境内にはテントが張られていて、そこでは甘酒が振る舞われていました。生姜入りで身体もポカポカ。地元の方の優しさで身も心も温まります。

これでまた今年1年間、健康に過ごすことができそうです。


ブログ取材担当:津田滉介



02.03.月  
西郡天神社節分祭
本日、午前10時より『節分祭』が西郡天神社(八尾市泉町2-118)にて執り行われました。この日は八尾市のいたるところで節分祭があります。
先ず朝は西郡天神社の節分祭を取材させていただきました。

神社拝殿にて神事が行われたあと、宮司さんが豆を撒きます。
あまり知られてはいませんが節分とは、その日をもって去年までの運気が消え去る日です。また次の節分までの1年を過ごすためにご祈祷で去年までの厄を払います。
また豆まきは福を呼び込み、鬼(厄)を追い払うといういわれがあります。

神事が無事に全て執り行われた後は、煎り豆が一人一粒ずつ配られました。

これでまた健康に1年間過ごすことができそうです。


ブログ取材担当:津田滉介



02.03.月  
令和2年 跡部神社節分祭
本日午後5時から、亀井町の跡部神社で節分祭が行われました。

午後5時から拝殿でお神楽奉納。参拝者の皆様は受付で人形に名前を書いて奉納し、テントで順番を待ちます。
賽銭箱の前には歳豆を納める箱が設置されており、境内ではお焚き上げの準備もされていました。

名前を呼ばれた方から順番に拝殿に上がり、神楽舞や鈴で厄祓い。最後にお札と絵馬を頂きます。

御神楽を受けた方は帰りは境内で節分祭の福引に参加。
空くじなしで、お米5kgが50本、ポン酢が80本、めんつゆが100本。合計230本の景品が用意されています。

福を頂いて、にこやかに神社を後にされていました。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.03.月  
令和2年 太川神社節分祭
南太子堂の太川神社では本日午後6時から節分祭が行われました。

参拝に来られた方にお神酒やジュースが振る舞われ、空くじなしの福引きも実施されます。
拝殿の正面には護摩壇が置かれ、無病息災や家内安全などが書かれた護摩木が組み上げられていました。

午後6時を回ると太鼓の合図で護摩木に火がつけられ、願いが書かれた護摩木が焚き上げられていきます。

それと同時に福引きも開始。
出た玉の色によってカレー、お菓子、お茶が貰えます。
護摩木の本数だけ福を引けますので、沢山の方が袋いっぱいの景品を持って笑顔で帰られました。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.03.月  
加津良神社 節分祭
本日午後6時より加津良神社.本殿にて「節分祭」が執り行われました。

役員の方々が集まり、本殿で御祈祷がなされていました。
お参りに来られていた一般の方も最後まで一緒に参加されていました。

行事の最後には全員お神酒を頂きました。

その後、役員の皆さんが歴史について色々な事を教えて下さりとても興味深いお話を伺うことができました。

この後、節分祭は加津良神社にて午後9時まで行われているそうです。

ブログ取材担当:玉井祐衣



02.03.月  
西弓削神社 節分祭
西弓削神社でも節分祭がおこなわれました。

かがり火が焚かれた境内では、小さなお子さん達が元気に走り回っていました。普段とは違う夜のお外で、テンションがあがっている様子・・・。例年の節分より寒さが厳しくないので、開始を待つ間、大人もゆったりと立ち話しができました。

本日午後6時から7時の間に受付をした、年男・年女・厄除け希望の方は、午後7時から拝殿でお祓いが執り行われました。

この日お祓いを受けた10数名の方々は、その後隣の神楽殿にうつりました。
午後7時20分頃に打ち鳴らされた太鼓の音とともに、境内に集まった皆さんに向けて、「鬼は外、福は内」の掛け声で豆がまかれました。

歓声をあげながら福豆をしっかりと受け取った地域の皆さんは、夜道をご自宅へと帰っていかれました。

最後に、お祓いを受け福を授かった皆さんで集合写真を撮り、午後7時30分頃に終了しました。


ブログ取材担当:松本真理



02.03.月  
御野縣主神社 節分祭
本日は、2月3日の節分ということで八尾市内の神社では様々な所で節分祭が開かれています。

ここ御野縣主神社では、午後5時から拝殿にて節分祭の神事が執り行われました。

節分祭の神事には地域の方々が集まり、その中には子ども達も一緒に参加していて大人の皆さんと一緒に無病息災を祈願されていました。

神事が終わると、拝殿前で豆まきが行われます。
宮司と奉賛会の方々が豆をまかれました。
まかれた福豆を手にした嬉しそうな皆さんでとても賑やかな節分祭となりました。

この後、甘酒が振る舞われ談笑しながら身体を温められていました。

今年の御野縣主神社 節分祭滞りなく斎行されました。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.03.月  
恩智神社 節分祭
本日、八尾市内で行われている節分祭。ここ恩智神社では午後7時と午後8時の2回、「鬼やらい神事」、「豆撒き神事」が行われます。

午後7時が近付くと続々と境内に人が増えてきます。開始前には拝殿前に人垣が出来上がっていました。
時間になると鬼門の方角から鬼がやってきます。赤鬼と青鬼が練り歩くと怖くて泣いてしまう子もいました。
「鬼やらい神事」では、そんな悪い鬼を宮司が豆をまき弱らせたのち、鬼門の方角に弓矢を射ることで退治します。そして無事神事が執り行われると「豆まき神事」へと移っていきます。

境内の三カ所から豆をまきます。参拝者はそれぞれの場所に分かれてまかれる豆を貰います。まかれる豆と一緒に福銭・抽選券が入っていて、抽選券はこの後交換所で賞品と交換することが出来ます。

毎年とても沢山の参拝客でにぎわう恩智神社の節分祭、境内には夜店やぜんざいのふるまいも行われていてこの季節の風物詩として地域の皆さん楽しみにされています。

午後8時の回も同じく滞りなく執り行われ、今年の恩智神社の節分祭も沢山の笑顔に包まれ終了致しました。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.03.月  
許麻神社鬼追い式
今年も毎年恒例の鬼追い式が開催されました。
境内は多くの参拝者で溢れており、鬼の登場と共に大きな歓声が響き渡りました。

この鬼追い式は少し特別で鬼や守り神のスサノオなど登場し、スサノオが鬼達を退治するド迫力なパフォーマンスを見ることができます!

その後は豆まきが行われ、櫓の上から沢山の福豆が参拝者の皆さんへまかれました。

参拝者の皆さんはパフォーマンスや屋台などを、とても楽しまれており良い節分の日になったのではないでしょうか。

ブログ取材担当:岡本健一



02.03.月  
植松観音講 厄除護摩供養法要
午後5時から植松観音堂では護摩法要が行われました。

多く寄せられた護摩木が火にくべられていきます。
そこには名前や年齢、祈願文が書かれており、それを1本1本読み上げながら燃やしていきます。

開始とともにご近所の方もお祈りに来られました。その中には護摩木やお供え物もお渡しされる方の姿も見られました。
全部で500〜600本ほどの護摩木が集まりくべられ、それに伴い火もどんどん高く立ち上ります。

この光景を近くで見守られる方は「この伝統を若い世代にも繋いでいきたい。」と仰っていました。

護摩法要はこの後2時間ほど続きました。

ブログ取材担当:志賀萌



02.03.月  
渋川神社節分神事
午後5時から渋川神社にて節分祭と人形祈祷のお焚き上げが行われました。

まずは節分祭の神事が執り行われ、奉賛会の皆さんが集まる中、宮司さんによる祝詞奏上などがありました。

その後午後6時頃、人形祈祷のお焚き上げが始まりました。
人の形をした紙に身体の悪いモノ、心の汚れを写して“忌火”によってお焚き上げを行うことで1年間の無病息災を願う儀式です。
その紙には一枚一枚名前が書かれています。

子供から大人までたくさんの人が集まり、火の周りを円のように囲んで行われました。
皆さんその立ち上る火を温かく見守られ、今年一年の無病息災を願われました。

ブログ取材担当:志賀萌



02.03.月  
八尾天満宮節分追儺式
午後7時30分から八尾天満宮にて、「八尾天満宮節分追儺式」が執り行われました。

始まる前からたくさんの方が集まっておられました。

まずは本殿にて節分祭が始まり、祝詞奏上や玉串奉奠が執り行われます。

そしてその後、皆さんが待ちに待った盛大な豆まきです。
「鬼は外、福は内」の声とともに豆が投げられ、参拝者の皆さんは福を授かろうと上から降る豆に手を伸ばされました。
中でも、お子さんがお父さんの肩車に乗って一生懸命豆を受け取ろうとしている姿が印象的でした。

最後は追儺保存会による鬼追い式です。
ドンドンという太鼓の音が鳴り響き、鬼たちが松明を持って境内を吠えながら練り歩きます。
鬼が近付いてくると子供たちは、その恐怖からお母さんの足の後ろに隠れたり、「嫌だ嫌だ」と泣き叫んだり、興味深々に見つめていたりと反応は様々でした。
また鬼はお子さんを抱き上げたり、顔をグッと近づけたりとさらにその恐怖を与えます。
それを受けた子供達、悲鳴や鳴き声が鳴り止みませんでした。

鬼追い神と鬼の一騎打ちが始まるとその戦いに「がんばれ!」という応援の声も上がりました。

無事に鬼も退治され、その後は獅子やおかめの姿も見られましたよ。
福を授かろうと獅子に噛んでもらったり、おかめに鈴をふってもらったりと皆さん嬉しそうです。
素敵なご利益がありますように。

ブログ取材担当:志賀萌



02.02.日  
令和元年度 美園小学校区三世代交流グラウンドゴルフ大会
本日午前9時から、美園小学校のグラウンドで美園地区福祉委員会・美園小学校区まちづくり協議会主催「三世代交流グラウンドゴルフ大会」が開催されました。

地域の高齢者や子供も同じ組でプレイし、世代間で交流しながらスポーツを楽しみます。
開会式では高木会長のご挨拶、準備運動の後ルール説明を受け、少し練習時間を取ってから競技が始まりました。

A・Bコート各8ホールずつを回って合計打数を競います。
今回は16組、約90人が参加しました。
スムーズにゲームを進めるために1ホール6打を上限として、小学生も混ざるのでOBなし・50mのロングホールもなしでプレイします。
個人賞に加えて飛び賞、ホールインワンも出した数だけ賞品を貰えるので、「ホールインワン狙うぞ!」と皆さん気合十分。

三世代で一緒にラウンドしていくので、力加減や狙いどころなどホール毎の攻略法を慣れている方が子供たちに教えながら回っていました。
ホールインワンを出して飛び上がって喜ぶお子さんの姿も。

朝から民生委員の皆さんも豚汁の炊き出しの準備をされ、ゲームが終わってから皆さんで頂きます。

地域の幅広い交流の場にもなるスポーツ大会でした。


ブログ取材担当:畔地祐希



02.02.日  
用和地区クロリティ大会
皆さんこんにちは!伊藤 敦奈です。
今日は用和小学校で行われた「用和地区クロリティ大会」にお邪魔しました。

この大会は小学生とその保護者を対象に毎年行われていて、会場は長池小学校と交互にしているそうです。
そのため今年は用和小学校での開催となりました。

午前9時頃から参加者の方は続々と体育館に集合しました。
最初に開会宣言、ルール説明などが行われレーンごとに試合がスタート。

クロリティとは簡単に説明するとポーツ輪投げのことで、輪投げと聞くと簡単そうなイメージがありますが、勿論スポーツなのでルールもしっかりと決められています。

低学年はボードから3m、高学年は4m離れた所からそれぞれ投げる。
白線から足が出てはいけない。
バウンドしたリングがボード上に乗っても無効。
得点の総合計で勝敗を決める。
などなど…

色々細かく定められてはいますが、子ども達にとっては楽しければOK!
力加減が出来ずリングを明後日の方向に飛ばしたり、思いきり打ち付ける勢いでボードに当たったリングが跳ねて飛んでしまったりしても気にしません!(笑)
皆さん一喜一憂しながら試合を楽しんでおられました。

最後には優勝・準優勝者にそれぞれメダルが授与され、参加者にはお菓子がプレゼントされました。


ブログ取材担当:伊藤 敦奈



02.02.日  
第二回八光殿厄祓い祭
本日、午前9時30分より「第二回 八光殿厄祓い祭」が八光殿八尾中央にて開催されました。

日本には古くから残る風習として、厄祓い祈願というものがあります。「厄年」といわれる年齢には良くないことが訪れやすいといわれています。「厄年」の年を災いの多い年とするのは迷信ではなく、この歳頃が肉体的な変調や社会的な転機の時であるからで、人生の節目ともいわれています。
このような時に、厄祓いの祈祷を受けて自ら心を引き締め、誓いと覚悟を新たにするために厄祓い祈願を行なうことが良いとされています。

八光殿では多くの方に厄を祓っていただき一年の息災をご祈念していただけるよう、午前9時〜とお昼12時30分〜の二部に分けて開催しています。本日午前の部にお邪魔させていただきました。

今年は130名以上のご予約を受けられたそうです。

今年も八尾天満宮の菅尾龍太宮司にお越しいただき、厄祓い神事を行なって頂きました。玉串奉納、祝詞奏上の神事が滞りなく行われ、ご参加された方に八尾天満宮のお守りが贈呈されました。

最後に宮司さんより厄祓い風習のお話し、節目のお話があり「豆の力を取り入れることによって厄を祓い一年を元気に過ごしてください。」とお伝えしました。

関西地方では厄祓いの他に「ぜんざい」を食べる習慣があります。小豆の赤は福をもたらす陽の色とされています。厄年の人が正月から節分までの間に、親しい人に「ぜんざいを食べてもらう」=「自分の厄も一緒に平らげてもらう」といった意味が込められた「厄落とし」の風習です。

1階では餅つき大会、ぜんざいの振る舞い、豆まきゲームが行われていました。

「よいしょ!よいしょ!」の軽快な掛け声とぺったんぺったんと杵でつく音、そして蒸したもち米の香りが広がっていました。ご家族で来られている方も多く、お子様と一緒に楽しまれていらっしゃいました♪

*この模様は2月7日(金)はっぴいくれよん金曜日の番組内”街角レポート”11時15分頃〜放送します!

取材担当:川口とも



02.02.日  
講演会「道頓堀の開発者 道頓の出自について」〜安井道頓は幻の人物か〜
本日午後1時30分から、八尾市まちなみセンターで「道頓堀の開発者 道頓の出自について」〜安井道頓は幻の人物か〜講演会が行われました。

講師は、元樟蔭東女子短期大学名誉教授 文学博士 森田康夫氏です。

久宝寺寺内町は、国土交通省が主催する令和元年度「手づくり郷土賞(一般部門)」に推進協が応募した「久宝寺寺内町みんなで作る燈路まつり」が一般部門20件の中に選ばれました!また、久宝寺は戦国時代に寺内町として整備された450年以上の歴史を持つまち。古い歴史的遺産が多く残されており、講演会や体験などのイベントを様々開催しています。

本日は安井道頓出生地の石碑があるまちなみセンターで、道頓について学びました。

森田先生が始めにした言葉は「歴史というのはこれでいいのか?資料は批判してよいのです。自分が思った疑問点は追及してこそ正しい歴史が残されます。」と今までの歴史の追及から思いを伝えられました。

なぜ安井道頓は幻の人物と言われるのか?昭和初期の「南区志」「平野奥野家文書」「成安道頓伝」の資料から細かく見ていきます。

秀吉、秀頼時代に名前が道也から道頓へ変わるいきさつ、安井家文書に見る系図の内容にはみなさんとても関心を持たれ聞いていらっしゃいました。

残されている文書の中に真実ではなく、個人的な感情が入っているものもあるそうです。照らし合わせ真実を見出す楽しみ、構成に引き継ぐ思いなどをお話され講演会が終了しました。

参加された皆さん、先生の思いと言葉、真実を追いかけ八尾の偉大な人物に想いを寄せられていらっしゃいました。

*この模様は3月4日(水)「八尾市からのお知らせ」で放送します。

取材担当:川口とも



02.02.日  
曙川地区「一人暮らし高齢者と民生委員のつどい」
本日、午後1時から曙川コミュニティセンターにて曙川地区「一人暮らし高齢者と民生委員のつどい」が開催されました。

このイベントは、民生委員の皆さんが企画し、毎年行われています。
この日も、ご来賓の方々も含め部屋いっぱいの人が集りました。

まず代表の挨拶、ご来賓の紹介の後、今年は民生委員の皆さんが一新されたという事でここでご紹介されています。

そして、いよいよお茶とお菓子を食べながらお楽しみの催しへと移っていきます。今回は、マジックショーにアルトサックスの演奏で訪れた方々を楽しませてくれました。

クライマックスは恒例のビンゴ大会です。鉢植えのお花やぬいぐるみ、生活雑貨など選べる商品がたくさん用意されていました。選ぶのはビンゴになった順で早い者勝ち、番号が発表されるたびに皆さん一喜一憂されていました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。大勢で楽しい時間を共有し皆さんとても満足されたことでしょう。

ブログ取材担当:木坂浩三



02.02.日  
KENJIRO with YAO FRIENDs Vol]Y
午後3時から八尾市役所の地下1階にあるカフェPICAPICAではライブ「KENJIRO with YAO FRIENDs Vol]Y」が開催されました。

このライブは八尾市出身のシンガーソングライターKENJIROさんが毎回、八尾を拠点に活動するアーティストに声をかけ行っているものです。
ちなみに先日、某TV番組に出演されてからYouTubeの登録者数が増え、更に注目を浴びるようになられたとか(^^)

カフェに入ると入り口付近では恒例の果物の販売コーナーがありました。
柿や干し芋、甘栗等に並び、明日の節分に合わせて鬼のお面つきの落花生もありました。

今回のゲストはギタリスト沼津崇さん。
KENJIROさんとの繋がりは過去にレコーディングで一緒になったのがきっかけなんだそうです。

広島県出身、八尾市在住の沼津さん。
KENJIROさんとの息の合ったトークはしっかり関西人のノリでした(笑)
作詞家としても活動されてるとのことで、音楽はYAO FRIENDsアレンジのジャズナンバーの他にオリジナル曲も披露されました。

ライブはしっとりした曲からアップテンポなナンバーまで幅広く、後半ではカフェのスタッフさんがタンバリンで参加するというサプライズも(^^)

席に座ると飲み物とデザートをいただきながらゆったりライブを楽しめます(^^)

なお今年からKENJIRO with YAO FRIENDsは年2回の開催になります。
元々は3年続ける事を目標にされていたそうですが、せっかく3年以上続けて出来た繋がりをこれで終わらせるのは勿体無い。
お客さんも演者も無理のない範囲を考え、更にパワーアップした演奏を披露するため少し間をあけて開催することを決めたそうです。

次回のライブは6月7日(日)の開催です。
詳しくはKENJIROさんのFacebookでご確認下さい。


ブログ取材担当:伊藤敦奈



02.02.日  
こひつじ会ピアノ発表会
本日、お昼12時30分より『こひつじ会ピアノ発表会』が八尾市文化会館プリズムホールの地下1階小ホールにて行われました。

これは福田洋子ピアノ音楽教室の生徒の皆さんと先生方の発表会です。今回が26回目の開催となります。

ステージ上は氷でできたお城や魔法使いの学校のパネルで飾り付けがされていました。
第1部では「やまのおんがくか」や「ドレミの歌」などぜんぶで22の演目が披露されました。「サザエさん」の合唱では出演者のご家族の方も舞台に上がり、大人数での楽しいステージとなりました。
出演者の中には小さなお子さんもいましたが、日頃の練習してきた成果を堂々と披露していて、発表が終わるたびに客席からは大きな拍手が送られました。

また2部・3部ではエレクトーン伴奏、リコーダー演奏、また“<NHK>2020応援ソングプロジェクト”による応援ソング「パプリカ」に合わせたダンスも披露されました。

今年も素敵な『こひつじ会ピアノ発表会』でした。


取材担当:津田滉介



02.01.土  
国土交通省「手づくり郷土賞」受賞記念! 久宝寺デー 第1部
本日午後1時から、アリオ八尾1階光町スクエアイベントステージで「久宝寺デー」が開催されました!

国土交通省では地域の魅力や個性を生み出す地域活動を「手づくり郷土賞(ふるさとしょう)」として選定し表彰しています。
令和元年度は久宝寺寺内町まちづくり推進協議会の「久宝寺寺内町みんなで作る燈路まつり」が一般部門20件の中に選ばれました。
今回のイベントはその受賞を記念してのものです。

始めに開会式で来賓の大松桂右八尾市長やアリオ八尾モール部長からご挨拶。
続いて受賞記念発表として、久宝寺寺内町まちづくり推進協議会・NPO法人寺内町久宝寺の冨山喬三理事長から、東京でも発表された寺内町での「燈路まつり」の取組や寺内町についての講演が行われました。

第1部の最後は久宝寺中学校吹奏楽部の皆さんによる演奏です。昨年は大阪府吹奏楽コンクールで金賞を受賞。
今回は3年生も引退して、まだ機会の少ない1・2年生での演奏会です。
少し緊張もされていた様子でしたが、耳馴染みのある楽曲を中心に演奏され、最後には客席からアンコールも起こるほど盛り上がるコンサートでした。

続いては午後2時45分から第2部。久宝寺ゆかりの方々のステージが続きます。


取材担当:畔地祐希



02.01.土  
国土交通省「手づくり郷土賞」受賞記念! 久宝寺デー 第2部
アリオ八尾1階光町スクエアでの「久宝寺デー」。
第2部は午後2時45分から始まりました。

まずは札幌市出身・八尾市在住のソロヴォーカリスト氏家麻衣さんによるミニライブ。
今年は燈路まつりのライブ出演も予定されています。
YouTube上でMVが115万回再生されている代表曲「WORDS×MUSIC」をはじめ3曲を披露され、光町スクエアに氏家さんの伸びやかな歌声が響きました。

続いては久宝寺地区育成会のダンスサークルInfinityのダンスパフォーマンス。
今年度はこれが久宝寺を出て行う初めてのステージです。
学年も様々、教えてくれる先生がいないので振り付けも自分達で考えてダンスを練習しています。
今回は3曲、120点のパフォーマンスを見せてくれました!

最後は「クイズQ宝寺」。
寺内町にまつわる三択クイズを5問出題。正解するとお菓子がプレゼントされます!
意外と地域の大人でも考えてしまうような問題もあり、クイズをやりながら寺内町のことをさらに深く知ることができました。

寺内町では「燈路まつり」をはじめ、今年も様々なイベントが実施されます。
明日2月2日(日)は午後1時30分から、まちなみセンターで道頓堀の開発者、安井道頓にまつわる講演会を開催。
アリオ八尾でも今後も3階のカワチラボなどで寺内町に関連するイベントが開催されますので、気になる催しにはぜひご参加下さい。

第1部の模様を2月2日(日)午後1時10分頃からの「街角レポート」でお届けします。


取材担当:畔地祐希



02.01.土  
安中新田会所跡旧植田家住宅開館10周年記念講座 第3回「外から見た旧植田家住宅」
本日午後2時から、安中新田会所跡旧植田家住宅講座室で『安中新田会所跡旧植田家住宅開館10周年記念講座 第3回「外から見た旧植田家住宅」〜その取り組みから考える魅力と期待と〜』が行われました。

講師は、阪南大学観光国際学部准教授の和泉大樹氏です。先生は、博物館学や文化財に関してご専門で、2016年より安中新田会所跡旧植田家住宅管理運営ミーティングにオブザーバーとして参加されています。

本日は地域のミュージアムの持つ「チカラ」、旧植田家住宅の魅力や期待に触れる内容です!

始めに「博物館とは?」と投げかけられました。教育基本法に位置付けられており教育施設、地域を対象とした教育プログラムと明記されています。旧植田家住宅は博物館の類に入ります。先生はもっと地域の方や観光客の方にレジャー施設として親しんでほしいという思いがあります。

各地のミュージアムからエリアマネジメント・メッセージ・発信・つなぐ力をご紹介されました。

八尾でもしおんじやま古墳学習館のイベントについてご紹介されました。学生さんとコラボした”古墳とグルメ”という新しい繋がりに「発信するチカラ」が生まれました。

その点において、旧植田家住宅の年間のイベント、展示、講演、学校教育、体験は年齢を問わず多くの方に事業展開しています。先生の学会でこの取り組みを発表し好評だったそうです。「畑で野菜をつくる博物館はない!」この場所は植松地域という懐かしい歴史が今でも残され受け継がれている場所なのですね。

最後に”旧植田家住宅のこれからの期待”についてお話されました。そこでコンセプトの提案として「歴史」と「暦史」の融合・「地域の館」から「地域への感」へ。季節によるイベントや心が動く内容をコンセプトに事業展開していく予定です!

今まで以上に発信すると共に、PRをどうするか?この課題を進めながら、地域に市民に、海外に親しまれる安中新田会所跡旧植田家住宅へと期待が膨らみます♪

質問のコーナーで「植松地域の財産と歴史を伝え中心場所としてある旧植田家住宅。この先の通りにも古民家が2件ほどあったが壊されてしまった。昔の名残は残せないのか?」とありました。先生より「文化景観を周知しないと壊され続けてしまうでしょう。保護と活用。昔の地域の古き良さを発信し続けなければ、守り続けられないのです。」とお答えし本日の講座が終了しました。

文化財として残したい施設・歴史はたくさんあります。が地域で守る、行動して守る、世代で守る。多くの力が必要ですね。楽しく学びながら文化財に触れ参加してくださいね(*^_^*)

*イベント情報です。
・2月15日(土)午後2時〜3時30分
「旧家で芸能・伝統文化 落語の会」

・2月16日(日)
「石臼コーヒー」
詳しくはホームページをご覧ください!

取材担当:川口とも



02.01.土  
DAISUKI八尾!若者ワークショップ
本日、午後2時から八尾市役所6階大会議室にて「DAISUKI八尾!若者ワークショップ」が開催されました。

このワークショップは、「八尾市はつらつプラン〜第3次男女共同参画基本計画〜」の推進にあたり、若者が性別による固定的な役割分担意識に気づき、互いの違いを尊重しつつ男女共同参画の視点から将来を思い描く機会をもつことで、若者の立場に立った計画の推進を図るため実施されました。

参加対象は、中学校1〜2年生と義務教育学校7〜8年生と高校1〜2年生、そして、今回は大阪教育大学との
コラボ企画ということで大阪教育大学の学生さんと一緒に子ども達は自分のライフデザインを考えていきました。

まず、ライフデザインを考えるにあたって子ども達を取り巻く現代の環境とはどういうものなのか大阪教育大学准教授 小崎恭弘先生からご講演がありました。
私達を取り巻く環境は常に変化しています。自分のお父さん、お母さん、先生たちを参考にしようとしても自分達と取り巻く環境が違うので参考にすることはできません。自分たちのライフデザインはこれから自分で考え見つけていかなければならないという事を子どもたちに伝えていらっしゃいました。

この後、何歳でどんな仕事に就くのか、何歳で結婚し、何歳で出産するのかなど詳しく自分のライフデザインを考えていきました。皆さん普段考える機会がないようなものでもしっかりと考え自分自身の答えをしかっりと出していましたよ。

ライフデザインは1度考えたら終わりというものではありません。これから何度も何度も考え自分の進む方向を決めていく必要があります。

しかし、この日のまとめとしてこれからの自分の人生を漢字で表すとという質問に「輝」、「明」、「夢」などとても前向きな文字を選んでいる子が沢山いてこの日のワークショップが子ども達にとって良いものとなった事が伝わってきました。

今日参加した子ども達がこれから自分の人生を迷わず進んでいけることを心から祈っています。

取材担当:木坂浩三



02.01.土  
おもちゃの病院
本日、午前9時より『おもちゃの病院』が八尾市立リサイクルセンター学習プラザめぐる(八尾市曙町2-11)にて開催されました。

昨年6月より始まった『おもちゃの病院』は毎月第1土曜日の午前9時から11時まで開かれています。その名前のとおり壊れたおもちゃを修理するための病院です。
電池や特殊な部品は実費となりますが、診察や修理は無料です。動かなくなってしまったり、音が出なくなったりしたおもちゃを持って、今回も大勢の方が訪れていました。

おもちゃドクターの手にかかれば自動変形ロボットや基盤が浮いてしまったようなものでも、ちゃんと直っていました。
修理に時間がかかるおもちゃには入院コースもあります。今回も入院することになったおもちゃがいましたが、一方で退院して子ども達との再会を果たすおもちゃもいました。


ここで最後に、おもちゃドクターの“ご家庭でできるおもちゃ診断「電池を調べてみよう」”を紹介します。
・新しい電池を入れてみる。
・電池の向きを確認する。
・2つ以上の電池を使う時は同じメーカーの電池を使う。(マンガン電池とアルカリ電池など、種類の違う電池は使わない。)

おもちゃは宝物です。「もう壊れてしまって遊べない」と諦めてしまう前に、おもちゃの病院で一度診てもらってはいかがでしょうか。
---------------
『おもちゃの病院』
・毎月第1土曜日 午前9時から11時まで受付。
・八尾市立リサイクルセンター学習プラザめぐる
(開館午前9時〜午後5時 月曜、年末年始は休館)

お問合せ 072-994-0564


ブログ取材担当:津田滉介



02.01.土  
百人一首をたのしもう〜お話とかるたとり〜
本日、午後1時より『百人一首をたのしもう〜お話とかるたとり〜』が山本コミュニティセンター(八尾市山本町1丁目)にて開催されました。

会場である4階の和室には老若男女問わず、大勢の方が集まっていました。

歴史や文化に関する講演や、八尾市の観光ボランティアも務める坂上弘子先生にお越し頂き、百人一首の歴史と成り立ちなどについて学びました。
また「真鉋持ち弓削の川原の埋れ木のあらはるましじきことにあらなくに」という八尾にゆかりのある歌の話もあり、参加者の皆さんは関心を持って聞き入っていました。

次に競技かるたの実演が行われました。詠み手は奈良県かるた協会A級四段の渡辺万喜さんです。ルールや、かるたをする上でのマナーなどについて分かりやすくお話し頂きました。迫力のある実演を見た後は、いよいよ皆でかるたに挑戦しました。
札を取って喜んだり、ギリギリで取り損ねて悔しがったり、参加者の皆さんは笑顔でかるたとりを楽しんでいました。

大人から子どもまで楽しむことができるかるた。ぜひ一度触れてみてはいかがでしょうか。^^


取材担当:津田滉介



02.01.土  
わがまち発地域力写真展
本日2月1日より、山本図書館では『わがまち発地域力写真展』が開催されています。

コミュニティ推進スタッフの方が撮影した、地域の魅力あふれる写真が展示されています。
防災訓練やスポーツ大会、ふれあい祭りなど様々な地域行事の写真を見ることが出来ます。地域活動の様子をゆっくりご覧ください。
山本図書館での展示は7日(金)までとなっております。開館は午前10時からで、火・日曜は午後5時、水・木は午後7時、最終日の金曜は午後4時までです。

これからの開催予定は以下の通りです。施設によって展示の開始時間、終了時間が異なりますのでお気をつけください。詳細は各施設、もしくは八尾市役所にお問い合わせください。細かい日程などは八尾市のホームページでも確認することができます。

・八尾図書館1階ロビー
2月8日(土)〜2月14日(金)※月曜は除く

・龍華図書館前ロビー
2月15日(土)〜令和2年2月21日(金)

・志紀図書館 1階閲覧スペース
2月22日(土)〜2月28日(金)


ブログ取材担当:津田滉介



02.01.土  
映画「おいしい家族」上映とトークショー
先月、FMちゃおの放送にて家庭擁護促進協会大阪事務所の山上さんが告知していた、
『映画「おいしい家族」と、わたしの家族』が、
プリズムホール小ホールで午後1時からはじまりました(午後4時まで)。
この催しは、「2019年度特別養子縁組啓発プログラム−大阪府養子縁組里親支援機関事業−」で、公益社団法人家庭擁護促進協会・大阪府が主催するものです。

最初に、大阪府福祉部子ども室家庭支援課の方からご挨拶があり、ふくだももこ監督の映画「おいしい家族」が上映されました。
仕事も夫との関係もうまくいかない主人公が、母の三回忌に離島の実家に帰ると、父が母の服を着ていて、結婚するという相手の男性を紹介する・・・。
どうなっていくのだろうと観ていると、それぞれに個性のある人物が関わり合いながら展開し、クスっと笑えたり、ホロリとしたりしながら、観客一人ひとりが自分の家族を思いおこし、「家族」とはなんだろうと考えさせられる映画です。

95分の上映後休憩をはさんで、ステージにはふくだももこ監督と、監督が0歳の時に施設で出会い育ててこられた養母さん、そして家庭擁護促進協会理事の三名がテーブルにつき、トークがはじまりました。
映画監督を目指したきっかけや、これまでの作品について。また、「おいしい家族」の制作現場の様子などもお話しされました。

監督は、養父母がお互いに尊敬しあっている穏やかな家庭で、その中で好きなことを自由にさせてもらったのがすごくよかったということを仰っていました。

養子になった場合のジレンマとして、「二組の親をもたねばならない」ということの悩みがある人もいる一方、血が繋がってる実子だからこそ「父のようにしっかり」「母のように女らしく」というような考えにとらわれることもあり、「家族とは」「親とは」「夫婦とは」と、様々に思いめぐらせるお話しでした。


また、映画制作後に出版された書籍「おいしい家族」の販売とサイン会もおこなわれ、購入を希望するお客様の列ができていました。

ふくだももこ監督はまだ28歳。これからも、自分の視点でしか描けない作品を作っていかれることでしょう。今後が楽しみです。


ブログ取材担当:松本真理


-NPOYaoITS-